« 2012年11月 | メイン | 2013年01月 »

2012年12月24日

テリー・ハフ追悼

つい先日の12月14日、テリー・ハフが逝去。

人の死について、ネット上で発言するのはあまり好むところではないが、今年の夏にたまたま友人に向けてテリー・ハフの略歴を翻訳して送ったりしていたので、追悼の意をこめて、その全文を記載しておこうと思う。

推敲などせずに翻訳したものなので、誤りなどご指摘いただければ幸い。

原文)
http://www.allmusic.com/artist/terry-huff-mn0000028733

テリー・ハフは、ワシントンD.C.を拠点にした無名の歌手で、主に東海岸でヒットした、痛みに溢れた「The Lonely One」の歌い手として知られる。

テリーはノース・キャロライナで生まれ、メリーランドのいくつかの養育施設で育った。幼少期に教会で歌い始めたのち、学校のタレントショウに出演するようになる。タレントショウでは、テリーは兄のアンディと共に、リトル・リチャードやエヴァリー・ブラザースの歌を歌っていた。

テリーは、1959年にワシントンD.C.に移住。そこでハフ兄弟は、街角や家々のポーチで歌うという活動を行う。

1962年、ハフ兄弟は、ヴァン・マッコイのために新しく結成されたグループのオーディションを受けたが、落選。が、幸運にも、翌1963年にはレストランのオーナーが主催するニュー・ヨークでのレコーディング・セッションに参加でき、Andy and The Marglowsとして「Just One Look」をLiberty Recordsのために録音した。

この曲が発売された二週間後、Doris Troyが同じ曲を発表し、そちらはヒット盤となった。Troyの盤はこの競争に勝利を収め、その後The Marglowsの盤は日の目を見なかった。続く「I'll Get By」は、ワシントンD.C.のいくつかのメディアで採り上げられたが、セールスは振るわなかった。二度目の失敗のためLiberty Recordsをクビになり、Andy and the Marglowsは過去の存在となった。

1960年代中盤、ハフ兄弟はヴァン・マッコイを含む幾人かのプロデューサーを訪ねた。が、彼らはまた受け入れられることはなかった。

テリーは学業を終え、ワシントンD.C.の警官となったが、1973年頃、また音楽の虫がハフ兄弟の中に蘇った。テリーはアル・ジョンソン(The Unifics)と親交を持つようになり、1974年に警官をやめ、Act1というグループを結成してSpring Recordsのために録音した。

このグループは、その後Spring Recordsを離れMainstream Recordsに移籍、それに伴いグループは再編成され、名前もThe Special Deriveryと改めた。テリー・ハフとジョージ・ベイカー、チェスター・フォーチュン、レジナルド・ロスは、テリーが書いた悲痛なバラード「I Destroyed Your Love」を持って、ヴァン・マッコイのオーディションを受けた。この曲は、即座にQuiet Stormラジオ局でひっぱりだことなり、R&Bチャートの最後のほうに残った。だが、Minstream Recordsが次の録音を準備する前に、グループは音楽的、商業的、また個々人の意向の違いにより、解散してしまう。

その後、テリーは、アル・ジョンソンの助けを借りて、ふたりの兄弟(アンディとジミー)をバッグ・ボーカルに迎えた「The Lonely One」をプロデュース/録音するが、Mainstream Recordsは商業的な理由により、この曲をSpecial Delivery featuring Terry Huff名義で発表した。この曲の成功は、アルバムの企画につながり、テリー・ハフとアル・ジョンソンは、アルバムの制作のため大急ぎでニュー・ヨークを訪れた。しかしアルバムは成功には至らず、テリー・ハフは契約を探しに(仕事を探しに、か?)ワシントンD.C.に戻った。

一方The Special Deliveryは、再び表舞台に現れ、ときどき小さなレコード・レーベルで作品を制作した。「Living on the Run」というアルバムも発表したが、商業的には振るわず、やはりR&B界からは静かに姿を消して行った。

2012年12月20日

新宿末廣亭12月中席昼

(Facebook「落語総見」グループと同内容 https://www.facebook.com/groups/rakugo99/)

新宿末廣亭12月中席昼

先日拵えた、家内の絵の複製を世界堂に額装に出し、出来上がるまでの時間潰しに末廣亭の昼席へ。

こういう、昼間の用事と用事の間に空いた数時間を有効にでも無駄にでもなくのんびり消費したいとき、用事の近場に寄席があると有り難い。昔のような名画座があれば映画でもいいが、途中入退場がしにくく(できなく)なって久しいし、新宿ならPIT INNの昼という手もあるが、これも好みの演奏者が数人出てるセッションでないと入りにくい。

その点寄席なら、お目当てがひとりふたりくらい出てればあとはぼおっと座って聴いている、といったような姿勢も許されるし、適当な時間に入って適当な時間に出るのも習いだ。

で、そういう場所は寄席以外だとストリップ小屋くらいかななどとその有り難さを噛み締めつつ、謹んで時間潰しに利用させてもらった次第。

という次第なので、慎みつつもそんなに真剣に聴いてはいなかったのだが(すみません)、入るなり最近贔屓の古今亭今輔なのが嬉しかったし、お目当てのうめ吉を挟んだ遊吉「芋俵」の調子のよさと金太郎「替り目」の車屋、亭主、女房それぞれの鮮やかさには、ちょっとハッとさせられた。

うめ吉は、この日は声が出てなくてちょっと聴こえづらかったかな。しかしあの姿形の縮尺感や、ゆっくりとたおやかだが可笑しみを湛えた語り口などには、やはりくらくらした。「京の四季(秋冬)」の踊りなどもぐっと来たなあ。

あと、「天狗裁き」などあまり聴いたことがなかったので、トリでかかって嬉しかった。

落語そのものとは関係はないが、途中から入ってきて下手側の座敷に座ったのがやたらと高座に向かって声をかけたり感想をすぐにいちいち口にする男で、些か鬱陶しいなと思っていたのだが、あの顔(と例の派手な着物)の古今亭壽輔が高座に上がるや「だんな喋り過ぎ」「リピートしなくていいよ」「もう一回なんか言ったらレッドカード」と立て続けに注意されてたのが面白かったな。こういうのも、ホール落語ではあまり見かけない風景だなあと思う。

その男ほどではないが、客席全体に、出の際の拍手が遅かったりまばらだったり、高座への集中力を欠いた印象もあったが、まあそういうのも寄席だとよく遭遇するし、だからなんだというわけではない。

そんな具合で寄席という場所自体を楽しんだ半日でしたが、以下、この日の演目。

古今亭今輔・・・・・極同窓会
桂米多朗・・・・・・粗忽の釘
青年団・・・・・・・コント(教師と生徒、歴史ネタ)
桂歌若・・・・・・・看板のピン
三遊亭遊吉・・・・・芋俵
檜山うめ吉・・・・・俗曲(三階節、品川甚句、深川くずし、小唄・しげく逢うのは、踊り・京の四季(秋冬))
山遊亭金太郎・・・・替り目(元帳まで)
三遊亭圓遊・・・・・二番煎じ
新山真理・・・・・・漫談(楽屋介護ネタ)
桂米丸・・・・・・・漫談(志ん生の思い出ほか)
(仲入り)
春風亭愛橋・・・・・動物園
Wモアモア・・・・・漫才
三遊亭遊之介・・・・雛鍔
古今亭壽輔・・・・・焼肉戦争
やなぎ南玉・・・・・曲ごま
柳亭楽輔・・・・・・天狗裁き

Calendar

2015年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ