« 2014年02月 | メイン | 2014年04月 »

2014年03月31日

3月まとめ(21〜31日)

3月21日(金) 朝9時半起床。ステッパー12分→尾形ホームページのギャラリー更新(BrewDog絵コンテ追加)→遅い昼食(夕方5時前)後、ステッパー10分→少し部屋片付けたりしてから風呂→新藤兼人『第五福竜丸』見る。これは傑作だなー。文句ないとまでは言わないが、いつまでも見続けられてもらいたい映画だと思った→とつぜん思い出し、長見順の『段ボール』や『クーチークー』を聴く→『なぞの転校生』など見て夜1時過ぎ就寝。
3月22日(土) 朝10時起床。ステッパー12分→午後から下北沢に出て買物と昼→モエツカリーで昼食べ、駅前マーケットの乾物屋、無印良品、生地屋、オオゼキなどを覗いたり買物してから、下北沢東支流〜北沢八幡〜北沢川緑道と歩き、環七を越えてから裏道を通って梅が丘駅、ここで尾形を帰し、南下しつつ西に向かい満足院本誓寺〜杓子稲荷神社〜つぼ内科おなかクリニック〜豪徳寺裏と歩いて世田谷八幡宮に参拝、城山通りをまっすぐ農大通りにぶつかり、千歳郵便局のところで小田急の線路を越え、石仏公園の裏に抜けていつもの道で帰宅。1時間ちょっと、8962歩、約6kmほど→風呂→宍戸錠主演『気まぐれ渡世』見ながら晩。これまた適当な映画だが、それでも見ていて気持ちがよいし面白い→三崎港で買って来たイカの一夜干しがうまく、ちょっと酒を過ごし、歯も磨かないで就寝。夜1時頃かな。
3月23日(日) 朝10時半起床→朝食後部屋の片付け開始。これは一年くらいかかりそうだ。そのつもりでじっくりやろう→と思ったらだいぶ片付いたし、あとなにとなにをやればよいかも見えてきた→夕方風呂→『ホノルル・東京・香港』を見ながら晩。宝田明・尤敏の香港ものの中では、明るさと可笑しさがあって一番よかったな。キャラクターがまだ定まっていない加山雄三がなかなか印象的だった。若大将シリーズはもうすでに4本撮られているのだが(4本めの『ハワイの若大将』の公開は63年8月、『ホノルル・東京・香港』は63年6月だから、『ハワイ〜』の前に撮り終えていたかもしれない)、とすると若大将シリーズでもまだ『ホノルル・東京・香港』と同じような、若さ故のどこかなにかに定まらないひりひりした感じが出ていたのかな。見直してみたい→酔っ払って夜1時頃就寝。
3月24日(月) 朝8時起床→朝食後寝てしまう→11時半再び起床→昼過ぎ出発→日暮里に着いて、まずニューマルヤで昼(カツカレーとビール)、それから繊維街をぶらぶらし、布地を見物(要藤商店とボタン屋と、あとパキラは必須だとようやくわかってきた)。買物を終えてから、今月でいったん閉めるという斉藤湯で入り、出てから鴬谷のほうにぶらぶら歩いて鍵屋で一杯(太田和彦の絵が飾られていたのでけっと思う)→酔い覚ましに湯島まで歩いて帰ろうとしたが、上野公園を抜けて不忍池の弁財天を越えたところで路を誤り右に行き(湯島は左)、その後も変なところで曲がって大回りして結局根津駅に着く。斉藤湯から数えると、都合一時間、5kmくらいの散歩になった。8000歩弱くらいか→電車で平和に経堂着。ピーコックでごま油やもずく、岩下商品など買物し、すずらん通りに入ってアダンで花買い、一力で豆腐、と思ったら店閉まってたのですごすご帰る→帰宅後すぐ横になり寝てしまう→二時間ほど寝てから起きて日記等まとめ→また寝る。夜11時頃。
3月25日(火) 朝9時起床。ステッパー15分→先日の茶箱での山本達久の猿真似になるが、ウクレレ用に買ったコンタクトマイクからミキサー、エフェクターを通してシンバルを鳴らすテスト。シールドちゃんと買わなきゃな→シャワー→ビール→渋谷に出て楽器屋でシールド3本購入。一番安いやつ→それから久々(約一年ぶり)に富士屋で一杯。なんだか優しそうな新人がひとり増えていた→スタジオに移動し準備。セッティングだけで一時間近くかかった。機材が古いせいもあるし、セッティング慣れしていないせいもある。演奏始まってからはなんかずっとずっしりした手応えで、一時間ちょっとやるのが限界だった。なのでセッティングに時間かけたのはまあ無駄にはならなかったと思う→演奏終了後、少し興奮の面持ちで、久々に三漁洞で呑む。気持ちのよい酒だった。店の女将さんたちも健在→いい加減に呑んで、平和に電車で帰宅→家に帰ってシャワーとタケノコご飯→今日のビデオ取り込み、ひと通り見てから寝る。改めて見ると面白いなー。夜3時頃就寝。
3月26日(水) 朝9時半起床。ステッパー15分→昼過ぎ出発。まずは皮膚科→肌のかぶれは大したことではなかったようだ。軟膏を出してもらう→しらかめで昼。ついにしらかめは蔵元で作るのをやめてしまったそうだ。今日は同じ蔵だという磯乃澤で山菜天ぷら→食後、薬屋に軟膏を取りに行き、その足で世田谷八幡、杓子神社、梅が丘駅、そこから取って返して豪徳寺駅経由赤堤一丁目の辺りをぶらぶらとしつつ経堂駅に戻る(この日は他の歩行も合わせ、13943歩、9.76kmだった)→尾形と待ち合わせ、老父宅→ビール一杯飲んでからバスで三鷹駅前に出て、リトルスターレストランで晩。たかしま君の絵も見る。食中の話は、遺伝子から銀座の呑み屋まで多岐に渡った→三鷹駅前で老父と別れ、吉祥寺経由で帰宅→小腹が空いたのでチキンラーメン→すぐに寝てしまったが、早寝し過ぎて夜中に目が覚める。今現在午前4時。再び就寝に挑戦。
3月27日(木) 朝10時半起床。ステッパー15分→昼過ぎ慌ててシャワー浴びて出発→駅前の花見煎餅と亀屋で土産買い、下北沢-吉祥寺-武蔵小金井経由で尾形実家を訪問。武蔵小金井駅前にチンドン屋がいておお、と思って眺めてからバスに乗り、Twitter見たら東京チンドン倶楽部の高田洋介さんだったことがわかりびっくり。失敬しました→尾形実家ではお父さん秘蔵の壱岐島のうまい麦焼酎をいただきながら、これまたうまい餃子をご馳走になる。ご両親とも足腰を痛めていると聞き心配していたが、多少無理はされているのだろうが、お元気なご様子に安心した→帰途は花小金井-新宿経由で平和に帰宅(飴をもの凄い音を立てて舐めている男と小田急線で乗り合わせ辟易したが)→帰宅後、とんねるずの番組にタモリが出ているのをちらっと見てから仮眠→風呂→夜0時過ぎ就寝。今日は特に意識して歩いたわけではないが、それでも9171歩、6.42kmという記録になっていた→結局夜中に小腹が空き、ラムとキャベツ炒めたのでビール呑んだりして、雑誌と段ボール出してから朝4時過ぎ就寝。
3月28日(金) 朝10時過ぎ起床。ステッパー15分→昼過ぎ豪徳寺に出て満来で昼。そこから豪徳寺商店街を抜けて羽根木公園-松原商店街-日本学園の裏から菅原神社-爺のところから世田谷線沿いに松原駅-西福寺通りから経堂駅-本町通り通って世田谷八幡参拝-勝光院参詣-桜木中学から農大通りに出て経堂駅入口-緑道通って帰宅。歩数計がうまく動かなかったので(スリープ時の歩数がカウントされない)、正確な数字はわからないが、約2時間半、地図によれば12kmくらいの散歩だから、13000歩 くらいかな→亀屋の梅大福と豆餅でおやつ→午睡→晩のお供は『モスラ対ゴジラ』。核実験の話は出てくるものの、全体的にユーモラスな趣きもあり、最初の『ゴジラ』とは性格が変わってきているのがよくわかった→その後『なぞの転校生』最終回を見ている最中に寝てしまった。
3月29日(土) 朝8時過ぎ起床。ステッパー16分→シャワー→朝食→午後新宿へ。まずベルクで一杯→紀伊国屋を物色。月岡芳年の画集が欲しくなる。裏返しの写真集は『和印』という題名だったか。以前見たものと少し違う気がしたが→それから本日のお目当ての芝居小屋(SPACE雑遊)の様子を見て、少し時間が余ったのでその辺の立ち飲み屋(立呑みありがとう)で一杯→SPACE雑遊にて劇団オンガクヤマ第二回公演『シメったねどこ』を見物。好き嫌いでいえば、早く終わらないかなという気持ちが先に立つ場面もあったが、人間のバカさ加減や足りなさの描き方はきっちりしていて引き込まれ、そこは大いに感心した。シナリオも演出も演技も、無駄がなく伝えたいことを伝えるのに必要な要素をしっかり持っていたと思う。ただ、物語のための物語という感じはちょっとした。そんなにバカかなあとか(特に女と自分の研究欲に振り回される学生など)、頭で考えて作ってるのが生で出ているなあとか。それととても細かいところだけど、劇中の時刻と、登場人物の腕時計やラジオに表示されている時刻がまったく合っていないのが、序盤けっこう気になった→ジンギスカンの席が開くまでセカンドラインで一杯→星夫妻、尾形とで、松尾ジンギスカンと池林坊にて大いに呑み喰らい、バカ話をする→深夜3時頃タクシーで帰宅。
3月30日(日) 朝10時過ぎ起床。宿酔い→朝食後午睡→夕方起床→風呂。復活→セッションのビデオ編集の続き。日付間違えてたことに気付き慌てて修正、書き出し、Youtubeにアップ→晩飯は、呑まずに軽く→晩のお供は『ゴジラの逆襲』。なんか身が入らなかった→編集済みビデオのYoutubeへのアップ作業続き。ついでに全編見直し、メンバーに連絡→夜1時過ぎ就寝。今日は一滴も呑まなかった。
3月31日(月) 朝8時半起床。ステッパー15分→『笑っていいとも!』最終回見る。テレビでビートたけしを面白いと思ったのはとても久し振り→新昼ドラ『聖母・聖美物語』も東海テレビらしく最初から飛ばしているが、さてどうなるか(エンディングの「今日の能面」は謎)。東風真智子はなんかエロくていい→請求書出しがてら、桜や春の花を眺めつつ、烏山川緑道から千歳郵便局、また緑道に戻って世田谷八幡と豪徳寺参拝、本町通りを戻って、太郎辺りで一杯やろうかなとも思ったが、結局魚真で平政刺身と蛤を買ったので家で呑むことにし、一力で油揚五枚、遠州屋で八海山を買い、さらにちょっと遠回りしたが梅田青果で蚕豆と卵を買って帰宅(梅田青果を離れた直後に太田尻家のご主人に出会しびっくり)。都合一時間半ほど、7594歩、5.164km(ただし足にウエイト着用)→風呂→『笑っていいとも! グランド・フィナーレ』見ながら晩。前半の大御所TV芸人がわんさと出てグダグダになるところは最高だったが(明石家さんまの凄みを久々に体験した)、後半の卒業式風メッセージの応酬には閉口。まあ中に多少面白いコメントはあったが→尾形帰宅後二度目を見ながら寝てしまい、その後寝床に移動。三月終了。

2014年03月20日

3月まとめ(11〜20日)

3月11日(火) 朝8時起床→朝湯一時間ほど→朝食後B電子仕事準備→昼から三時間ほどカタログ構成ラフ作成→夕方から新宿に出て、山根商店経由早稲田茶箱→まず新宿駅からゴールデン街抜けて山根商店でもつ焼きと煮込みで酎ハイ三杯、それから抜弁天のところこで厳島神社に参拝、総務省統計局の横を抜けて大久保通り、国立国際医療研究センターから夏目坂を抜けて早稲田正門のほうまで行って尾張屋でたぬき蕎麦で一杯、そこから茶箱に取って返して纐纈雅代と外山明のデュオが始まった途端気分が悪くなりお手洗いで戻し、調子がよくなったら山本達久と高岡大祐の凶悪だったり心地よかったりするデュオを堪能(終盤の電気増幅/音色変化されたシンバルの響きとそれに寄り添うテューバのドローンやフィードバックが最高であった)、帰ろうと思ったら外山明が山本達久のセットの研究を始め、それが第三部の趣き、それが終わるまでバーボンソーダ割をがぶ飲み、ようやく終わったので末廣でソウルチャーハン喰らい、高田馬場経由で新宿まで歩く。都合7.8kmくらい歩いたから、一万歩強くらいかな→新宿からは平和に小田急線で帰宅。夜2時頃就寝。
3月12日(水) 朝9時過ぎ起床→豚汁とグリーンピースご飯で朝→的場師の訃報届く。ご冥福を祈ります。享年65、まだお若いのにと思うと無念だ→昼から父親の買物に同行(昨夜尾形が作った豚汁とグリンピースご飯のおむすびを土産に)。武蔵境のイトーヨーカドーで寝具など。地下一階の食料品売り場も覗くが、あれだけの人がセブン&アイの加工食品を食べているんだなあと思うと、なにか暗澹たる気持ちになる。商品が悪いとかいった話ではなくて、多様性の問題→父宅でしばし歓談→帰途パワーラークスで買物。BrewDog入っていた(種類は少なく、IPAばかり)→夕方5時頃帰宅→風呂→『小さな逃亡者』見ながら晩→あと『明日、ママがいない』の最終回見たが、これは早晩忘れるだろうなあ。アイデアはともかく、出来の悪いドラマだった→夜0時就寝。
3月13日(木) 朝10時起床。ステッパー10分→午後B電子カタログラフ作成の残り→『匿名係長只野仁 最後の劇場版』眺めながら作業し、16時頃、情報が足らずかなりラフだが、いったん完了→風呂→尾形サイト更新(新作案内)→ポテトチップス&ビールで今宵の口開け→『がんばっぺフラガール!』見て泣く。無駄な“私”がないんだよな。少なくともこの映像ではそう見えた→夜0時就寝。
3月14日(金) 朝8時過ぎ起床。ステッパー11分→B電子取説原稿作成。小一時間ほどでいったん提出→昼から散歩。烏山川緑道を世田谷方面へ、宮の坂の辺りで世田谷線の線路を越して上町の手前で西南に下り世田谷通りに出て、上町天祖神社に参拝したのち、長崎で昼、世田谷区役所入口から北上、裏道を戻って世田谷城址公園を一週してから豪徳寺参拝、墓場を散策してから世田谷八幡参拝、三角農地から本町通りに出て魚真、ピーコック、すずらん通りの八百屋、甘ぼう、一力と買物して帰宅。歩行は一時間半くらい、10893歩、7.080km→桜餅でおやつ→B電子さいとうさんより、高柳関係のCDとDVDがどっさり届く→『mass hysterism』と『April is the cruellest month』聴く。『April is〜』カッコよいな→続いて『dislocation 断層』。これは普通の(ってのも変だが、まあ聴いたことがあるような)フリージャズに聴こえた。むろん、演奏当時に聴いたら違う感想を持ったかもしらん→晩飯飲酒後、杉咲花の「うひゃ!」にやられた。『なぞの転校生』は全般に役者がいいんだよなあ→夜2時頃就寝。
3月15日(土) 朝10時過ぎ起床。ステッパー13分→昼から買物がてら散歩。烏山川緑道通ってDOELLで昼、世田谷八幡参拝、裏道通って81ベーカリー、薬屋、ピーコック、すずらん通り入って河内屋、珈琲のセレクト、梅田青果店、花屋の角から恵泉の正門前通って帰宅(昨日とほぼ同じ道筋)。ゆっくり二時間ほど歩いたか。6622歩、4.304km、歩数と距離は少ないが、今日はそれを想定して久々にウエイト(1kg)を装着してみた→夕方『COmlete Works of Jojo』見ながらステッパー10分。これは当時見てないと、今となっては映像では、という感じもした。仕方ない→風呂→晩は、時鮭が塩っぱかった。塩抜きが必要だったかな。お陰で酒が進んだ。大根と鶏と里芋の煮物はうまかった。黒豆(黒大豆)が意外に簡単にいろいろ使えるのが今日の発見→夜1時頃就寝。
3月16日(日) 朝7時起床。血圧測って二度寝→昼過ぎ散歩。恵泉脇から経堂小学校脇を通って明洞カルビのところで赤堤通りに出、赤堤三丁目辺りから裏道へ、六所神社の裏で世田谷線の踏切渡って六所神社参拝、そこから世田谷線沿いに北上し、松原の光竜を位置を確認してから松原四丁目のほうに北上、少し迷って日本学園まで行ってしまってから引き返し菅原神社参拝、京王線にぶつかるまで北上し、踏み切り渡らず下高井戸方面へ線路沿いに歩き、下高井戸駅から世田谷線沿いに南下、爺を通り過ぎて一本目の踏切を渡り、二本目を右折してよ志みと坂本そばを眺めてから裏道で帰途に、天喜代の前を通りわけもわからず歩き、日大文理学部の裏を歩いてたら緑丘中学の前の通りに出、そこからまた裏道、三角農地のところに出たのでカノッサ幼稚園の脇から赤堤通り、西経堂教会に出て帰宅。都合一時間半、9336歩、6.068km。1kgのウエイトを着けて歩いたので、結構疲れた→ビールとポテトチップスで休憩→風呂→キャベツで適当な酒肴作って飲酒開始→TV放映を録画してあったので、とても久し振りにチャップリン『ライムライト』を見た。最初の一時間ほど、少し退屈を覚え、「堺正章の遺作としてリメイクしたらどうか」とか、「萩本欽一やビートたけしにやらせたら悲し過ぎるな」とか、「ぴろきが意外にはまるか?」とか、まあいろいろ、飲酒しながら適当なことを放言しながら見ていたが、終盤のキートンとのシーンになったら、そんなことはどうでもよくなった。ところで、チャップリンが来日時に、初代吉右衛門(播磨屋)の歌舞伎座の楽屋を訪れた際、吉右衛門が「先生は何代目のチャップリンでさんで?」と尋ねたというのは、本当なのかな? 三田完の『俳風三麗花』という小説で読んだ話だが、なんかよい話だ→夜2時頃就寝。
3月17日(月) 朝8時半起床。ステッパー12分→昼頃から夕方まで尾形ホームページリニューアル(トップページ差し替え、ギャラリーコーナー追加、日記更新)。今日は散歩はなし→宝田明主演(他に名優たくさん)の『香港の夜』見る。面白かったが気の効いた感想が特に思い浮かばない映画→夜1時頃就寝。
3月18日(火) 朝9時起床→11時過ぎ横浜に向けて出発→登戸、武蔵小杉経由で、12時半頃元町中華街到着→海員閣で昼。焼賣、腰果鶏丁、揚州炒麺でビール。満足→午後2時ちょうどにローズホテルにチェックインし、早速シャワー浴びたら小腹空いてきて、生碼麺も行けたかなと思うが、午睡→二時間ほど寝て、午後4時過ぎ起床→ぶらぶらとモーションブルー。パンチの効いたオウケストラ見物。毎回新しくてよい。酒も進む。泣かせる歌ではない『ツイッター』みたいな歌で泣きそうになるのが毎回不思議だ→結構酔ったが〆に何かと、遅くまでやってる中華料理屋でフカヒレシュウマイとカキ黒炒飯で一杯→夜1時頃就寝。
3月19日(水) 何度か起きたが、ぎりぎりの10時に起床→シャワー→11時チェックアウト→安記で朝がゆと思ったら店内整備で休み、宿近くの謝甜記まで戻り鶏粥と海老焼売とビール→喫茶ブラジルで珈琲。うまいしおばあちゃんがまたいい。また来てね、の言葉がうれしかった→ぐるりと歩いてオリエンタルホテルを拝んでから、横浜経由で京急で三崎口→バスで三崎港→海南神社と本宮神社参拝→魚音寿司で昼。阿呆のように呑み喰らった→魚音本店で干物や土産買い、ちょっと休憩してからバスで三崎口に戻る→横浜まで爆睡→横浜でJRに乗り換えたところでちょっと気分が悪くなり戻す。飲み過ぎ食べ過ぎである→横浜から東神奈川経由で町田(横浜線というクセに横浜から出ないのが面倒だといつも思う)→町田から小田急線で経堂。無事帰宅→日記書いたり食べたものまとめてから風呂→夜中に小腹が空いたのでカレーうどん作る→夜2時頃就寝。
3月20日(木) 朝11時起床→昨夜のカレーうどんのスープの残りにラムとニンニク投入し食す。食後にアイスクリーム→夕方魚籃坂下B社のCぬさん訪問し、G4 Cube二台いただく→それから恵比寿トラウマリスにて芳名帳のコピー受け取り→家からまず世田谷通りに出て環七右折、目黒通りに入って目黒駅越してから清正公前を右折し桜田通りに入ってすぐに左折、伊皿子の交差点を回って魚籃坂下、そこからまた桜田通りに入って古河橋から明治通り、恵比寿からは駒沢通りから槍が崎、旧山手から淡島通り、環七越えてすぐ左折して城山通りに入り、帰宅という道程。淡島通りから城山通りの帰路は、阿呆のように空いていてよい→風呂→晩のお供に『香港の星』見る。宝田明が次はサンフランシスコに転勤になったら向こうのチャイナタウンで尤敏(が演ずる誰か)と恋に落ちるのだろうな、という感想のみ。いろいろ面白くはあるが、映画としては駄作であろう→夜0時頃就寝。就寝前にステッパー7分。

2014年03月10日

3月まとめ(1〜10日)

3月1日(土) 昨夜も早く寝たが深夜寝付かれず。起きたり寝たり変な夢見たりで、結局朝9時半起床→録画消化。朝ドラ二本と『明日、ママがいない』『私の嫌いな探偵』『なぞの転校生』『タモリ倶楽部』。こうして見ると『なぞの転校生』は今期出色の出来だな→北満飯店行ったら当面休み→ビーバートザンでDVD-Rなど買って、今月閉めるという光竜へ。“両国サイズ”だったが、レバニラ炒めは美味かった。タンメンは普通だが懐かしい味。もっと行けばよかったなあ→Youtubeでアダチ通信社のチャンネルを出発点にいろいろ掘っているうちに、青江三奈のジャズから『可愛いスーちゃん』を経由して桃山晴衣にはまる→尾形日記更新→風呂→桃山晴衣から土取利行に辿り着いたが、この人サヌカイトの人か。明治演歌を唄っていたとは知らなかった→深夜2時過ぎ就寝。
3月2日(日) 朝9時半起床→朝食とサンデージャポン→とつぜんマウスの調子が悪くなる(マウスボタン押下時の反応がにぶい)。なんでだ→クルマにガソリン入れる→マウスは電池残量低下が原因だったようだ。充電完了のはずのエネループの容量が極端に低下していた。大きな問題ではなかった→昨夜に引き続き桃山晴衣を掘る。まだ自分にとって好きな音楽かどうか明確ではないが、なにか惹かれるものはある→TV東京50周年記念の番組がバカバカしくて可笑しい→風呂→晩と晩酌。NHK、小円歌の『演芸図鑑』と、河鍋暁斎とジョナサン・コンドルの番組、録画で見たが、両方ともよかったなあ→夜0時就寝。
3月3日(月) 朝10時起床→昼過ぎ尾形外出。ぐりとぐら展を見に行くとの由→散歩。本町通りから若林陸橋に抜ける道確認、それから逆にクルマで帰って来る道順を確認したが、ひとつめの曲がり角がひとつ早過ぎ、世田谷区役所前で正しい道順に戻るも、突き当たり左のところを右折すぐ左折と誤り、城山小学校の横を過ぎて豪徳寺に衝突、豪徳寺を半時計回りで3/4周して世田谷線を渡り世田谷八幡に参拝、裏から出て三角農地から本町通りに戻って一力で木綿二ケ購入(厚揚げ一ケおまけしてくれた)、すずらん通りに入って太郎で一杯、すずらん通りの来し方など教えてもらったのち、すずらん通り奥の花屋の角から帰宅。休憩入れて二時間ほど、9927歩、6.453km。思ったよりちょっと少なめだった→風呂→尾形外出のため、ひとりで晩作り呑む。『拳銃無頼帖 抜き射ちの竜』見る。やはり宍戸錠がカッコいい映画だなー→食後もう一度風呂→夜0時過ぎ就寝。
3月4日(火) 朝9時起床→朝食後打ち合わせ準備→昼頃出発→参宮橋で下り、明治神宮を散策。通行止めの道もあり、少し迷った。御苑も初めて散策。しかし東京の真ん中にえらい公園を作ったものだ→原宿駅前から裏道を通り竹下通りを抜け、Brown HorseでまたGHEEカレーを堪能→外苑東通りに出て、途中の細い階段から青山墓地に入り、墓地内を外苑東通りにほぼ平行して散策。青山墓地中央も通り越し、最終的には西麻布のかおたんラーメンのところに出た→そこから麻布米軍ヘリ基地の脇(星条旗通り)を抜けて(途中玉のはやというよさそうな鍋屋を見つけたが、あとで調べたらダメなうちのようだった)政策研究大学院の辺りから六本木交差点方面へ、ホテル六本木の辺りを右折したら出雲大社東京分祠の前を通ったので参拝、青山ブックセンターで『東京蕎麦描き』を探すも取扱がなかったので一時間早めに打ち合わせ場所のルノワールに到着。昼食時間入れて二時間ほどの散策。10571歩、6.871km→B電子S藤さんとS製作所Sさんとで、有意義な打ち合わせと飲酒。六本木のあんな奥まったところにあんな安い酒場があるとは思わなかった→帰りしなBrewDogでビール二杯→平和に電車で帰宅→夜1時頃就寝。
3月5日(水) 終日雨、終日宿酔い→夕方風呂。生き返る→夜0時就寝。
3月6日(木) 朝10時起床→B電子カタログ見直しのアイデア練り。まあこういう形とは思うが、ありきたりでもある。難しいところ→いい具合に煮詰まったので飲酒→風呂→風呂から上がってまたなんか食べて呑んで、夜9時過ぎ就寝。尾形が買ってきてくれたので久々にルリさんの料理食べた。うまいなあ。
3月7日(金) 夜中に起きて朝二度寝→朝10時起床→特に何もせず。佐村河内の会見もTwitterなどで見るのみ→昼飲酒→新宿に出て紀伊国屋にて大久保美沙『東京蕎麦描き』購入。カバー紙がお土産を包むような紙質(あとで「出前のときの葱包んでる紙か」と得心)なのがよい→ベルクで一杯→池袋で立ち食い寿司→大山に移動し、板橋名人寄席見物。一之輔『鈴が森』、三三『長屋の花見』、米團治『七段目』、談笑『堀之内』、喬太郎『うどん屋』。いずれも色合いが違う高座でとてもよかった。中でも出色は、喬太郎に「こんないやらしいのは聴いたことがない」と言わしめた談笑『堀之内』かな→終演後、誘ってくれたM枝さんとそのご友人、尾形とで飲酒。M枝さんのご主人も酒席から合流。楽しい宴だった。蛤とホタテを堪能→電車で平和に帰宅→喬太郎『うどん屋』に触発されコンビニの冷凍鍋焼きうどん喰らう。不味い→夜1時頃就寝。
3月8日(土) 午前中起床→午後尾形伴い散歩。字山稲荷から横根稲荷神社と参拝し世田谷美術館にて『岸田吟香・劉生・麗子 知られざる精神の系譜』を見物。岸田劉生は一連の『麗子像』の印象しか記憶に残っていなかったので、むしろ岸田吟香に関する展示が目的だったのだが、若かりし劉生の風景がなどにやられる。いい展観だった→ぎりぎりの時間までビール呑んでから退出→千歳船橋に戻り、久々の大すぎで一杯。相変わらず酒肴の量が多く、そしてうまい。御酒四合ほどか→帰宅。歩行時間は展覧会見物も入れて二時間ほどか。11779歩、7.656km→帰宅後即就寝。夜9時頃だったかな。
3月9日(日) なぜか初めて見るタイプのものばかりの悪夢三本立て→朝10時起床→朝昼食べて、散歩はやめる→午後3時過ぎに風呂→あとはだらだらと飲酒。1954年の初代『ゴジラ』と『蔵の中』見る。どちらもいろいろ発見はあった。『蔵の中』は、ほぼ同じ主旨でよいので、鈴木清順や黒沢清や…… にリメイクして欲しいとも思った→夜1時頃就寝。
3月10日(月) 4時頃目が覚め、そのまま寝られず、朝7時起床→ステッパー10分に延長→昼飯がてら尾形伴い散歩。まず美よしでとんかつで一杯、崖上を通って世田谷八幡参拝、DOELLで一服、魚真と一力で買物、小田急OXで買物、三省堂で横溝正史『蔵の中』探すが見つからず、あとはまっすぐ帰宅。昼飯入れて3時間弱、8768歩、5.699km→午睡→晩飯飲酒がてら、園子温『希望の国』の録画見る。心に残る場面は多いが、全体的に焦点がはっきりつかめなかったのだ。が、そこが狙いかもしれないとも思った。が、福島原発事故のあとという設定を考えると、どの登場人物も愚かに描き過ぎているように思えた。それも狙いかもしれない。なんというか、残尿感が残る映画だったが、状況を考えるとそれも仕方ないかなと思える→夜0時頃就寝。

Calendar

2015年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ