« 2013年08月 | メイン | 2013年10月 »

2013年09月30日

9月まとめ(21〜30日)

9月21日(土) 朝5時過ぎ起床→西桐日誌更新→『Chotto』uke練→10時過ぎ早くも午睡→昼食後シャワー浴びてから駅前の酒屋で雑賀2本買ってから赤坂へ→乃木神社でちょっと時間つぶしたりしながら、5時ちょっと前に日埜事務所訪問。さっそくビールで始める→あとはメインのシュールストレミング(マッシュポテトとトゥンブロード)や、鯖缶、たらの子缶、あんきも缶、蜂の子缶、イナゴ缶、エスカルゴを突きながら、ビール、御酒、泡盛、ウォッカ。シュールストレミングは案の定臭かったが意外にいけ、他の缶詰もうまかった。ただし味が濃いので、すぐに満腹感を覚えるが。よんます氏ともお会いできうれしかったが、氏は撃沈。私も酔ってたので御頭にペットボトル載っけるなどいたずらした。申し訳ありません→平和にお開きし、電車で帰宅。意外に記憶はしっかりしていたようだ。
9月22日(日) 終日廃人。そんなに呑んだつもりはないし、記憶もあるのだが、思い出してみると、ビール、泡盛、焼酎、御酒、ウォッカをチャンポンしていた→食事はラム肉とひじきと大豆のカレースープのみ。ついでなので、次に出かけるまで久々に断食断酒しよう→午前1時就寝。
9月23日(月) 朝7時起床→大豆は一晩水に浸けておくと、小一時間炊くだけでよいことがわかった→シャワー(二日ぶり)→昼食後、ひじき大豆スープに出汁を足して増量→『Native』トランペットがゲストなのを想定してアレンジ検討→だいたい完成→夜中ビール一本だけ呑みながら『ギターを持った渡り鳥』を見る。いい映画→今日はほぼひじき大豆スープのみ。少量の米と、あと晩に鶏の唐揚げをみっつ食べたくらい。しかし夜中に食べてしまった→午前3時半就寝。
9月24日(火) 朝8時過ぎ起床→『あまちゃん』後、BSにしたらたまたま『びんぼう一代~五代目古今亭志ん生~』と『江夏の21球』やってたので見る。若い池波志乃の姿に久々にしびれた。『江夏』もいいドキュメンタリー→『ミザルウ』考え始めるがいいアイデア浮かばず→ビール呑んで午睡→岡村隆史の出た歌舞伎(と言っていいのか?)は見たかったな→0時前就寝。
9月25日(水) 朝7時起床→『ミザルウ』の作業と午睡→『ギターを持った渡り鳥』見ながら呑んで就寝。夜10時頃か。
9月26日(木) 朝8時起床→西桐展企画まとめと『ミザルウ』作業→午後からPIT-INNにて秘宝感見物→夜は赤坂で劇団S.W.A.T!『巣鴨バスターズ都会(まち)へいく』見物→秘宝感は、もっと猥雑な見世物を想像していたので、最初やけに健全なフリージャズと感じたが、演奏が進むにつれそんな自分の感興はどうでもよくなった。でもせっかくああいう編成なのだから、もうちょっと肉のにおいなどが漂ってくるといいなとは思った。レオナ先生に遭遇→中根商店で一杯。今日は全体に、なんだか生っぽかった気がする→赤坂見附に移動し、レッドシアターにて劇団S.W.A.T!『巣鴨バスターズ都会(まち)へいく』見物。これまで観てきたものと比べると、泣かせの割合がやや多めの感じだったが、泣かせつつそこにまぶす笑いの塩梅をうまいこと調整して、観る側の心を揺さぶるところは相変わらずさすがであった→同行の友人夫妻と、あと出演俳優とで、久々にマルーモ(多分24〜5年ぶり)。特に変わりはなかったと思う。食事を堪能→赤坂から電車で帰宅。午前1時頃就寝。
9月27日(金) 朝7時起床→『あまちゃん』二回見てから二度寝→昼頃起床→シャワー→飲酒→午睡→ドリフの『やればやれるぜ 全員集合』見ながら晩→深夜3時頃就寝。
9月28日(土) 朝8時起床→『あまちゃん』最終話。一度ではそんなにガツンとこなかった。最終話でもいつものようにいろいろな挿話が詰め込まれていて、寝起きの頭で整理するのが追いつかなかったのかもしれない→二度寝→10時半起床→夕方下北沢に出て久々にモエツ・カリー→時間あまったのでグラニフでTシャツ見るつもりが、コートを買ってしまった→トリウッドにて石坂アツシ監督『春杣人』と『ふるべのかむわざ』の二本を鑑賞→静岡ソウルおでん初→帰宅後夜あま見て、これにてほんとに終了→『ミザルウ』少しいじってから就寝。午前2時過ぎ。
9月29日(日) 朝10時起床→一日中ゴロゴロしていたが、『ミザルウ』だいたい見えてきた→午前4時頃就寝→と思ったが、『8 1/2』観ながら飲酒。朝7時就寝。
9月29日(日) 朝10時過ぎ起床→新しい朝ドラ見る。子役が可愛い、以外、まだ感想なし→『笑っていいとも』の大友良英見る→『ミザルウ』8割くらいまでは行ったかな→夜、土岐麻子が出るというので『Qさま』見るが、一声も発しないので中断(翌日録画を確認したが、ほんとに一瞬出ただけのようだ)→『あまちゃん』一週分を見返す→0時前就寝。

2013年09月26日

劇団S.W.A.T! 第48回公演
〜四大海流世直し突撃人情芝居〜
巣鴨バスターズ都会(まち)へ行く

於赤坂レッドシアター

劇団S.W.A.T!

作・演出:四大海

出演:清水浩智、滝佳保子、中友子、瀧下涼、渡辺有希、田村真美、貞広高志、望月敦、鈴木義英、森屋正太郎、知野三加子、常松花穂、原美由紀、四大海、大場真人、横山一敏

秘宝感

於新宿PIT INN

秘宝感:斉藤 良(ds)、スガダイロー(p)、纐纈雅代(as)、佐藤えりか(b)、石井千鶴(鼓)、熱海宝子(秘)
ゲスト:オズワルド・コアメ(per, voice)

2013年09月20日

9月まとめ(11〜20日)

9月11日(水) 朝9時起床→趣味のテープ起こし→落語ムック版元にご挨拶のメール送り、ついでに『寄席手引』献本手配→シャワー→尾形が氷川きよしを見に出かけたため、ひとり夕方から酒肴仕込みながら飲酒。昆布の素揚げを試してみたが、簡単でなかなかいける→寝しなに尾形帰ってくるも、姿見ずに眠ってしまった→深夜起きて水を飲みに居間に行ったら、尾形が床に倒れていて吃驚。起こしたら、ただ酔って寝てしまっただけだった。寝室に運んで寝かしつける→そのまま目が覚めて(翌日に続く)
9月12日(木) 朝6時起床→すぐに二度寝→起床昼食後、『Chotto Matte Kudasai』ベースとピアノ埋める。細かいところはまだまだ→夕方も寝てしまう→10時頃起きて晩飯、というか晩酌。『Woman』最終回見る。子供だけで写っている写真がドラマの最初と最後に使われるのが気になっていたが、母親(満島ひかり)が死んでしまうという暗示ではなかったようだ。あ、でも、最後のシーンで母親が庭から帰ってくるところ、母親が一瞬妹(二階堂ふみ)に見えて、酔っ払って見てたのでそこが謎→深夜2時過ぎ就寝。
9月13日(金) 朝7時起床→朝食後、レコード整理→『Chotto Matte Kudasai』ピアノ詰め→どうしても午後寝てしまうなー→『Chotto Matte Kudasai』現状デモをバンド宛に公開→晩、録画の『三人よれば』とても楽しい。そのあとは『あまちゃん』の音楽の番組、演奏はいいのだが番組の構成がちょっとぎくしゃくした感じに感じた(何を伝えたかったのか?)。そのあとの『大阪西成貸しロッカーブルース』も底が浅い感じがしたが、題材が題材だけにずっしり来た→午前1時前後就寝。
9月14日(土) 朝6時起床→10時過ぎ出発→室町砂場で一杯→お江戸日本橋亭にて「敬老演芸会」見物。快楽亭ブラック、ブラ坊、坂本頼光、梅田佳声、川柳川柳。どこが「敬老」なのかわからなくて可笑しかった→上野に出て、ジーンズ屋で501買い、乾物屋で煮干しやらひじきやら買ってからまるかやで一杯。うっかり豚レバ刺し食べるが、うまいし特になんでもなかった→湯島まで歩いて電車で帰る→駅前で食料調達。タクシーかなと思ったが、がんばって歩いた。歩いたらそれほどでもなかった→西桐日誌更新→シャワー後飲酒、午前2時頃就寝。
9月15日(日) 朝10時起床。終日台風と思ったが、午前中には一度明るくなった→午後も晴れ→『Chotto Matte Kudasai』にウクレレソロ追加→打ち込んでみるとあまり面白くないなー。どうしたものか→ビール呑んで午睡→起きて晩。『半沢直樹』最終回だと思っていたので、最後にびっくり。あそこで翻意を描くには、逡巡の描写が足りないと思った→何時に寝たか忘れた。
9月16日(月) 何したか忘れてしまった。『Chotto Matte Kudasai』の作業はした。
9月17日(火) 朝7時過ぎ起床→『Chotto Matte Kudasai』作業→午後まず日比谷に出て、歌舞伎蕎麦までぶらぶら歩いて蕎麦→そこから月島まで歩き、牛もつげんきで一杯。もつとナンコツ。月島は遠い印象があるが、歌舞伎座辺りからだと歩いて30分かからない。歌舞伎のあとに寄ったりできるな→一条さん山岸さんと合流して、一条さん設計の住宅を見学。いろいろ感想をお伝えする→ちょっと並んで岸田屋。くさやなどで一杯。ここもいい店だが、開店前に列ができていたり、そういう客層が多かったりで、観光名所かアトラクションめいしてしまっているな。それが残念→もう一件焼き鳥屋で呑んで解散。ひとり大川に向かって放尿、かちどき橋から築地辺り〜銀座五丁目七丁目辺りをうろうろしたのち、ふと思いついて帝国ホテルのバーへ。しかしサンダル履きであることに気付き、すごすご帰る。爽やかに断ってくれた案内の人がよかったな→きちんと電車で帰り、シャワー浴びて就寝。深夜1時頃。
9月18日(水) 朝8時起床→若干宿酔いだが、おつけ〜おつけかけご飯〜麻婆豆腐の順に朝食食べたら回復→尾形出かけたあと午睡→晩の仕度→シャワー→飲酒→『ショムニ2013』最終回。悪くないドラマと思ったが、ものすごくダサい部分が多いので、名を残すことはないだろうな→午前1時頃就寝。
9月19日(木) 朝8時過ぎ起床→『あまちゃん』は急速に終わりに向かって進んでいる様子。ええっという驚きはもうないのか? ありそうな気もするが→『Chotto Matte Kudasai』まあだいたい完成か→バンド宛公開→昼は久々にSavanna。ルリさんに歓迎してもらってうれしい。新メニューだというマトンのシチューがうまかった→月見団子買ってすすきもらって帰る→午睡→月見団子に醤油で口開け→昨日の『ショムニ』と、あと『なにはなくても全員集合』録画を呑みながら再見→夜0時前後就寝。
9月20日(金) 朝8時起床→『あまちゃん』から能年玲奈出演の『あさイチ』。大きなお世話だが、ドラマ終わったあともたくさん働かされそうだな→午後はまず日本橋と八重洲。缶詰調達。まずは八重洲の北海道フーディストを覗くが、熊、エゾジカ、トドはカレーの缶しかなく断念。それからよもだそばで小腹満たしてから日本橋の、国分が経営しているROJIで缶つまシリーズ見物し、その中から何種類か選ぶ→銀座線で渋谷に出て西武で尾形の買物。Oさんの誕生日プレゼントにお菓子をと思い同じ西武の地下で探すが、売り場がしょぼくて買う気せず。行きたくないがヒカリエまで足を延ばしたらちょうどよいのがあったので購入→キリンシティでビール呑んでから、渋谷CBGKにて「清水宏のジャパニーズ・ロッキー!!」見物。今年8月のエジンバラ・コメディ・フェスティバルへの参加の模様をネタに、二時間ひとりで喋りっ放し。すごいエネルギーの渦で、笑いっ放しだった。面白かった。誘っていただいて感謝→久々に麗郷で晩→電車で却って即就寝。深夜1時頃。

清水宏のジャパニーズ・ロッキー!!<海外編>
〜2013イギリスコメディフェス殴り込み日記

於渋谷CBGKシブゲキ!!

作・演出・出演:清水宏

2013年09月14日

敬老演芸会

於お江戸日本橋亭

出演:快楽亭ブラ坊、坂本頼光、快楽亭ブラック、梅田蛙声、川柳川柳 

快楽亭ブラ坊・・・・十徳
坂本頼光・・・・・・サザザさん第5話、第6話
快楽亭ブラック・・・厩火事
(仲入り)
梅田蛙声・・・・・・紙芝居(ポオちゃん、金色夜叉)
川柳川柳・・・・・・楽屋助平列伝

2013年09月10日

9月まとめ(1〜10日)

9月1日(日) 朝6時半起床→おとついの演芸ホールの模様まとめ(ブログ)→尾形ホームページ更新→午睡→晩の仕度と晩酌→水木しげる原作というドラマも、バカリズムのコント番組も、期待はずれだった。どちらから言うともなく、茶の間が解散した→7月に大豆炊いたのを食べ過ぎたか、せっかく減った体重が今年初めて70kg台に戻ってしまっていたが、その後三週間かけてゆっくり、なんとか60kg台(といっても69kg台)に戻すことができた(三週連続マイナス)。引き続き頑張ろう→『半沢直樹』見てバカ話で笑って就寝。夜11時前後。
9月2日(月) 朝6時起床→朝飯喰ってまた寝る→NHK『スタジオパーク』に直子さん出てるの見る。インタビューに答える大友良英を見て、松井秀喜の顔と喋り方、小倉久寛の表情を思い出した→ようやく完成した尾形作のシャツ着て(大変具合がいい)、夕方新宿へ。山根商店と吉野経由でチンドン音楽マニアックサロン東京編(於カフェ★ラバンデリア)へ→ちんどん通信社林幸治郎による数々のチンドンの歴史的証言、とても面白かった。唄とコルネット演奏も披露、進行と演奏の相方を務めた月島宣伝社堀田裕子(ゴロス)もよかったなー。高田洋介さんにもご挨拶できた→魔酒場にちょっと立ち寄り二千円コース→電車で帰宅。シャワー浴びて深夜0時過ぎ就寝。
9月3日(火) 朝6時起床→特に一日何もせず。昨夜のチンドン音楽マニアックサロンの模様をこっそり録音したので、そのテープ起こしを途中まで、くらい。昼寝ていたので、夜中まで起きていた。
9月4日(水) 何時に起床、という感じではなかった→特に一日何もせず。夕方まで寝っ転がっていて、もぞもぞ起き出して晩酌から晩飯。夜11時頃就寝。
9月5日(木) 朝6時起床。ひどい雷と雨が昨夜から断続的に→昼過ぎには晴れる。姉宅に古い児童書を受け取りに行く→帰宅後午睡→明日持ってく盤選定。ダサいディスコが意外にあった→晩酌と晩飯はさんで朝4時まで遊んでしまった。4時半頃就寝。
9月6日(金) 朝8時起床→朝食とシャワー→午前11時出発→外環回りと思ったが、環八が混んでいたいので、甲州街道から首都高コースに変更したのが当り→守谷で休憩、カツカレー→午後2時過ぎ、水戸着。いったん画伯にご挨拶に寄る。惨状をいろいろ伺い、的場さんにもご挨拶→それからホテルにチェックインし、ビール呑んでから、ガールズバー(もつ焼き長兵衛)にてビールと酒二合。ここで結構酔っ払ったようだ→ぶらぶら歩き、iPhoneの電源アダプター買ってから、磯崎の店へ。ここでは赤葡萄酒のみ、ほぼ出来上がった。磯崎の会社の人や、画伯の単身赴任仲間の方といろいろ話す。的場さんともちんどん通信社の話をしたような気がする。磯崎には、画伯をそろそろ解放すべきだと小言を言ったと思う→あるいて変態インモーに移動。結構喋ったが、内容は忘れた。画伯がいらしてしばらくしておいとま→宿は隣だが、何時にどう帰ったかは不明。
9月7日(土) 朝8時半起床。ひどい宿酔い→朝食にコンソメスープとカレースープがあるのが助かった→朝食後、二時間延長し、昼まで眠る→昼過ぎ、仕方なく帰途に。店に寄ってレコード受け取り、さらに惨状聞く。試食もするが、なぜ?という味。経験がなく頭で考えたものという印象。大丈夫か→おいとまし、昼どうしようかなと迷ったが、京成で土産買いがてらと考え、駐車場にクルマ入れてからちょっと歩いてぬりやに。四五十分待つ甲斐のある深い味わいの鰻だが、宿酔いにつき半分で諦め、残りは折りにしてもらう→京成で土産の舟納豆買い、帰途に着く→常磐道はゆっくり走り(といっても時速90〜100km)、外環降りてから環八がちょっと渋滞したものの井の頭通りから甲州街道に抜けて、割とスムーズに帰宅。夕方5時過ぎ→シャワー浴びてSUKIYAKA打ち合わせへ。一時間遅刻したが、有意義な打ち合わせだった→打ち合わせ後、そのまま打ち合わせ会場であるFlapperの一階に移動し痛飲。終電なくして歩いて帰宅。三時間くらいかかったかな。午前4時過ぎ就寝。
9月8日(日) 終日ダウン。オリンピック東京に決まる。暗澹たる気分になる→夜、『Chotto Matte Kudasai』SUKIYAKAウクレレ版のアレンジをちょっと考える。途中の展開をどうするかな。午前1時頃就寝。
9月9日(月) 朝8時過ぎ起床→『Chotto Matte Kudasai』コード進行まとめとウクレレ仮録音→午睡→『夫婦善哉』二回め見ながら晩→落語ムックの宣伝など→シャワー→深夜1時前後就寝。
9月10日(火) 朝7時半起床→『Chotto Matte Kudasai』歌入れてみるなど→画伯日誌更新→編曲進めるがあまり進まず。イントロのピアノの感じは好きだが、ありきたりといえばありきたり→昼酒午睡→晩はまかない当番。『夫婦善哉』三話めも見る→晩のあと即就寝→夜中に目覚めて諸々。午前4時頃再び就寝。

2013年09月02日

チンドン音楽マニアックサロン 東京編vol.4~我が追想の大阪チンドン世界

於新宿・カフェ★ラバンデリア

ご案内:林幸治郎(ちんどん通信社/唄とコルネット演奏 from大阪)
進 行:堀田裕子(月島宣伝社/ゴロス演奏)

前回、二月に同じ場所でこの催しを見物したときは「vol.5」だったのに? と思いつつ、大変楽しんだ。

1980年代に飛田新地青空宣伝社で住み込み修行し、昭和後半のチンドンの生き証人である林幸治郎による、自らの青春時代の話を交えた様々な体験談、観察談は、記憶が明らかな様子なのと話が上手いのとで、自分が体験したかのような臨場感を味わえた。

話の合間に、堀田裕子のゴロスと共にコルネットの演奏と唄も披露。演目は、概ね下記のとおり。

01 おしどり道中
02 

(途中)

Calendar

2015年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ