« 2009年07月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月23日

マダムギター長見順@渋谷dress

11/23。ご来場のみなさん、ありがとうございました。

01 Mama Goes Shopping to Thailand
02 ハナウタ
03 As Time Goes By
04 しわよせの世界
05 VS
06 メリーゴーランドの唄
07 おとうさん、アレどこいった?
(休憩)
08 地域マンボ
09 Wo! man
10
11 加藤さんのテーマ
12 段ボール
13 あーは ステキな溜息さ
enc
14 ザ居酒屋

生ピアノ(マダム寄贈)が入って最初のdressライブ。マダムの素晴らしいピアノ弾き語り(ニューオーリンズの場末のバーでのピアノライブ(行ったことないけど)の雰囲気を醸し出すこと度々)は、06、07、09、10、14で披露。

11月の酒井俊+船戸博史に続き、不詳青木は企画だけでなくPAも担当。ギターだけはアンプリファイドされているとはいえ、今回も、演奏の仕方も含めて「生」の音なので、刻々と変わる状況に追いつくのは、私の乏しい経験ではなかなか難儀ではあった。場面場面で「本来のいい音」が届けられたかどうかは反省の余地多々ありだが、一応アーティストにも喜んでもらえたようなので、それを励みに精進しよう。

リハーサルの最後まで懸案だったピアノ弾き語り時の、ステージ上と出音とのギャップは、最後の14でなんとかマダム側でも気持ちのいい状態になったとのことだが、これはまあ、曲自体の性格に救われたものでもある。この辺、より一層の工夫を続けたい。

マダムギターのライブそのものとしては、もちろん文句なしの素晴らしい内容。来ていらした客層には、まだ馴染みの少ないアーティストだからだろうか、最初からがーっと盛り上がるということはなかったが、淡々とペースを崩さないマダム。そして後半に向けて妙なる熱気と一体感が徐々に出来上がっていくというところが、なかなかスリリングかつじわじわと深い感興を呼んだと思う。

あーしかしよかった。PAという立場を忘れて、演奏に合わせてリズムを取り、曲の世界に没入すること頻り。筆おろしでのヴォイス・パーカッション−ラップバージョンとは異なる「しわよせの世界」や名曲「段ボール」が聴けたのも嬉しい。

次は12/23、マダムがギターとピアノ、そしてベースに早川岳晴(梅津和時、片山広明、ジョン・ゾーン、泉谷しげる、忌野清志などとの活動で知られる)、パーカッションに岡地曙裕(吾妻光良&スィンギンバッパーズやボ・ガンボスで活動する、ご存知No.1ブルースドラマー)という豪華なメンツの演奏を堪能しながら岩手のどぶろくが呑めるという希有なイベントなので、ぜひ多数のご来場をお待ち申し上げます。

地獄の入口

昨日は日曜だが用事があって区役所を訪ねた。そんなに悪い用事というわけではなかったが、夜間・休日受付は、地下に続く石垣の感じがなんだか地獄の入口のような佇まいで、笑う。

恐々地階に降りると、だだっ広い広間に草食動物のようなおじさんがぽつねんと居て、ちょっと拍子抜けする。草食動物は、草を食むように柔和に淡々と受付してくれた。

地階の手続きをひと巡りして再び地上に出ると、区役所の中庭では、最近流行っているらしい中高年バンドがオールディーズを演奏していて、しかしリズムトラックはほとんどカラオケで、焼きそばの屋台が出ていたが一般客はひとりもいず、区役所職員の腕章を付けた青年たちのみがひたすら踊り狂っていた。わけがわからない。

それから世田谷線で三軒茶屋まで出て、仕事で必要になったiPhoneを購入。続いて浅草まで足を延ばし、観音様にお参りしてから新仲見世の今半の座敷で、まあなんというか一区切り付ける。

---

で、さて、本日はマダムギター@渋谷dress。土曜日にピアノのチェックでマダムの生ピアノ生音生歌弾き語りを拝聴したが、これがまた素晴らしい。

今日とつぜん予定が空いた方や、食事がてらの方なども、ぜひお越し下さい(夕方6時半開場、8時開演。4時過ぎに店までご連絡いただければ幸い。03-3498-3440)。

2009年11月19日

パンチの効いたブルース

11/19、西荻窪Terraにて。

今日のテーマは、「事業仕分け」と「各々の手帳を見ながら2009年を振り返る」であった。要するに、今年は何回パンチの効いたブルースのライブをやったか、という話題からメンバー各々が手帳を取り出して確認、それがいつしか2009年を振り返るという話にすり替わっていくという流れなのだが、そして、何月まで行ったら次の曲に進むのかを話し合うのが「事業仕分け」(要するにただ言いたいだけだったみたいだが)とのことだったのだが、そのだらだらした脱力的な笑いと時折起こるちょっと爆発的な笑いの感じは、なかなか得難いものではないかなー。

笑いのポイントはいろいろあったが、特にたとえば、ゴキブリに嫌な形で遭遇した事件からかわいしのぶが「共存のブルース」を歌い始めるも、一番のサビ前という微妙なところで歌を中断して、また思い出した話をし始めるところとか、めちゃくちゃ可笑しい。

曲は、「共存」のように話と関係があったり、あるいはなかったり、いずれも切れがあってそれこそパンチが効いていて、ステージ全体でショウとしての楽しさをかなり味わえる。その辺の魅力が、見物する度に同じくらいの手応えでちょっとずつ味わいが違うのが、何度見物しても楽しい所以。

日本全国の酒場を回り尽くして来たマダムのギターや歌もいい具合に仕上がっているので、11/23(または12/23)のdressに来られる方は、ぜひお楽しみに。

以下、この日のセットリスト。

01 あっしにはかかわりのねえことでござんす
02 温泉にゆこう
03 Alone Again
04 共存のブルース
05 ラ・ピクニック
06 さかさまのうた
07 殴られる人生
08 初雪
09 加藤さんのテーマ
10 舟歌
enc
11 地域マンボ

2009年11月18日

加藤崇之(g) さがゆき(voice) 潮先郁男(g)

11/18、入谷なってるハウスにて。

潮先郁男初の!リーダーアルバムの公開録音も兼ねたライブ。当日に気付いて、どうなることかと思ったが、ぎりぎり予約できた。ラッキー。

CDのリリースを楽しみに待つことにして、あまりライブの模様を詳しくは書かないけれども、どこまでも柔らかくて深くて暖かくて広がる、しかし一本筋のしっかり通っていて自然に身体が動いてしまう心地よいスイング感を味わわせてくれる潮先・加藤師弟のギターの交わり具合と、そこに溶け込むさがゆきの歌(個人的には、どちらかといえば、だが、間奏時などのアドリブのスキャットのほうに心動かされた)に、いい気持ちに酔った。潮先郁男は、つい最近病に倒れられたのだが、そんなことは演奏中、思い出す契機を与えてくれなかった。

この後、この日の録音にどう手が加わるのか(加えないのか)は不明だが、CDの仕上がりが楽しみだ。Blanton-Webster時代の名曲の01やジョー・パスの10でのさがのスキャット、11のさがの間奏前のロングトーン、06や15の潮先のソロ、12のイントロでの潮先のグラスの氷の音、08のさが+潮先デュオ、14の加藤の右手ハーモニクス、バース後はBPM148くらい?でドライブしまくりの13などなど、あとから思い出してまた繰り返し聴きたいと思うポイントは多数ある(いやもちろん、全部だけど)。

ちなみに潮先郁男が自分がリーダーで演りたい曲は、まだCD2〜3枚分はあるとの由。お身体を大事にされることを祈りつつ、また次のライブの機会を待ち望む。

以下、この日のセットリスト。

01 What Am I Here For?
02 Can't Help Loving You
03 Dream A Little Dream Of You
04 Boy Next Door
05 In the Wee Small Hours
06 My Romance
07 Go Away Little Boy
(休憩)
08 Mona Lisa
09 Guilty
10 Stuffy
11 I Wish You Love
12 Too Late Now
13 After You've Gone
14 Nevertheless
enc
15 Alice Blue Gown

---

あ、書くの忘れたが、なってるハウスは加藤崇之の飛び石5デイズ中で、加藤崇之の絵の個展も開催中。ホームページ(http://www.ne.jp/asahi/site/kato-takayuki/gallery_c01.htm)に掲載されている、悪夢や悪い幻覚が少し漏れ出したような作品よりは、ちょっとすっきりした印象の作品が多かったかな。5デイズ中に行かれる方は、こちらもぜひお楽しみを。

2009年11月10日

THEY DRIVE by NIGHT

ライ・クーダー&ニック・ロウ。11/10、渋谷オーチャードホールにて。

01 Fool Who Knows*
02 Fool For a Cigarette / Feelin' Good
03 Vigilante Man
04 Losin' Boy* **
05 Chinito Chinito
06
07 Crazy 'Bout an Automobile
08 One Of These Days You're Gonna Pay*
09 Cryin' In My Sleep* **
10 Down In Hollywood
11 Half a Boy And Half a Man*
12 A Shrinking Man**
13 Across The Borderline
14 Raining Raining* **
15 Jesus on The Mainline
16 He'll Have To Go
17 13 Question Method
enc
18 What's So Funny 'Bout Peace Love And Understanding?* **
19 Little Sister

あと、「How Can a Poor Man Stand Such Times and Live?」も演ったかな? JCBホールでは演ったらしいが、自信なし。

メンバーはライ・クーダーが(もちろん)ギター(ストラト、テレキャス、リッケンバッカーのほか、03で黒くて小さい変なの、16でアコースティックでスラックキー風プレイ)。ニック・ロウがプレシジョン・ベースと**で(多分)ギブソンのJ-200(ちなみに*ではニックが歌唱)。そしてライ・クーダーの息子のヨアキムがドラム。

なお、第一部はこのヨアキムと嫁のジュリエット・コマジェール(Juliette Commagere)のバンドで、なんだか森ガール風ソフト・ロック?な感じのバンドだった。ギターがちょっと凡庸なのが残念だったが、ジュリエットの声が心のどこかを妙にくすぐる感じなのと、ヨアキムのドラムが歌ってるのがよかったな(CD買ったが、それはあまり面白くなかった。帰りの酒場で一度聴いた限りではだが)。

で、第一部の機材のうちキーボードだけ片付け、ドラムキットとアンプ類をステージ中央に寄せると、ライ・クーダーらが登場。白髪に黒いポロシャツのスマートなニック・ロウが、プレシジョンベースを親指で弾きながら歌う01で演奏開始。痺れる。

ウディ・ガスリーの03は、三曲目にしてこれか! という選曲で、割とみなどよめいた気がする。なんというかわからぬが、黒い小さいギターをライが座ってプレイ。低く響くいい音だった。

全体的には、ほぼ交互にライとニックがリードし合う構成だったが、ニックの、実に控え目にライを立てる感じが好ましい(チャック・ベリー・ナンバーの17では促されて、いいベースソロを弾いていた)。どの曲も極上の羅臼昆布で丁寧に出汁を取った風呂吹き大根のような、滋味に溢れた演奏と歌唱。聴きながらじわーっと笑みが浮かんでくるのを押さえるのが困難であった(押さえないけど)。

05以降では、数曲を除き第一部のジュリエットとアレクサンドラがコーラスや小物パーカッションで参加し、花を添えていたのもよかった。第一部からお色直しした、洗練された田舎娘スタイルも可愛い。

会場のでかさが、公演の内容に相応しくなかったが(客の入りは半分くらいで、三階席は無人)、客席もがつがつした感じがなく、アンコールで自然にいい感じでスタンディング・オベーション。なんだかのんびりしたよいコンサートだった。チケット進呈してくれた友人に感謝。

参考)
http://blog.wmg.jp/wmlife/archives/2009/11/06125242.html

Calendar

2014年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30