« 7月まとめ(11〜20日) | メイン | 8月まとめ(1〜10日) »

7月まとめ(21〜31日)

7月21日(木) 朝9時半起床、白湯、シャワー。ここのところ家での食事を軽めにしたら、体重に効果が現れてきた→終日『Chotto Matte Kudasai』のウクレレ練習。簡単だし弾けないことはないのだが、満足にはまだまだ遠い→煮詰まったので午睡→午睡から覚めて飲酒。『鳳城の花嫁』(松田定次。大友柳太朗、薄田研二、三島雅夫、松浦築枝、田崎潤、進藤英太郎、中原ひとみ、長谷川裕見子、片岡栄二郎、原健策、志村喬。1957、東映)と新ドラマの『はじめまして、愛してます』→夜10時過ぎ就寝。
7月22日(金) 朝8時半起床→風呂→朝食抜きで老父と昼。今日は深水庵が休みだったが湧水がすいていたので湧水に。久々に訪れてみたら、まあ確かに深水庵や他の深大寺蕎麦屋と比べたら諸々繊細な気はした→老父が朝食は宿のお仕着せではなく自分でパンを買って用意することを試みたい、というのでサミットに寄ってみたらちょうど六枚切り三枚入りというのがあったので購入→老父を図書館で下ろしておいとま。今日は涼しい所為もあるのか、会話の内容も含めてしゃきっと元気だった印象。都知事選の話をしたら、小池百合子には絶対入れないと言っていて安心した。ただしどちらかというと不正疑惑や政治的思想などを掘り下げた結果ではなく、印象での判断のようではあった→図書館から新しく見つけた道を試して帰宅→家の近くのモエツカリーの跡は、東京餃子楼になる模様→『負け田負け代』をnoteで売る件について、noteをあれこれ試してみる。が、Web単行本を売る、という用途には若干つかいにくいな。というかそういう用途を考えて作られていないのだが、まあなんとかなりそうではある→『剣豪二刀流』(原作:小山勝清、監督:松田定次。片岡千恵蔵、東千代之介、加東大介、薄田研二、千原しのぶ、中原ひとみ、高千穂ひづる、長谷川裕見子、赤木春恵、岡譲司、清川荘司、三島雅夫、荒木忍、月形龍之介、原健策。1956、東映)見ながら晩。晩に米飯などの炭水化物を食べるのは久し振りだ→酎ハイも呑んだので眠くなり、夜8時過ぎ就寝→日付変わる前に目が覚めてしまったので、ウクレレ練習。弾ける弾けない以前に、なんだか調律の具合が心地よくない。5フレットを押さえた音で合わせてみたら、多少ましにはなったが、もう少し研究が必要かな→朝方4時頃就寝。
7月23日(土) 朝10時起床、白湯→夕方、まず新宿に出る。古いほうのウクレレのネックが気が付いたら完全に手垢で覆われていたのに気付いたので、泥縄式にポリッシュを買いに行った。DR.DUCK'SのDDAWがお目当てだったがサウンドハウスの倍の値段だったので諦め、それのど値の違わない(それでも高かった)ケン・スミスのPRO FORMULA POLISHを購入→それから赤羽に出て、ナカナカという名のビアハウスでH後、Mきちゃん、O形と待ち合わせ。一杯やりながら結婚パーティの話をいろいろ聞いたのち、並びのスペイン・バルに移動して晩。話は弾んだが、この日は調子が悪かったのか最初のビアハウスですでに酔っ払ってしまい、スペイン・バル以降の記憶が曖昧。といいつつその後音楽バーに寄って、ここでは珈琲飲みながらまだお喋りする→平和に電車で帰宅、のはず。
7月24日(日) 終日宿酔い→午後遅くからウクレレ掃除。手垢は結局爪で剥がし、そのあとをポリッシュで拭き掃除。楽器がきれいになるのは気持ちがいい。次は以前から懸案の、テレキャスターのイモネジだな。これは交換が必要かも→晩は酒気抜き→夜3時頃までウクレレ弾いて就寝。
7月25日(月) 朝9時起床、白湯→本日より、起床して白湯を飲んだら必ず一度外に出る、を実行することにする→30分ほど、店を閉めてしまったモエツカリー跡(東京餃子楼になる模様)から希望ヶ丘小学校の裏手に回り、光リビングから水道道路に出て横断、千歳丘高校の前を通って三角公園で遊ぶ園児たちを眺めながら帰宅。2837歩/2.184km/107kcal程度の運動だが、これも習慣になればよい習慣である→シャワー→あとは負け代Web版の修正とウクレレを弾いたくらいで飲酒に突入→『べらんめえ芸者』(小石栄一。美空ひばり、志村喬、小野透、十朱久雄、江原真二郎、殿山泰司、清川虹子、佐々木孝丸、沢彰謙、白河道子。1959、東映)→『ピクニック』(原作:ギイ・ド・モーパッサン、原題『Une Partie de Campagne』、監督:ジャン・ルノワール。シルヴィア・バタイユ、ジャーヌ・マルカン、アンドレ・ガブリエロ、ジョルジュ・ダルヌー、ジャック・ボレル、ポール・タン。1936、仏Joseph Burstyn Inc.)→ここで夜8時過ぎ、寝てしまう→日付変わる前に覚醒。しばらく寝床で麻雀等→朝方、『美しい絵の崩壊』(原作:Doris Lessing『The Grandmothers』、原題『Two Mothers』、監督:アンヌ・フォンティーヌ。ナオミ・ワッツ、ロビン・ライト、ゼイヴィア・サミュエル、ジェームズ・フレッシュヴィル、ベン・メンデルソーン、ゲイリー・スウィート、ジェシカ・トヴェイ、ソフィー・ロウ。2013、豪仏Gaumont)見てから、朝8時頃就寝。
7月26日(火) 朝11時起床、白湯、ステッパー5分→ご飯炊いて朝飯の仕度→負け代Web版作業→タラモサラダやポテトサラダを作ろうと思い立ち、午後2時過ぎから『白蛇抄』(原作:水上勉、監督:伊藤俊也。小柳ルミ子、仙道敦子、若山富三郎、杉本哲太、夏木勲。1983、東映)見ながら晩飯の仕度を始める。『白蛇抄』は斜め見だったが、それでも小柳ルミ子のエロさがひしひしと伝わってくるのがすごい。まあそれだけの映画ではあるように思う→夕方だいたい仕込みができたのでシャワー→晩のお供はまず『松本清張の断線』(原作:松本清張、監督:崔洋一。松田優作、木村理恵、三谷昇、辺見マリ、西尾三枝子、風吹ジュン、加藤武。1983、テレビ朝日)。これは高校生のときに見て、赤いサテンのスリップだけをまとった辺見マリにまたがれた松田優作という絵に軽い衝撃を受けた作品であることを思い出した→『暴走パニック 大激突』(深作欣二。渡瀬恒彦、小林稔侍、杉本美樹、川谷拓三、渡辺やよい、曽根将之、風戸佑介、林彰太郎、室田日出男。1976、東映)。これはすごい。ずっとすごいが最後の無意味な激突カーアクションからモーターボート、そして仕舞いのナレーションの流れがすごかった。津島利章の音楽もよい→『冬の猿』(原作:アントワーヌ・ブロンダン、原題『Un Singe en hiver』、監督:アンリ・ヴェルヌイユ。ジャン・ギャバン、ポール・フランクール、シュザンヌ・フロン、ジャン・ポール・ベルモンド、ノエル・ロクヴェール。1962、仏Comacico)。酔っ払いが酔っ払う事由を描いた映画としては出色の出来ではなかろうか。ジャン・ポール・ベルモンドの酔っ払い振りと闘牛、ずっと酒を我慢してきたジャン・ギャバンのやはり酔っ払い振り、クライマックスの『僕の伯父さんの休日』めいた花火の連発、列車の旅と別れなどなど、引き込まれて泣いた場面多し。ミシェル・マーニュ
の音楽も素晴らしかった→夜2時就寝。
7月27日(水) 朝10時起床、白湯、ステッパー5分→昨日は起きたらすぐ雨が降ってきたので起き抜けの散歩は諦めたが、本日は朝食がてら千歳船橋駅方面へ。八兆であじ天そば手繰ってからオオゼキで野菜買い、薬局でアミールS購入。店長のバッヂを着けた男がアミールSは三ヶ月続ければ効く、自分が学生時代に試した、大正製薬製の同じ効果のなんとかというお茶が一ヶ月後に出るがそちらのほうが安い、など教えてくれた。この駅前の薬局は、以前も洗面所に出る小蠅の防御法について親切に教えてくれたような気もする→小一時間歩いて、3928歩/3.025km/148.2kcal→晩は『冬の猿』をもう一度見てから『喝采』(原作:クリフォード・オデッツ、原題『The Country Girl』、監督:ジョージ・シートン。ウィリアム・ホールデン、ビング・クロスビー、アンソニー・ロス、グレイス・ケリー。1954、米Paramount Pictures)。見ながらだーっと感想を喋っていた気がするが、酔っ払っていたのでほとんど覚えていない→0時前就寝。
7月28日(木) 朝9時半起床、白湯→負け代販売価格も決まったので、noteの編集と正式URLへの実装。あとは公開の告知を行うのみ→『浅瀬サイケデリック』(という題で行こうかなと思う)の間奏ギターソロの検討を開始。ちゃんとスケールを書いてから組み立てよう→夕方散歩。経堂小学校裏から赤堤に出て、あいおいニッセイ同和損保中央研究所、緑丘中学、京谷酒店、土と農の交流園と経巡り、赤堤通りに出てからフレール西経堂の裏手に回って帰宅。30分ほど。3952歩/3.043km/149.1kcal→晩はひとりなので、鯨の缶詰を使って適当にカレーでも作ろうとしたら、結構手間をかけてしまった→風呂→呑みながら映画を見始め、朝まで『なんちゃって家族』(原題『We're the Millers』、監督『ローソン・マーシャル・サーバー』。ジェイソン・サダイキス、ジェニファー・アニストン、エマ・ロバーツ、ウィル・ポールター、ニック・オファーマン、キャスリン・ハーン、エド・ヘルムズ、ルイス・ガスマン、トメル・シスレー。2013、米Warner Bros. Pictures)、『ストリッパー殺人事件』(原題『HEAVEN』、監督:スコット・レイノルズ。マーティン・ドノヴァン、ジョアンナ・ゴーイング、リチャード・シフ、ダニー・エドワーズ、カール・アーバン。1998、米乳Miramax)、『ゴースト・オブ・マーズ』(原題『Ghosts of Mars』、監督:ジョン・カーペンター。ナターシャ・ヘンストリッジ、ローズマリー・フォーサイス、ジェイソン・ステイサム、パム・グリアー、クレア・デュヴァル、ワンダ・デ・ジーザス、ジョアンナ・キャシディ、アイス・キューブ、デュアン・デイヴィス、ロボ・セバスチャン、ロドニー・A・グラント、リチャード・セトロン。2001、米Screen Gems)と三本。いずれも掘り出し物。特に『なんちゃって家族』は細かい伏線や設定などにまでこれでもかというくらいに気を配っていながら、全体的にバカ映画の味わいを失っていない快作であった→『ストリッパー殺人事件』見る前に自室でTwitterなど見ていたところ、Jacob Collierという音楽家の作品にハマる。2011年くらいから話題になっていて、3月には来日もしていたそうだ。知らなかった。ただ、ライブは音源のように全部ひとりで演奏するものではなく、Snarky Puppyとの共演のような手練の演奏家を集めた巨大バンドで演奏するものを聴きたいと思った→朝方5時頃就寝。
7月29日(金) 朝11時起床、白湯、ステッパー5分→昼過ぎ神保町へ。ブンケンロックサイドにて高柳昌行『汎音楽論』受け取り。ひととおりページを繰ってみたが、とてもきれいな本だった。店の人によると、16年で二冊しか見たことがないというので、千部に満たないことを教えてあげた→まつやで一杯。〆の花巻そばが至福→そのまま歩いて上野。不忍池のほとりの興行所で演歌の公演が行われていて、それについてFacebookに投稿しようとしているところで、Mイコちゃんに遭遇。お勤めが近所だそうだ。そのまま上野公園を、東京文化会館まで歩き雑談。ここまでで8230歩/6.799km/332kcal→東京文化会館は、ヴォクスマーナという声楽アンサンブルの定期演奏会(第35回)。女性作曲家の特集で、山根明季子という人の作品が気になっていたので聴きに来た。その山根明季子『お名前コレクション No,02 』(委嘱新作・初演)は、可笑しさも含んだ和声の響きいへん記憶に残る作品ではあったが、これは演奏の度に歌われる“固有名詞”が異なるそうなので、何度か聴いてみないと私にはその神髄がわからないかもしれない。そのひとつ前に演奏された渋谷由香『「黒い森から」 12声のための』(委嘱新作・初演。詩:佐峰存)が、一回聴いてグっときたという点に於いては、私には最もものすごかったかな。音(声)を重ねたときの、その重ね方の響きの設計に驚かされた。ほかの三曲、大熊夏織『空を泳ぐ』(2015委嘱作品・再演)、小出稚子『春宵感懐』(2013委嘱作品・再演。詩:中原中也)、アンコールという設定の伊左治直『ヨルガオ』(アンコールピース13委嘱新作・初演。詩:新美桂子)もとても記憶に残る楽曲/演奏だったわけだが、なによりこういう主旨の定期演奏会が行われているというのを知ったことが、私にとっては幸いであった。たまには出かけないといけない→アメ横で寿司でもつまむかなと思ったが、気が変わって湯島まで歩き平和に経堂に戻る→寿司を食べたい気持ちが少しくすぶっていたので、久々に魚ケンに寄り。わらさ、昇り鰹、新子で一杯。新子はもう少し成長し過ぎてたかな。来年は7月初旬に行こう。〆のちりめん山椒ご飯と赤出汁の組み合わせはよかった→歩いて平和に帰宅。シャワーで汗を流して、身体をふいて横になったら、そのまま寝てしまった。夜0時過ぎ。
7月30日(土) 朝7時半起床、白湯→洗濯→昼過ぎに出て、ミラベルでケーキ、遠州屋でセクスィー山本酵母の「山本」と土産を買い、中野のA澤さん宅訪問→薫製を中心にしたおいしい料理の数々と、都知事選や相模原の事件にまで及んだ会話を楽しんだ。最近知り合った人やご家族との距離が少し縮まったのもうれしい。畳で午睡もさせてもらい、暗くなってからおいとま。ごちそうさまでした→電車で平和に帰宅。経堂に着いたら小腹が空いたので、花坊で冷やし納豆うどん。ちょうどよかった→帰宅後シャワー浴びて夜0時頃就寝。
7月31日(日) 朝7時半起床、白湯→出汁製作→朝食後午睡→『負け田負け代』Web版単行本のURL告知の件で小言。悪いとは思うが、自分のことだし人に手助けしてもらっての仕事なのだから、本人にしっかりしてもらいたい→夕方『笑点』見終えてから都知事選挙投票。昼間雨が降った所為か、投票所には珍しく列ができていた→出かける直前にWebを見ていて目についた「ホルモンやま」に行ってみる。あまり期待はしていなかったが、当り。食材は肉も内蔵も新鮮、味付けは最小限で材料のよさを活かしていて、注文が止まらなくなってしまった。シロホルモンやハチノスなど500円以下の皿が多いのもよい。今度は金宮一升瓶を入れてしまおうかとも思った→オオゼキで少し買物して帰宅→シャワー→都知事選の結果を知り、予想はしていたものの憮然→『喜劇 昨日の敵は今日も敵』見てから就寝。夜2時過ぎ。

Calendar

2016年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ