« 2006年04月 | メイン | 2006年06月 »

2006年05月29日

嫌われ松子の一生(映画)

原作で描かれたひとりの女の悲惨な一生を、旬のキャストを使ってポップに面白おかしく映像化した作品と思っていたが、全然違った。予告編を見た印象と、なんというか、全く異なる方向にメーターの針が動いてしかも振り切れた、という感じだ。

日本は現在、ちょっと前の時代(昭和中後半くらい)よりも経済を中心にいくつかの面で生きることの不自由さが緩和されたが、その所為で増えた(自戒を込めていうが)中途半端な人間のどうしようもない感じを実際よりも少し(よりもう少し)デフォルメしようとしたのか、と、物語の趣旨を理解できた。いや、原作者や監督の意図とは違うかもしれないが、私なりに思う物語の趣旨を原作を読んだときよりも明確に感じられたという意味では、表現物件としてのパワーは原作を凌いでいたと思う。

あざとくポップな色使いと絵造り、花なめの多様、超広角でちょっと歪んで傾いだ画面、粒状感と舞う埃、薄暗がりと光のバランス、わざと素人臭くしたような白飛び気味の露出、性描写と暴力描写、幻想とやな幻覚、ミュージカル仕立て、「オズの魔法使い」をはじめとするディズニー映画風、リメイクされたファッションや風俗と実映像の昭和史、昭和の親の実直な侘しさ、美人の汚し方などなどの映像や演出の工夫も、奇を衒った感じが鼻につくかなあと思ったがそんなこともなく、話の肉となっていた。笑いのからめ方も虚を衝かれる。

絵造りだけのことをいえば、写真作家も含む海外の作家の名前を(名前忘れた場合は作品を)何人か(いくつか)思い浮かべはしたものの、話の運びに対して必要と思われたので、いちいちつまらない指摘をしなくてもよいだろう。要は、全部ひっくるめて一本の映画として感心し、感動したのである。それなりに毒気の強い残酷な映画だが、不思議に気持ちよく泣けて、なぜかとりあえず身近な人間を大切にしなければと当たり前のことを思ったりした。

あと、そうね、中谷美紀が監督に泣かされ続けたというのは話題作りのネタだと思ってたが、映画観てほんとかもしれないと思った。あと沢村めぐみ役の黒沢あすかの肌の荒れ具合が最高であった。意図的に撮ったとしたら私の中で中島哲也の株はかなり上がる。他のキャストも、概ね役柄と物語にしっかりはまっていた。

それと、サウンドトラックも面白かったが、エンドロールでのサウンドトラックのリミックスまで楽しめる。自分より十以上若い人たちが客層の中心だったが、珍しくエンドロール終わるまで九割方席を立たなかった。

まあ、好き嫌いはあるだろうが、(原作読んでたとしても)思ってた以上の衝撃はあるはずだ。でなかったら、私が入場料をお返ししましょう(ただし先着10名までで)。

で、谷中の演技だが・・・感想を述べるのは「河童」を観てからにする(この映画では役者というよりも、ミュージシャンとして持っているキャラクターを買われたと思うので)。まあ、谷中出てなかったらこの映画観ることはなかったから、その意味では深く感謝(関係者の方がもし拙文をお読みになったら、ぜひよろしく伝えてください)。

#人がこれ観に行った日に限って、間の悪いことにTVで「下妻物語」やっていた。残念。こんどちゃんとDVDで観ておこう。

#母のほうの縁者に、どうしようもない伯母さんがいたことをゆくりなくも思い出した。確か新橋か神楽坂で芸者をしていたらしいが、10年以上音信不通だった挙げ句、母のところに金の無心に来たのである。過去にほかにもいろいろあったのだろう、普通に優しい人間のはずの母が、返済しなくていいからと縁切りをしたといっていた。私が実家を出てすぐの、20年くらい前のことだ。子供の頃にちょっと遊んでもらったことがあるくらいで、名前も忘れてしまったが、その後どうしただろうか。多分もう死んだだろう。書いてしまうとなんか作りっぽいけれど、せっかく思い出したので書いておく。

#というか、姉の子供たちにどうしようもない伯父さんがいた、といつか記憶されることもあるかもしれない。

浅草演芸ホール五月下席昼の部

前日のブラック毒演会の帰り、演芸ホールで明日誰が出るのか尋いたら志ん駒が出るというので、浅草に一泊して見物することにする。主任が小朝で日曜日、大入りに違いないので、朝から並んで前座から観た。

その前座、駒春の「手紙無筆」は落語以前にマクラから噺に入るところではらはらさせられるような出来だったが、この駒春、三代目桂三木助の孫(四代目の甥)だそうだ(落研上がりの前座かと思った)。知らなかった。そういう育ちを全然感じさせないところが、可笑しいといえば可笑しい。

サラブレッドついでにいえば、この日は正蔵と、木久蔵の息子のきくおも高座に上がった。正蔵は新作の「読書の時間」で、父親が「龍馬が行く」のカバーをかけておいたポルノ小説を息子が学校の読書の時間に朗読してしまう、という噺だが、全体的に面白いし十分笑えるものの、エロの部分の深みがなかったのは残念。ぬるい。昼の部だし、日曜で団体客がいたので加減したのか、それともこんなものなのか。まあ、育ちのよい日向育ちの芸人がいてもいいか。

駒春とは逆にひと目で落語家の息子とわかりやすいきくおは「幇間腹」で、若旦那はできるが(というか、本人そのまんまかな?)幇間が今ひとつ。ただこちらはまだ若いし、二世の生意気な感じが結構いい感じなので、ひょっとしたら今後化けるかもしれないと思った。

さて、お目当ての志ん駒は、ぽんぽんといい間でなんの中身もない与太話(お得意の海上自衛隊・内弟子時代の漫談)。なんだかよくわからないまま笑わせられ、あとに何も残らず、すべて忘れる。すごいなあ。江戸っ子っぽいが、埼玉は川口出身である(同郷の蜷川幸雄をさんざんネタに振りながら、ものすごくくだらない落とし方をする)。

その志ん駒だけで今日は満足だったが、ほかにも、(経歴が意外な)明石寿々栄の江戸端唄、順子・ひろしの漫才(あしたひろしはなんと84歳の重鎮であるが、ヒロシの真似などをして笑いを取るところがすごい)、種平の新作(題名不詳だが、居酒屋の亭主と客のくだらないやり取り。「もずく酢レーニン主義」という駄洒落にはまる。軽さ、中身のなさは志ん駒に通じる?)を堪能。あと扇橋の「二人旅」は、噂には聞いていたがアンコ入り都々逸の回しっこののち唐突に「どうしてお空は青いの~」という童謡みたいな歌を歌って終わる。なにがなんだかわらないが可笑しい。観といてよかった(観ないとこの可笑しさはわからない)。

昼の部主任の小朝は新作「こうもり」で、羽根を痛めたこうもり=吸血鬼が恩返しをするという噺。いうまでもなく面白いし下げも軽くてきれいだが、ちょうど期待通り。安心して聴けるわけだが、それだけだと物足りないという風にも思う。

昼前から約5時間弱。あー疲れた。出演(出順)、演目は以下のとおり。

金原亭駒春/「手紙無筆」
春風亭栄助/漫談
三遊亭多歌介/小噺
アサダ二世/奇術
入船亭扇橋/「二人旅」
柳家ろべえ/「初天神」
あした順子・ひろし/漫才
林家久蔵/「穴子でからぬけ」
古今亭志ん駒/漫談
明石寿々栄/江戸端唄。「奴さん」「東雲節」「見世物小屋」とあとひとつ(曲名失念)。
鈴々舎風車/「転失気」
桂文楽/漫談(ちょうど団体客が入った所為か、めちゃくちゃ手抜き。いわゆる「アシ」であった。気持ちはわかるが、文楽の名が泣くぞ?)
柳家とし松/曲独楽
林家正蔵/「読書の時間」
(中入り)
林家二楽/紙切り(正楽と同じといえば同じだが、人柄は違うし、こちらはこちらで楽しい)。
林家きくお/「幇間腹」
林家種平/題名不詳(居酒屋の亭主と客の会話)。
春風亭勢朝/漫談(彦六と柳朝ネタ)
林家鉄平/「ざる屋」
翁家勝丸/太神楽(わざと下手にやるネタなのか、本当に下手なのかがわかりにくかった)
春風亭小朝/「こうもり」

2006年05月28日

快楽亭ブラック毒演会

浅草大勝館ショウホールにて。

昨日がブラック師の誕生日だったとのことで、「珍しく二日酔いなので、酔い醒ましに」、と、まず語り始めたのがエロ小咄。八本ほどだったが、中でも「巨根の王様が相性ぴったりの女性を探す噺」の「シナの五にんきょうだい」のような広大なスケールとか(なんとナニで揚子江に橋を架けたり、アレで揚子江の水を全部吸い上げたりする!)、「戦時に爆撃で口を失った兵士が、同じく爆撃で亡くなった美人看護婦のアレを口に移植されて、真相を知った翌朝背骨を折って死んだ噺」の引っ張って引っ張っていきなり落とす間の取り方などがとても面白かった。

いや、全部それぞれすごい面白かったのだが、これ以上書くと品位を疑われるので控えます(笑)。会の終了後に今日の宿で慷概をまとめたので(忙しいのになにやってんだろうか?)、興味のある方は、連絡もらえればお教えします。

続いて「蛙茶番」。古典をさらりと演るが、(確か)「音菊天竺徳兵衛」の芝居口調が心地よい。過激だったりお下劣だったりするだけでなく、こういう芸もきちんと持っているところがすごい。

中入り挟んでやはり古典の「近日息子」。落語自体はバカバカしい噺をきっちりバカバカしく演っていて普通に落語的に面白かったが、マクラで秋田の事件の真犯人(?)をいち早く指摘していのが印象的だった(今日のニュースで報じられたのを見逃していたのかと思ったが、あとで確認したら、まだ正式に発表されたものではなかったようだ)。あと、名古屋に芝居を観に行くのに朝楽をしようと思って下呂温泉に一泊したという間抜けな噺に爆笑。

最後はかの「オマン公社」(財政難に苦しむ日本政府が、官から民へ、の逆の民から官へ、という施策を採って、民間で儲けている事業を国で手がけようと、風俗産業の公社「オマン公社」を設立するという、バカな噺である)。噺の基本的な構造や落ちは従来通りだが、登場人物や噺の背景が、ちゃんと今の政治状況を反映していて、落語が生きた話芸と強く感じさせられる。客席も異様な盛り上がりを見せる。

中入りでは、CD「借金男」全5枚と、雑誌「本家立川流」1~7号(多分全部。1~3号は合本)を入手。おまけで非売品のCD「トンデモ落語 邪道・毛唐2人会」(ブラックと談之助)もいただく。

木戸銭3000円で、2時間ちょっとで4本の秀逸な落語を聴けて、さらにCD「借金王」の新作#06付き。すごいお得な会であった。大勝館の小ホールのほうはかなり狭い小屋だが、100人ちょっと(150人くらい入る?)の席はびっちり満席。この調子で(ただし体調に気を配りながら)、借金を完済されることを強く祈る。

2006年05月19日

團菊祭(歌舞伎座にて)

幕見で「黒手組曲輪達引」だけ見物。迂闊にも席に着いてから気が付いたが、菊だけ観るわけである。せっかく舞台復帰したのに申し訳ないことをした。

助六の世話物である芝居自体は、観終わって何か残るというものではないが、なんか今日ちょうど観たい感じの芝居だったのでよかった。幕見で900円だから得した気分。忍ヶ岡の菊五郎の矢鴨の着ぐるみとか清元の「恋のダウンロード」とか、股潜りのカーリングとか、くだらな過ぎて脱力して満足。

雀右衛門の揚巻はちょっと貫禄あり過ぎだったかなあ(なにせ大正生まれである)。あんなものか。海老蔵もきれいだが面白くなさ過ぎと思ったが、牛若伝次の役どころとしてはあんな感じの存在感なんでしょうか。菊之助の白玉はきれいでちょっとぞくっとした。

2006年05月16日

セニョール・ココナッツ プレイズYMO

仕事帰りにHMVに寄ったら、変な「Simoon」がかかっていた。「これ誰?」と訊くと、セニョール・ココナッツだという。

昨日二軒めのバーで高橋幸宏を見かけたような記憶がうっすらとあり(酔っ払っていたので自信はない)、これも何かの縁と思って試聴させてもらったら、バリトン・サックスがリードする「東風」でなぜか爆笑して、買い求めてしまった。

YMOのカバー盤、トリビュート盤は、正直あまり興味がないのだが(オリジナル聴いてきて、それで十分なので)、これは別格。YMOの本質を捉えているといったら言い過ぎかなあ。こういう編成での演奏ができたのだったら、シンセサイザーなど使わなくてもよかったとさえ思える。言い過ぎです、すみません。

でも、音楽に含む笑いの質と量がちょうどよいし、楽曲とアレンジが、すごい同時代的なのに1920年代、30年代のクラブで演奏されていた音楽と仮想して聴いてもおかしくないような塩梅がとても面白い。

今日は実は、「Broken Flowers」のサントラを買いにいったのだが、最後にふと思いついてJazzフロアに立ち寄ってよかった。

ちなみに、YMOの三人も参加。ライナー読むと、ご本人たちも認めているようだ。

2006年05月15日

嫌われ松子の一生(小説)

山田宗樹著(幻冬舎文庫)。

文庫だと上下二巻。あとで気付いたが、単行本買うより高い。200円程度だから別にいいけど(今まで意識してなかったが、京極夏彦の分冊文庫版とか、そういう例は珍しくないか)。

中島哲也による映画版(5/27公開)に友人が出る(赤木マネージャー役)というので読んでみたが、少なくとも映画の予告編とはだいぶ印象が違った。

不幸な女の一生がなぜ不幸だったのか、の描き方が、不幸な一生には不幸な一生なりの根拠がある、とでもいいた気でとても残酷と思った。読後の後味は悪い。

しかし上下二巻を半日程度で読ませてしまうような、読みやすく物語に引き込む要素をちりばめた文章の中に、人の一生の救いのなさを残酷なまでに描く筆力は大したものと思った。

同世代の作家のものなどあまり読む気がしないという偏見から、正直あまり期待していなかったのだが、映画観る前に読んどいてよかった。多分映画は、また別物になっているだろうし。

2006年05月14日

ブロークン・フラワーズ

ジム・ジャームッシュ監督作品。長編としては「ゴースト・ドッグ」以来になるのか。とすると、21世紀になって初の長編ということになる。

金は儲けたがなにか生活の芯になるものを失った中年男(ビル・マーレイ)が、ふとしたきっかけで昔の女を訪ね歩くという話だが、女のほうにとってみれば、一度切れた男など過去の亡霊のようなものでしかないわけだから、当然話が弾む訳もない。

その話の弾まなさからにじみ出る可笑しさ、悲しさが、とても味わい深かった(主に演出とビル・マーレイの卓越した芝居による)。終わり方も真にすっきりしない終わり方だが、話がふわふわと進んでいたようで、最後にずしりとしたものが残る。傑作。年取ったせいかな。

余計なお世話だが、カップルで観るよりひとりで観ることをお勧めしたい。特に中年男ならなおさら。

劇中繰り返されるエチオピアのジャズ(クレジットなどから推測すると、多分ムラトゥ・アスタトゥケという人の「Yegelle Tezeta」)が、旋律の糸がこんぐらがった「A Song for My Father」みたいで面白かった。映画ではなぜかエチオピアがひとつの重要な?モチーフになっている。

Calendar

2014年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30