« 1986年06月 | メイン | 1986年08月 »

1986年07月29日

80年代日記(映画)

・映画
ジム・ジャームッシュ(Jim Jarmusch)『パーマネント・バケーション(Permanent Vacation)』(1980)(於六本木シネヴィヴァン)

1986年07月26日

80年代日記(音楽/ライブ)

・音楽/ライブ
メロン(於六本木インクスティック)

※同伴したY沢と共に、K沢にクルマで送ってもらい、Y沢のアパートに宿泊したと記憶する。

1986年07月24日

80年代日記(音楽/レコード)(映画)

・音楽/レコード
Van Dyke Parks『Discover America』
Dr. John『I Been Hoodoo』
The B-52's『(不明)』

・映画
小津安二郎『早春』(1956)(自由が丘I下宅)

※恵比寿P.Mでレコード整理を手伝っている。
※恵比寿のH本がアルバイトしている店でドクターバッグを購入。
※I下からシーナ&ザ・ロケッツのベスト・セレクション編集テープをもらう。

1986年07月22日

80年代日記

※どこやらでパーティ(恵比寿P.Mか?)。K北Y子同伴したが、もうだめだろうなあみたいなことが書いてある。
※伊勢丹美術館で知り合ったY沢A子と六本木インクスティックにメロンを観に行く約束をしたと書いてある。なにやってんだか。

1986年07月21日

80年代日記

※なにかいきなり無力感に襲われ何にも興味が持てず苦悩していて、「崖に生えた一本の木にぶら下がっているようなものだ。手を離すのもなんとなく勿体ないので木が折れるのを待っているのだ。自ら離すという意志が、何の価値をも持たない」「崖の上に這い上がらねばならぬとは思うが、ぶら下がっているほうが眺めがよいかもしれない」とか書いている。意味不明。

1986年07月17日

80年代日記

※大学の友人S本が監督する映画の制作に参加(音楽制作と一部出演)。映画研究会の集いだったようだが、映画研究会の連中の考えの浅さに失望している。なんでだかは不明だが、現場で制作に関する意見ではなく不平不満ばかりこぼしていたのを耳にしていたからのようだ。

1986年07月16日

80年代日記

※伊勢丹美術館のほかに、高田馬場のレンタルビデオ屋店番のアルバイトを始める。

1986年07月14日

80年代日記(音楽/レコード)

・音楽/レコード
Nonsuchレーベル『ショナ族のムビラ vol. 3』、『トリニダードトバコのスチールバンド』

Calendar

2014年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30