« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月29日

うめ吉ヨーロッパ報告会

(Facebook「落語総見」グループと同内容 https://www.facebook.com/groups/rakugo99/)

2012年11月29日 浅草どぜう飯田屋にて

檜山うめ吉は、この11月の1日から23日まで、「6カ国語を駆使する国際派落語家」を名乗る圓楽党の三遊亭竜楽とともにイタリア(フィレンツェ、ラヴェンナ、ボローニャ)、フランス(ニース、パリなど)、スイス(ローザンヌ)、ウィーンと回るヨーロッパツアーを敢行。

その模様を報告する、という主旨のこのお座敷の会は、こうした海外ツアーの前後に壮行会あるいは報告会として、幾度か催されているという。

会場はどぜうの飯田屋の離れの座敷。L字型の30畳ほどの座敷に、お客は30人ほど。うめ吉のファン層というのを私はよく知らないが、この日は60代以上のご高齢の方が多かったように思う。我々夫婦(共に47歳)が若手のほうで、それより下は30代とお見受けできる男性と、20代らしい女性くらいだった。そして我々以外は、ほぼすべてご常連の様子だった。

で、うめ吉ご本人のご挨拶から会が開始。うめ吉の高座に入る前に、こうした会の常連のおひとりで、ボランティアで手品、腹話術、玉すだれなどの活動をされているという木村仁四郎とその奥方が登場。腹話術で無事の帰国を祝うものの、ケンちゃん(木村仁四郎の人形)は「風邪を引いている」ということで二言三言のみ、奥方のほうの人形はちゃんと喋ってたが腹話術師ご本人の口も動いており、なんともいえない微笑ましさだった。幾度か続いているこの会は、とても家庭的で寛いだ感じで行われているのだな、と窺えた。

ちなみに木村仁四郎は、うめ吉の主催するバスツアーなどでも、隠し芸大会を企画する等なされている方という。

さて、うめ吉の高座は、途中ヨーロッパでの出来事の報告を挟みつつ、以下の演目。

・潮来出島(踊り・音源 うめ吉)
・三階節(唄と三味線)
・酒と女(唄と三味線)
・磯節(唄と三味線)
・野球拳(カラオケと唄)
・Wien, du Stadt meiner Träume(ウィーンわが町の夢、カラオケと唄)

このうち「野球拳」は、1〜4番まで四回、うめ吉とお客全員がじゃんけんをし、うめ吉に勝った回数が一番多いお客にお土産が贈られるというもの。一対一で脱衣するものではもちろんなかったが(当り前か)、それなりにお座敷遊びをしている雰囲気が楽しめた。ちなみに私は三回勝ったが(三回勝った人は私を含めて四人)、四連勝した方がおひとりいたので、その方には「うめ吉がヨーロッパから“密輸”したサラミ」が贈られていた。

お馴染みの「三階節」「酒と女」「磯節」は、いつも通りの唄と三味線だったが、最後に歌った「Wien, du Stadt meiner Träume」は、原語ドイツ語での歌唱。ウィーンの公演でのサービスとして、原語の歌詞を覚えて行ったという。

また初っ端の「潮来出島」は、扇子を使って菖蒲が咲く模様を描写するなどが外国人にもわかりやすいという理由で、海外公演でもよく踊る演目だそうだ。

ヨーロッパでの出来事の報告は、Webを見られないお客もいるでしょう、ということで、うめ吉のブログで既に書かれた話も多かったようだが、初っ端のフィレンツェの東洋イベントでひどいめに遭った話(イベント自体が武道中心でとてもやかましかったとの由)、そのイベントで写真を撮られることが多かったため、仕舞いには「一緒に写真を撮って2ユーロ」という商売を始めてみた話、竜楽のお嬢ちゃんになつかれて仕舞いにはそのいたずらの数々に往生した話(ピンク色の小物を取り合ったり、三味線の調律笛を吹きまくられたり)、パリの街の汚さにがっかりした話、ニースに向かう列車で一駅間違えて降りそうになり、その駅が治安の悪い町の駅なので危なかった話、など。独特の可愛らしい毒を交えながらのゆったりとした語り口が、とても面白く、また耳に心地よい。

高座は約40〜50分ほど。そのあとは宴会で、どうぜ鍋、鰻重、刺身のコースから選ばせてもらえる次第だが、せっかくの飯田屋なのに、どぜうを選ぶ客が一番少なかった(7名)。

私はもちろんどぜうで、これに小鉢が二品(うざくとどぜうの南蛮漬け)とどぜう汁とご飯がつき、さらに御酒とビール呑み放題。さらにうめ吉のお酌でウィーンのロゼワインもありと、最終的にはこちらが主旨なのではないかという楽しさであった。

どぜう組の諸先輩の幾人かと差しつ差されつしたが、おひとりは京都から、もうおひとりは根岸の生まれだが現在那須にお住まいでこの日もわざわざ那須からいらしたとの由。私も実は、大阪の友人に誘われ京都までうめ吉のライブを観に行ったことがあるが(そのときはジャズ・トロンボーン奏者との共演)、こうした会に参加することで、うめ吉のファンの方々の熱烈ぶりと、うめ吉がファンの方々に親しまれ慕われている様を、深く実感した。

高座自体は、演目の少なさに若干の物足りなさも感じたが、会全体としてはとても楽しかった。また機会があれば、参加してみたいと思う。ちなみに料金はひとり一万円、いろいろな感じ方があると思うが、2時間半ほどたっぷり遊んで呑んで食べてのこの値段は、私はお値打ちと思った。

2012年11月26日

上野鈴本演芸場11月下席夜「冬の新作コレクション in 鈴本」

(Facebook「落語総見」グループと同内容 https://www.facebook.com/groups/rakugo99/)

上野鈴本演芸場下席夜

「冬の新作コレクション in 鈴本」と題した番組。

その題名のとおり、落語はすべて、いわゆる“新作落語”がかかるわけだが(他の日もそうかもしれないが、前座のみ古典だった)、ますます古典/新作という区別の意味が、まだ潰えたわけではないけれど、かなり薄くはなってきたな、という実感を得た。

同じ実感は、昨年末にSWAファイナルを4公演聴いたときにも感じたけれど、いわゆる“古典落語”を愛でるのは落語愛好者個々人の自由としても(私ももちろん、古典落語は大好きだ)、古典と新作をわざわざ峻別することで、聴き手として得られる利点は今やほとんどないと思う。むしろ、これから聴く噺が古典か新作かをあまりに意識したりするのは、自ら耳を閉じることに等しいのではないかとも思う。

実際、今日ははん治で聴いた「ぼやき酒屋」のような、幾人もの噺家の工夫と実演を経た新作落語には、いわゆる古典と同じような味わいや手触りを感じる。あるいは、今日初めて聴いた天どん「手足」も、「手」という言葉と「足」という言葉が入れ違ってしまったその顛末というだけのナンセンスなネタだから、特に新作だなんだと構えなければ、ただ落語、としてすーっと楽しめる。

トリの圓丈「インドの落日」だって、舞台が明確に昭和だから新作として受け取らざるを得ないわけだが、しかしそこで新作という色メガネを外す術を聴き手が持っていれば、ただいい人情噺としていい気持になることができるのである。

そして実際、程度の差こそあれ、今日聴いた噺はどれもただただ落語として楽しめたーそれだけの芸で以て提供してくれたから、最初に書いたように「古典/新作という区分けの意味が(略)かなり薄くはなってきた」と感じたのではないかと思う。

今日の出演者の中にも、マクラで「これから新作ばかりかかりますけど、大丈夫ですか?」とか「芝浜を聴きたいお客がいたら大変だ」といった話を振った噺家が幾人かいたけれど、そういう気遣いもだんだんと無用になってくるといいな、と思ったし、実際、ゆっくりとでも今後そうなってくるだろうという手応えを感じた次第。

***

備忘としては、ダーク広和の奇術での、ロボット三原則を盾に取った「これならロボットに奇術で勝てる」というネタが面白かったのと(ファンカードの広げ方へのこだわりなども可笑しい)、きく麿の歌と司会と物まねの上手さに感じ入ったのを書いておく。

えーそれと、正楽の紙切りは、最初に相合い傘を切ったあとは、お客の注文で討ち入り、上野ぼたん苑、誕生日。あと、ストレート松浦は翁家和楽社中の代演。ストレート松浦のデビルスティックは、ちょっと真似してみたいなあ。

以下、本日の演目。どちらかといえば割と馴染みが薄いかなと私が勝手に思ったもののみ、簡単に(今後初めて聴く方の感興を削がない程度に)内容を記しておきます。

柳家フラワー・・・・元犬
三遊亭天どん・・・・手足
※「手」という言葉と「足」という言葉が入れ違ってしまった男が手首を捻挫、その治療を頼まれた医者とのバカバカしい会話。「足」は「手」と言ってしまうが、「脚」は間違いを指摘されるとちゃんと言える、というのが妙に可笑しかった。
ダーク広和・・・・・奇術
柳家はん治・・・・・ぼやき酒屋
林家きく麿・・・・・こぶし君ハイパー!
※親が小さい頃から芸事を仕込んだために普通の会話ができなくなった小学生vs臨時担任。宝塚ネタはそれほどでもなかったが、歌謡曲の司会、歌、モノマネ、歌舞伎の声色などが見事。小学生・歌田コブシ君が歌いまくる教室から、コブシ君をそう育ててしまった父母面談への場面転換も、鮮やかだった。
ペペ桜井・・・・・・ギター漫談
柳家小ゑん・・・・・ミステリーな午後
※冴えない係長が、たまたま手にした高級寿司店の飯台を使って、部下のOLたちに昼飯の見栄を張ろうという顛末。寿司ネタを元にした駄洒落の連発に笑った。
三遊亭白鳥・・・・・ナースコール
※出来の悪い新人看護婦みどりちゃんが、宿直時に起こすいろいろな騒動。落ち着いて考えると、話の完成度というか練り具合はそんなによくないような気もしたが、そこも含めて白鳥らしい味わいに、聴いている最中は大いに笑う。
(仲入り)
ストレート松浦・・・ジャグリング
春風亭百栄・・・・・あしたのジョー
※子供の頃に憧れていたヒーローが、同時代の存在だけに、作品には描かれてなくてもその時代ならではの希望や野望を抱いていたのではないか、という発想で、矢吹丈のボクシング引退後に考えている将来設計を描く。少しグダグダな感じの芸は、噺の可笑しさを増幅するための敢えてだと、ちょっと好意的に受け取った。
林家正楽・・・・・・紙切り
三遊亭圓丈・・・・・インドの落日

あ、ちゃんといろいろ探したりしているわけではないが、たまたま11/22のレポートを見つけたので、リンク貼っときます。

http://hirobow.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/20121122-969e.html

2012年11月16日

新宿末廣亭11月中席昼〜夜

(初出:Facebook「落語総見」グループ https://www.facebook.com/groups/rakugo99/)

2012年11月16日
新宿末廣亭中席昼〜夜

「この二十日間、少し追いかけてみようかなと思った」ということで、翌日また昼の部終わり頃から聴きに行った。

で、この日の圓丈は「いたちの留吉」。さすがに20年前に作ってちょくちょく演っているネタだけあって話芸は十分練られていて、安心して笑いについていけた。聴きに来てよかった。いくつ行けるかわからないが、末廣亭の残りと鈴本も、もう少し覗いてみたいと思う。

ちなみに、「いたちの留吉」は10年くらい前に一度ネタを練り直して“修正版”と銘打って演ったとどこかで読んだが、それがオリジナルとどう違ってて、で、今日のがどうなのかなどは、私は理解していません。

膝替わりは代演の丸山おさむで、田中角栄の声帯模写は相変わらず見事(ネタも含めて)。あと、オールナイトニッポンのテーマソングの声帯模写から糸居五郎の声帯模写に入り、ノブテル君なる少年からの電話相談を受けて「君のお父さんはまばたきが多いから、世間を半分しか見られてないんだね」というところが可笑しかった。

そのまま居続けで夜。

前座とその次はどちらも女流で、多ぼうは落語というより童話の読み聞かせのような、妙な味わい。美るくは「たらちね」の嫁の台詞回しがなかなか見事だった(本筋の話ではないが、美るくという名前はなんかエロ過ぎやしないかなあと、以前からなんとはなしに思っている)。

落語で一番印象的だったのは菊輔「謎解き千早」で、桐の箱に入った自作の巻物を持参し、それを広げて読みながら、「千早振る〜」の歌の背景を解説したり、いろいろな現代語訳を読んだりするというもの。珍解釈を繰り広げるという点では古典の「千早振る」の改作といってもいいのかもしれないが(ただし八五郎に相当するような聴き手がいるような話の構成ではなく、菊輔ご本人が客席に向かって珍解釈や珍訳を披露する)、ものものしく巻物を広げて、解説なので面白い話はしませんという風ながら面白く話を展開させるところが、なんだか可笑しかった。

それと歌武蔵「小言念仏」、扇子で高座を叩く音がとにかく大きく、見た目と声に迫力があるという一点が、噺に妙に合っていて、これも印象に残った。

川柳「ガーコン」も、昨日に続きいつになく乗ってる感じだったし、他も特に不満があるわけではなく充分笑ったのだが、全体的にはにゃん子金魚の漫才とあした順子の漫談が特に可笑しく、落語よりもそこに気持を持っていかれたような気がしている。

特にあした順子の、出端の数分感の喋りはいつも最高にかっこいいと思う。前座いじり(前座を高座に引っ張り上げて「♫男はあなたひろし〜」を歌い踊らせる)も、毎度の楽しみになってきた。最後に、これも最近お馴染みだが、今は休んでいるあしたひろしが声だけ出演し、ちょっとしんみりさせる(新舞踊「龍馬が行く」の台詞部分。この録音が、療養先で録音したのか、音質があまりよくないのが、また泣かせる)。

あと正楽の紙切り(お客の希望で金魚、スカイツリー、焚き火、末廣亭の落語、のお題を切り、最後になんと自分からミ○キーマウスを切った)がなんとなく神がかってたような気がしたが、気のせいか? 久し振りに観たからかな。でも素晴らしかった。

さて主任の小袁治「笠碁」は、表面的な人情味や感情を押さえた粋な「笠碁」と思った。薄味で物足りないと思う向きもあるかなと思ったが、あの出汁は奢ってるが味付けを押さえたお吸い物のような味わいは、私にはとても愉しかった。

備忘としては、仙三郎社中は仙三郎おひとりのみの出演。小袁治に「社中ってのは大勢でやるって意味じゃないのか?」とからかわれていた。でもおひとりだったので、却ってお顔をじっくり拝めたのはよかった。だんだん日本から失われるであろう、とてもよい芸人の顔だと思う。

この日の演目は以下のとおり。

−昼
桂文生・・・・・・・転失気
丸山おさむ・・・・・声帯模写
三遊亭圓丈・・・・・いたちの留吉

−夜
三遊亭多ぼう・・・・たぬき
三遊亭美るく・・・・たらちね
花島世津子・・・・・奇術
柳亭市弥・・・・・・のめる
春風亭勢朝・・・・・池田屋
すず風にゃん子金魚・漫才
古今亭菊輔・・・・・謎解き千早
林家正楽・・・・・・紙切り
林家鉄平・・・・・・堀之内
川柳川柳・・・・・・ガーコン
(仲入り)
古今亭菊春・・・・・替わり目
あした順子・・・・・漫談
三遊亭歌武蔵・・・・小言念仏
柳家さん八・・・・・柳家小さんの生涯
鏡味仙三郎社中・・・太神楽
柳家小袁治・・・・・笠碁

2012年11月15日

新宿末廣亭11月中席昼

(初出:Facebook「落語総見」グループ https://www.facebook.com/groups/rakugo99/)

2012年11月15日
新宿末廣亭中席昼

私事ながら、先週食事中に誤ってがぶりと噛んだ唇の傷がまだうずく中の寄席遊び、観ている最中どれだけ痛みを忘れるかが笑いと愉悦のバロメーターになったりするかな、という視点で、それぞれの芸を楽しんでみようかと思った。

ざっくり言うと、遊平・かほりのいつもの夫婦漫才から、めでたく二つ目昇進の一蔵の「薬缶」、小せん「饅頭怖い」辺りで、一度痛みが気にならなくなったものの、本格的に痛みを忘れたのは圓太郎「浮世床」からか。太閤記の読めなさ加減が鮮やかで、この日の寄席の空気もこの辺りから暖まって来たという感じがした。

が、左橋「時そば」は、なんとなく間の取り方をうまくつかめず、この辺で痛みはぶり返したものの、種平「ぼやき酒屋」、ペー、歌る多「町内の若い衆」と畳み掛けられて、唇の痛いのはほぼ完全に忘れ去った。

「ぼやき酒屋」は、初めて聴いたのが種平のでたいそう面白かったので(もずく酢レーニン主義、などの駄洒落の感覚が好きなのである)、これは同じものを何度聴いても、ある種の刷り込みがあるのかカルガモの子のようにあとを着いて行ってしまう。林家ぺーの、適当な知識をパーパー言ってるだけのような漫談も相変わらず最高。どれだけ考えて喋っているかは知らないが、振ったネタに関する四文字熟語などが微妙に捻曲がって行くところの塩梅はいつも見事だなあと思う。歌る多は、兄貴と熊五郎の女将さんの演じ分けが、女流ということを抜きにしても、とても鮮やかだった。

さて仲入り後も、川柳からホームランの流れは何かが渦を巻いていた感じだったし、馬の助の百面相は大好物なので、概ね痛みは忘れていたが、太神楽での小花がミスが多く、少し鼻白む(なんてないことをやっているときも含め、鞠を3〜4回落とした)。

で、主任の圓丈「前座さら口の夕べ」、ケーブルテレビに「前座専門チャンネル」ができて、前座の高座を中継しながら、アナウンサーと、圓生をモデルにした噺家の解説者が実況するという噺。圓生をモデルにした圓せうの解説が可笑しいものの、私がこのネタを聴くのが初めてということもあるのだろうが、全体的に手探りで、前座が高座中に扇子を落としてしまいそれを楽屋から扇子を送って助けようとするが失敗を続けるという展開などがぎこちなく、話をその場で組み立てながら演っているという印象があって、今ひとつ乗り切れず、結局唇の痛みは元に戻り、昼の部終了。

圓丈の、そういう印象の高座に行き当たるのは、まあこの日が初めてというわけではないし、それはそれで、未だに格闘を続けている姿に感動を覚えはするものの、この日は体調のこともあり、そんな感じで、少しもやもやが残った次第。聞けば末廣亭中席昼に続いて鈴本下席夜と、都合20日間トリを取り続けている最中だという。圓生襲名騒動と前後して、古典をやる機会も多くなったような気もするので、この二十日間、少し追いかけてみようかなと思った。

あと備忘として、小せん「饅頭怖い」は饅頭が出て来る前で了(こういうパターンも「饅頭怖い」という題になるのかな? 不勉強で恐縮です)。林家ぺーは、冒頭で森光子逝去を話題にしていた(ご存命の方の中では原節子と山口淑子が同い年、とか)。川柳はお元気そうだが、最近拝見する度にお痩せになっているように見えるのが気がかり。馬の助「権助芝居」は、「今年のお軽はマツコ・デラックス」というサゲで、百面相は、まあいつも通りと思うが、大黒様、戎様、達磨大師、分福茶釜の狸。

この日の演目は以下のとおり。

林家まめ平・・・・・真田小僧
三遊亭玉々丈・・・・ニワトリ
大空遊平・かほり・・漫才
春風亭一蔵・・・・・薬缶
柳家小せん・・・・・饅頭怖い
松旭斉美智・美登・・奇術
古今亭駿菊・・・・・あくび指南
橘家圓太郎・・・・・浮世床
柳家小菊・・・・・・俗曲
初音家左橋・・・・・時そば
林家種平・・・・・・ぼやき酒屋
林家ペー・・・・・・ギター漫談
三遊亭歌る多・・・・町内の若い衆
(仲入り)
川柳川柳・・・・・・歌は世につれ〜春の甲子園入場曲
ホームラン・・・・・漫才
金原亭馬の助・・・・権助芝居〜百面相
桂文生・・・・・・・無精床
翁家和楽社中・・・・太神楽
三遊亭圓丈・・・・・前座さら口の夕べ

2012年11月06日

日本橋夜のひとり噺 第Ⅲ期・第四夜

(初出:Facebook「落語総見」グループ https://www.facebook.com/groups/rakugo99/)

お江戸日本橋亭にて。古今亭今輔の独演会。

オフィスぼんが主催の落語会。今回の古今亭今輔独演会は第Ⅲ期の四夜め、一期12夜のようだから、通算28夜めになるのかな? 私は初めての参加。

前座のさん坊は、さん喬の弟子との由。「真田小僧」のお父っつぁんと子供の演じ分けがまだ不明瞭な印象だったりはするものの、北海道別海町の出自をネタにしたマクラは面白く、朴訥な感じを活かした芸風が熟成されるとよいなと思った。

今輔は、寄席で何度か聴いたことがあるだけだったので、今回じっくり三席聴いて、独特のすっとぼけた味わいを存分に楽しんだ。新作落語を聴いていて、たまに作者の頭のよさそうなところが鼻につくことがあるが(主に聴いているこちらの精神状態に拠るとも思うが)、今輔の場合は頭のよさそうなところが全く感じられず(褒めてます)、無心に笑いを楽しめた。

とはいえ、くだらないという印象のギャグでもその畳み掛ける順番とか、話の流れの中で意外な笑いを滑り込ませる塩梅などは、相当考えているなとは思った。それでいて聴いている最中は全く嫌味を感じさせず、ただただ軽やかに笑わせてくれるところに、大変感心した次第。

質問コーナーは、主催の演芸研究家・瀧口雅仁とのお喋りで、来場者から寄せられた質問をネタに、落語に目覚めた頃の話や、両者ともにクイズマニアである話などを展開。これも爆笑。こうした「お楽しみ」も含めて、とてもよい会だった。

演目は以下のとおり。今輔の新作については、それぞれ簡単な筋を書いておきます。

柳家さん坊・・・・・真田小僧
古今亭今輔・・・・・札-1グランプリ
※お札の肖像に用いられる歴史的人物は、どうやって選ばれるのか…… という疑問から、財務省が歴史的人物オーディションを行うという噺へ展開。太宰治、坂本龍馬(のふりをした武田鉄矢)、織田信長がエントリーする。
古今亭今輔・・・・・飽食の城
※信長の西国進出で包囲された城が、羽柴秀吉の兵糧攻めに遭うものの、なんと城から武具までがいつの間にかお菓子で作られていて、兵糧攻めを乗り切る、その顛末。
古今亭今輔、瀧口雅仁
・・・・・・・・・・質問コーナー
(仲入り)
古今亭今輔・・・・・ハードボイルドのカリスマ
※作家・北方謙三をモデルにしたハードボイルド小説のカリスマ、北山謙三郎が、故郷佐賀で思い出を語る取材を行っているときに、幼馴染みが出てきて、北山の恥ずかしい過去を暴露しまくり、化けの皮を剥がしまくる、という一席。

Calendar

2016年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ