« 2011年02月 | メイン | 2012年01月 »

2011年03月19日

高田漣@吉祥寺エアガレージ

今日の吉祥寺、エアガレージの高田漣ライブ、選曲も歌・演奏も素晴らしかったのはもちろん、最後に桜井芳樹、大友良英が参加という贅沢な一夜だった。どの曲もよかったが、「東京の屋根の下」は時節柄じわっときたなあ。

父高田渡の形見のギター(ヤマハ製の、12フレットから上のフレットがないモデル)を実に優しい音でつま弾き、また歌も極限まで小さく優しいが、ぐっと迫って来る。音楽の不思議。

#高田漣ご本人は、「このギターはしっかり力を込めて弾かないと音が出ない」と言っていたが、聴いている分には力は抜けてるのに深いいい音がしていたと思う。

以下、この夜のセットリスト

01 It's Been a Long, Long Time(Sammy Cahn & Jule Styne)
02 Aji(高田漣)
03 Freight Train(Elizabeth Cotten)
04 Si Bheag Si Mhor(アイルランド民謡)
05 鉱夫の祈り(高田渡)
06 珈琲不演唱(高田渡)
07 東京の屋根の下(佐伯孝夫 & 服部良一)
08 青空(My Blue Heaven)(George Whiting/堀内敬三 & Walter Donaldson)
09 シグナルは青に変わり汽車は出ていく(小林清)
10 赤とんぼ(三木露風 & 山田耕筰)
11 Hobo's Lullaby(Woodrow Wilson "Woody" Guthrie)—桜井芳樹、大友良英が加わって

#ライブの模様は、Ustreamで生中継されたが、アーカイブも残ってます。

Calendar

2014年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のエントリー