« 2013年11月 | メイン | 2014年01月 »

2013年12月31日

12月まとめ(21〜31日)

12月21日(土) 朝9時起床→朝食にガーリックトーストを食べたら、ニンニクの量が多過ぎてダウン→魚真に正月の手配してから、夕方まで寝る→昆布の煮〆など作りながら飲酒。『四十八歳の抵抗』(録画)など見る。話は面白いが、出来が悪いというか、雑な映画だなと思った→夜11時頃就寝。
12月22日(日) 朝食後、午睡→昼3時に起きて有馬記念買う→外れ→風呂→『蛇姫様』と、あと『劇作家・井上ひさし 誕生の物語』を途中まで。『劇作家・井上ひさし 誕生の物語』は、奥さん(先妻)の描き方(というか女優の選択自体か?)がものすごく嫌な感じだったのだが、その行動はちゃんと取材したのだろうけれども、その人物の“感じ”もあんな感じだったのだろうか。気になるところ。個人的な趣味だが、あまりに嫌な感じだったので、酔っていたこともあり途中で見るのを断念してしまった→0時前には就寝したが、いつものように、午前2時頃起きてしまう。朝10時までに20分以上日の光を浴びると夜眠れるようになる、という文を目にしたので、明日から試してみたい。
12月23日(月) 結局ウクレレの練習などしながら朝まで起きていて、7時前後に20〜30分ほど散歩→昼過ぎまでまたウクレレ弾いたりして起きていて、午後2時から2時間ほど午睡→請求書出しがてら祖師谷へ→久々に丸福。煮込みと焼き鳥、もつ焼きで三杯→ムリウイに移動し、“昭和歌謡ラボ・リンキー&オーヘンの紅白歌合戦”を見物。とてもいいライブだった。出演者全員が一曲は唄う中、歌の専門家ではない関島岳郎の唄った『乙女のワルツ』に自然に涙が溢れた。いやあ楽しかった→終演後星さんと久々にお話し、打ち上げは失敬して歩いて帰宅。帰宅後即就寝。
12月24日(火) 朝8時半起床。昨日朝日を浴びた所為か、はたまた深酒の所為か、夜中一度目が覚めたもののぐっすり眠った→が、若干宿酔い→昼前後午睡→午後、買物とクリーニングに出したセーターを取りがてら千歳船橋方面へ。改築後の代一元を初めて訪問。店が新しく清潔になった分、味も向上したような気がする。これからも重宝しそうだ→ケーキは買えなかったが、ドイツパン屋でシュトーレンが買えた→晩飯お供は大島渚『御法度』。これまた出来の悪い映画だった。これが遺作になってしまったのは、本人も忸怩たるものがあるだろうと思う→夜11時頃就寝。
12月25日(水) 深夜2時に目が覚め、そのまま眠れず。昨日も朝日を浴びたのだが、やはりちゃんと外に出ないとダメかな?→その分、午前中なにか泥のように寝た。アメリカに行ったが帰ろうとしたところ所持金が五千円しかなく、仕方がないので船で帰ることにしたら、赤坂見附でおろしてくれるという、という夢を見た。アメリカに着いたとき、なぜかそのとき食べていた弁当をボブ・ディランに褒められたのだが(トウモロコシと一緒に食べると野菜の栄養素の吸収がよい云々)、そもそも居場所がアメリカってところが大雑把だった→昼ドラ見てから世田谷の都税事務所まで散歩。自動車税はちゃんと払っていた。よかった→また歩いて経堂に戻り、ミラベルでケーキ買い、米屋で餅を注文→帰宅しクルマで灯油を買いに出る。この10日ばかりで、1リットル当り1円値上げされていた→大松で一杯。出前用のバイクを小綺麗なのに新調していたので、店内の様子を覗いてみたら、店内も微妙に綺麗になっていた。びっくり。でも、掃除用具(モップ)は出しっ放しだ。私が注文した鴨南蛮を作り終えた店主は、蕎麦を卓に置いたのち、自分も悠々と客席に座り、TVのニュースショーを見ながら煙草を燻らせ始めた。そこに隣の電気屋の親父が来て、なにかこそこそ打ち合わせをしたかと思うと、やおら黙々と電動ドライバーで電灯の修理を始めた。変に小奇麗で落ち着けるような店になってなくてよかった。→晩に『ブラック・スワン』。面白かったが、いろいろ物足りなかったな→『木更津キャッツアイ』の映画版を録画しといたので見ようと思ったが、つまらなくて眠くなり、途中で諦めた。夜11時頃就寝。
12月26日(木) 朝6時起床→朝ドラ後とても眠くなり、また昼過ぎまで寝てしまった。いやなペースが出来つつある→昼食後、霞ヶ関から銀座八丁目の三原新店〜日本橋丸善と回り、神保町に出る予定→三原は、おばちゃん元気そうでなにより。店は狭くなっていたが、品揃えや営業時間は変わらず。安心安心→お銚子二本だけ呑んでから、歩いて日本橋丸善にて傘の修理を依頼。途中気になる酒場をふたつ発見→それから神田付近を通って神保町へ。東京アチコーコーにて、ウクレレ教室の友人らと会食。たくさん喋り、たくさん呑んだ→電車で平和に帰宅。
12月27日(金) やや宿酔い→『天国の恋』終了。最後に子供のカップル(高校生という設定だがどう見ても子供)が誕生して爆笑→午後、クルマを車検に出しにローバー三鷹へ→ローバー三鷹から小一時間歩いて三鷹駅→高円寺ちんとんしゃんに寄り、ご所望の『喜劇とんかつ一代』のビデオ渡す→尾形から電話あり帰宅→いったん寝るが夜中に起きていろいろ相談。
12月28日(土) 朝まで起きて、朝ドラ二本見てから就寝。どちらもよい話の展開だった→午後深川に出て、深川いっぷくにて『ミヤタリティとラショリズム』の展示を見物。ラショウさんの石を使った作品がよかった→舞踏もあったが次があるので残念ながら失敬し、目を付けていた蕎麦屋の本多屋で一杯。ある意味理想的な蕎麦屋→珈琲飲んだりぶらぶらしてよさそうな呑み屋見つけたりしてから、開座にて黒田百合出演の『滝雲様 コノハナサクヤヒメ』を見物。その意味するところがなにかは考えずに見たが、不気味さ、怖さ、可愛らしさ、美しさ、儚さ、哀れさ、悲しさなどいろいろなものが渦巻く舞踏を楽しんだ。夜回りの火の番の掛け声に即興で呼応したり、マッチとスプレーおよびやかんの極小の規模ながら本火本水が使われてたのも面白かった。成田彰俊、伊藤啓太、竹下友美による音楽がまた素晴らしく、成田彰俊の“弾き唄い”はまた聴きたいと思った。流しの人かなと思ったが、果たして。この公演では『赤い橋』(浅川マキ)、『富士山』(森進一)、『てんとう虫のサンバ』(チェリッシュ)、『山河』(五木ひろし)、『風雪流れ旅』(北島三郎)が唄われた→まっすぐ帰宅し、入浴後歌謡番組の録画を見て悪口を言っながら飲酒。佐久間正英の番組(これも録画)を見てから就寝。佐久間正英という人は、いろいろ学ぶべきところのある人物だと思う。
12月29日(日) 終日だるくて横臥→午後、魚真と米屋に、お節の食材と正月の餅を引き取りに。途中立ってるのが辛くなり座る→帰宅し再び横臥→風呂→今日は夕食時ビール一本のみ→夜中あまちゃんビッグバンドのライブ完全版の放送や『TRICK』の再放送見ながら、ラムお湯割(一杯目はホットバタードラム)二杯呑んでから、朝方就寝。
12月30日(月) 昼頃起床→ようやく大掃除→寝室、ガレージ(デッキブラシがけ)、階段などをやっつける→あとは忘れた。
12月31日(月) 午前中大掃除。浴室と洗面所をじっくり→午後、老父宅を訪ね、年越し蕎麦。足が心配だが、他は健康診断の結果は概ね良好という。まあ来年から、週に一度は訪ねることにする→経堂で買物し帰宅→すき焼きつつきながら紅白見物。『あまちゃん』関連がお目当てだったが、綾瀬はるかの司会っぷりは思わぬ収穫→蕎麦手繰ってから寝る。

2013年12月20日

12月まとめ(11〜20日)

12月11日(水) 午前11時起床→朝食(カップヌードルカレー)後、割とすぐ昼食。そして午睡→夕方起床し飲酒。ヤンさんが出る番組を見たが、取材人数も中途半端だし、全体的に企画倒れな気がした。ヤンさんの、「死にたい人にかける言葉は」という問いへの「銭湯に誘って一緒に入ってから酒を呑む」という回答は実用的でよかった→『リーガルハイ』『ダンダリン(最終回)』の録画も見る。『ダンダリン』は、ちょっと最後まとめようと急ぎ過ぎたかな。辻褄合わせ過ぎなのは興醒め。全体的には地味なのにじわりと効いてくる感じがよかった。浅草ジンタの音楽の功績は大きいと思う→一杯やって就寝。午前3時頃。
12月12日(木) 朝10時起床→尾形日記と画伯日誌を更新した以外はほとんどなにもせず、尾形が散髪に出かけたすきに飲酒開始→いろいろ作りながら呑んで、夕方午睡→起きて晩飯。『迷子の警察音楽隊』『喜劇・いじわる大障害』観る(録画)。前者の地味さ加減、後者のドタバタと往時の噺家の多数登場、どちらもよかった→午前3時過ぎ就寝。
12月13日(金) 朝10時過ぎ起床→二日ぶりにシャワー→食料買い出しと郵便発送がてら散歩→魚真で牡蠣とイカ買い、武家でたこ焼きとお好み焼きで一杯→一力で豆腐一式買ったあと、百円ショップで、先日自分の勘違いで買えなかったブツを買おうと思ったが、今日はほんとうになかった→帰宅後午睡→牡蠣鍋で一杯。食後すぐ就寝。
12月14日(土) 朝8時過ぎ起床→午睡後、クリーニング出し、パワーラークスに食料買い出し、灯油購入。久々にクルマ外出。パワーラークスにいるときに、なぜか右肩がとつぜん痛くなる。五十肩拡大か→尾形がストーブへの灯油注入失敗し、油地獄状態→BSフジ『落語小僧』面白い番組だ→風呂→晩酌晩飯。めちゃイケは相変わらず面白いなあ。『東京バンドワゴン』は最後やはり急ぎ足になった。四半期ごとの連続ドラマを見ると、最後の二話分くらいの話をきちんと組み立てておけばいいのにと思うのだが、そうした結果なのかな→夜11時頃就寝。
12月15日(日) 夜中何度か目を覚ましたり寝たりして、午前11時頃起床→TVK『浅草お茶の間寄席』はじめて見る。若円歌の『授業中』が見られたのはよかった。馬風はテレビでも相変わらずの漫談で、音声のせいか、あまり受けている風に映っていなかった(寄席に聴きに行くといつもかなり受けているのだが)→葱入り炒り卵でビール→昼酒抜くのに風呂→撮影に使うということで、島田が私のMINIを借りに来て、スポンサーのビールと自分のアルファロメオを置いて行った→夕方から高円寺。ノラやで三遊亭天どん真打ち祝の会を見物→高円寺に着いたら小腹が空いたので、通りがかりにふと目についた味楽という中華屋に入ってみたら、これが当り。味は普通にうまく、量もたっぷり、で、ラーメンが400円からと安い。食欲的にはもうあまり有り難がる年齢ではないのだが、こういう店は大事にしたい→三遊亭天どん真打ち祝の会は、会場が狭過ぎたが、とてもよい会だった。天どんと白鳥のトークに始まり、天どん『ろくろ首』、白鳥『ライバルたちの芝浜(天どん版)』、仲入り挟んで天どん『公園の悪いおじさん』→安倍夜郎がいらっしゃるというので、打ち上げにも参加。会費の元は取ったが、来年2月の浦和の会のチケットを買ってしまった→普通に電車で帰宅したが、道中の記憶なし。家に辿り着いたら結構酔っ払ってて即就寝。
12月16日(月) 午前10時頃起床。酔っ払ってTシャツで寝た所為か、はたまた宿酔いか、起きたらなんかぼーっとしていた→今日から三日間断食と節食の間くらいの日とし、ほぼスープ類だけで過ごす(納豆、野菜などは食べた)→夕方島田がクルマ返却に来訪。撮影の様子いろいろ聞く。面白そうだ→風呂→尾形のイラストをスキャンしメールで送ってから就寝。午前3時頃。
12月17日(火) 朝9時半起床。家の前の道路工事の振動に起こされた→『羅生門』(録画)見る。何度見ても面白いが、何度見てもくどく感じるし、終盤の志村喬の心が晴れる場面の必要性について考えると見ているほうの心が晴れない。いやわかってはいるのだが→『羅生門』見ながら、居間をなんとなく掃除→とつぜん、B電子サイトのサイトマップを作ってみる。修正するページを特定してもらうためだが、どう作ったらわかりやすいか、なかなか難しい→風呂→晩酌晩飯がてら、川島雄三『グラマ島の誘惑』(録画)見る。可笑しな映画だ→夜11時頃就寝→夜中に目覚め、BSでてんぷく笑劇場やるのを知り録画予約。また寝る。
12月18日(水) 朝9時過ぎ起床→『てんぷく笑劇場』見る。三波伸介、東八郎、由利徹のコント。最高。至福→今日は朝と昼とで半枚ずつイングリッシュマフィンを食べた。夜は炭水化物を抜こう→『天国の恋』は予想外の展開。といっても大したことはないが、予想外は予想外→その後『タワーリングインフェルノ』後編を見ながら、B電子サイトマップの見直しなど→B電子からは至急の原稿依頼も来たのですかさず書いて送る→風呂→晩飯晩酌。録画で『伊賀忍法帳』『ベビーギャングとお姐ちゃん』、それと『リーガルハイ』の最終回。割と泥酔気味。0時頃就寝。
12月19日(木) 朝9時前起床。雨なので外出断念→ちんとんしゃん女将が『喜劇とんかつ一代』が見たいというので、VHSにダビングできるかテスト。一応できた。DVDへのダビング(コピー)はなぜかできなかった→B電子の原稿修正依頼が入ったのですぐに作業して提出→キンカンの煮付けやニンジンとセロリのマサラサラダなど作ってから風呂→今週節食したら、体重が月から今日までに2.5Kgも減った。いい調子だ→晩酌晩飯→早めに就寝。
12月20日(金) 終日何もせず。夜久々に魚ケン、寒ブリ、寒鰆、ミンク鯨、生牡蠣を堪能→帰宅後すぐに眠くなり就寝→夜10時起床→『殺しの女王蜘蛛』『タモリ倶楽部』など見ながら呑んで、朝方就寝。

2013年12月10日

12月まとめ(1〜10日)

12月1日(日) 朝7時半起床→朝食→10時半より新宿にてSUKIYAKAリハ→と思ったら11時半からだった。スタジオ空いてたので1時間個人練習→なんとかなるかな?→岐阜屋で一杯やって、まだ時間あまりそうなので、青梅街道をぶらぶら歩く→杉並車庫の辺りで吉祥寺行きバスに乗車→バス内で熟睡→吉祥寺駅前から中通り〜アルト・ゴットの辺りを通って長男堂を初訪問。店主はそんなに無愛想ではなかったと思う→多分一年ぶりの鈴木常吉、共演は桜井芳樹、大変素晴らしかった。最初はのんびり聴いていたが『鉛の兵隊』とその前の歌(思い出し中)の辺りは心震え、身体が動いた。桜井さんは手をちょっと患ったようだが、快癒を祈る→長男堂では、白葡萄酒を炭酸水で割ったのと、あと麦焼酎を生のまま四杯→スーマーさんや『深夜食堂』作者にご挨拶しつつ、残ったおむすびを安くわけてもらって、吉祥寺駅まで歩いて帰途へ→帰宅後、喉変調。口の中の粘膜がざらざらした感じ。歩いて汗をかいて冷えたのと、人の風邪が感染したのだと思う。風呂やめて就寝。午前2時頃。
12月2日(月) 深夜少し気分悪くなり起きて生唾吐いたりしてまた寝る→午前中があっという間に過ぎていて、午後2時起床→E社の請求処理などしたのち、賄い当番。カボチャ煮付けと牛すじ煮込み。あとは野菜切ったりしたもの→『東京バンドワゴン』、今回は美しい話なのだろうか。金の力でスクープをもみ消し、おためごかしのロック記事を書かせようというのは、書き手にとっては屈辱でしかない。記者側の心情や行動にも問題はあるわけだが、あのやり方は“ラブ”ではないと思った→夕食時ビールは呑み、食後すぐ寝るが、また深夜起床。『ハードナッツ』の録画見る。
12月3日(火) 気管に痰がたまってしまったのか、朝起きたらまったく声が出ず。一日咳と横臥。熱は最高37.7度。夕方痰が切れ始め声が出るようになり、夜なんとか風呂には入る。酒は呑まず。
12月4日(水) 朝9時頃起床。朝方汗をたっぷりかき、熱は下がっていた→今日のイベント用の選曲。ムード歌謡しばりだが、関係ないようなものもいくつか→CDがうまく焼けず、iPod持参にする→出かける頃には体調もすっきり、少し咳が出るくらい→夕方5時過ぎトラウマリス着。さっそくブラックベルベットを呑むが、これは危ない。一杯でやめ、あとはビール→ブラックベルベッツのライブは、集客心配したが超を付けてもよい満員であった。森谷さんや斉藤さん、くどうの大将、そして私の友人たちも来てくれたのもうれしい→賄いもらったので食べ、赤葡萄酒をもう一杯飲み、電車で帰る。帰ったらまた腹減ってたのでチキンラーメン。午前2時過ぎ就寝。
12月5日(木) 昨夜疲れた所為か、すっきり目覚める。朝8時起床→カレンダーカフェのダブルブッキング疑惑浮上するが、もう一方の勘違いのようだ。確認取れたら連絡してあげよう→午睡→ダブルブッキングの件は、向こうの主催の人の勘違いだった模様→昨夜のお礼も兼ねてくどうで一杯→食料買い出し。百円ショップにも寄るが、お目当ての品なし。当てにしてはいけないのだなと学習→風呂→『パパの恋人』終盤にいきなり面白い展開になった気がする。打ち切りは少しもったいないな→久々に『州崎パラダイス赤信号』(録画してあったので)。「世界の映画の流れを変えた名作は、いつも主人公が<逃げる映画>だったことが思い出される」(白井佳夫。川島雄三『洲崎パラダイス 赤信号』に触れて)という解説が流れたが、そう言われればそんな気もするし、そうでない名作もたくさんあるとも思う→午前2時過ぎ就寝。
12月6日(金) 朝10時起床。就寝後途中で目覚めなかった→E社契約書二種にサイン→昼過ぎからカレーをやけに真剣に作り続ける。夜は映画を観に出掛けようと思っていたが、それもやめてしまった→夕方くらいからずっと呑んで、午前2時頃就寝。
12月7日(土) 朝8時起床→朝食後午睡→夕方起床。西桐展は、明日の用事の合間見て最終日に顔出すことにし、この日の外出も取りやめる→賄い製作→明日のSE選曲。なぜかCD焼くのがうまくいかず、結局午前様に。4時過ぎ就寝。
12月8日(日) 朝8時起床→風呂→朝9時半出発→10時半より新宿ノアでリハ→リハ後、トラウマリスに暫時寄り、Polyphony展の最終日へ。30分ほどの滞在だったが、いい風が入ってビールもうまく、市丸『相撲甚句』などを聴きながらよい時間を過ごせた→恵比寿から日吉まで10分足らずだったので驚く→サウンドチェックに遅刻者あり、大幅に時間押す→どこかで一杯と思いうろうろして、迷って入った蕎麦屋というか関西うどん屋がまあ当り。お銚子三本呑む。モツ煮込みがうまかった→本番も押しに押す。押してるのになんであんなにのんびり演ってるんだろうと、ちょっとイライラしてしまった→やっと出番になるが、時間が足らず、都合4曲割愛。なんか腹が立った。自分になにもできないという状況にも腹が立った→打ち上げは失敬し、バンマスに感想伝えて帰る→電車ですんなり帰宅。
12月9日(月) 朝8時半起床→ちょっと遅れて10時半にトラウマリスへ。撤収手伝い。作品以外のオーディオ類、小物類の梱包→こづちでチャーハン。肉豆腐は忘れられた→梱包終わった頃にS女史登場。発送手配などを託してビール呑みに→駅前のしょぼそうな蕎麦屋がなかなか。蕎麦は食べなかったが、昼に呑むにはうってつけだった。ここで一条さんが登場→いったんトラウマリスに戻り、発送を確認してから、駅前のたつやで呑み直し。7時過ぎにお開きにし、画伯は大阪へ→電車で帰宅し、小田急OXで買物し帰宅→適当になにかつまんで寝る。早い時間だったと思う。
12月10日(火) 朝9時過ぎ起床→だらだらと録画見て過ごす→午睡→夕方5時に起き、高円寺JIROKICHIへ→三ヶ月ぶりのパンチの効いたオウケストラ。今日はレコ発。今までの中では一番“美しさ”を感じる一方で、ネルソン・マンデラ死去を受けてなのか、アフリカ風味の爆発ぶりも楽しい。お馴染みの『舟歌』は、スイートソウル風のアレンジで、いつもの日本海ではなくフリスコベイという趣き。エミ・エレオノーラがいなかったのは残念だが、楽しかった→直子さんや大津さん、えりさんといろいろ話し、マダムほかメンバーの方にも何人かご挨拶してから、ちりとてちんに移動。阿佐ヶ谷兄弟、Kさん、Mさん、いずれも初めてお会いしたが、なんだかまた楽しい時間を過ごせた(終電もなくしたが)。Kさんがヤンさんとお知り合いだったのにはびっくり→タクシーで帰宅し、シャワー浴びてすぐ就寝。午前3時頃かな。

Calendar

2015年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ