« 2016年07月 | メイン | 2016年09月 »

2016年08月31日

8月まとめ(21〜31日)

8月21日(日) 朝9時半起床、白湯→録画整理など→昨夜の粥を中華風に塩梅し、ビールも開けて少し豪華でゆったりした朝食→たまった日記まとめる→昼を抜くことにして、昼過ぎから晩の仕度→風呂→『緋牡丹博徒 お命戴きます』→夜8時就寝→日付変わる前に起床→演芸番組の録画見つつ録画整理→Alec Wilderという作曲家を知る。二曲しか聴いてないが、レコード欲しいな→午前3時頃就寝。
8月22日(月) 朝8時半起床、白湯。颱風来る→リオ五輪の閉会式の日本のショーをうっかり見てしまい、暗澹たる心持ちになる→『長脇差奉行』(小沢茂弘。片岡千恵蔵。1956、東映)を見て心持ちを落ち着かせる。片岡千恵蔵が国定忠治と遠山金四郎の二役ってのはしびれるな→颱風の様子を見つつ、夕方4時頃新宿へ。まずは伊勢丹地下で錦松梅の袋詰めを購入し、紀伊国屋に取って返してモンスナックでカツカレー→紀伊国屋四階で建築関係、科学関係などの本の表紙を眺めてから、紀伊国屋ホールへ。N富さんにいただいたい切符で、柳家喬太郎プロデュースとみん特選寄席の夜の部を見物。

柳家わさび『亀田鵬斎』、この人や桂宮治、鈴々舎馬るこは『笑点』の若手大喜利などで見るととても面白いのだが、落語を聴くと少しく精彩を欠いたような印象を受ける。でもそれは修行中だから敢えて人柄のようなもので笑わせようとしていないのかもしれないし、その辺の事情はよくわからないから、客としては長い目で見守るしかない。ただ、長い目で見守りたいと思わせる何かは感じる。

入船亭扇辰『目黒のさんま』の、かなり戯画化した殿様や独自のくすぐりはかなり前から演られているようだが、いつ頃からどのようにして作られていったのかな。恥ずかしながら(多分)初めて聴いたので、来歴を知りたいなと思った。

三遊亭白鳥『ギンギラボーイ』も初めて聴いたが、これは2010年に落語公開新作台本募集に応募された『ピンピンマン物語』という噺を、白鳥がしばらく高座にかけたのち改作したもののようだ。物語としては流れにいくつか穴があるように思ったが、そんなことが気になることもなく、ただただ笑った。

柳家喬太郎『路地裏の伝説』は、お盆の気分が残る時期だけに、怪異譚というだけではない妙なる味わいを味わった。

前座:入船亭辰のこ
 ・・・・・・・・・十徳
柳家わさび・・・・・亀田鵬斎
柳家小せん・・・・・野ざらし
寒空はだか・・・・・漫談
入船亭扇辰・・・・・目黒のさんま
(仲入り)
三遊亭白鳥・・・・・ギンギラボーイ
林家二楽・・・・・・紙切り(桃太郎、台風9号、駄菓子屋、怪獣ブースカ)
柳家喬太郎・・・・・路地裏の伝説

→颱風だし人も少ないだろうから久々にお多幸で一杯、と思ったが夜9時で閉店、他に寄る気もなくなり、平和に電車で帰宅→シャワーと水風呂→『若さま侍捕物帳 紅鶴屋敷』見ながら一杯やってたらいつの間にかソファーで寝ていたので、寝床に移動し就寝。

8月23日(火) 朝9時半起床、白湯→年金機構に電話。懸案事項はひとまず解決→『GSワンダーランド』(本田隆一。栗山千明、石田卓也、水嶋ヒロ、浅利陽介、高岡蒼甫、杉本哲太、武田真治、大杉漣、岸部一徳、三倉茉奈、三倉佳奈、片桐仁、温水洋一。2008、デスペラード=日活)→以下詳細不明。

8月24日(水) 朝7時半起床、白湯→NHKのTV番組で、家の中でスロージョギング40分(SJT40)、という健康法を紹介していたので、早速やってみる(5分ほど)→洗濯→老父宅訪問。深大寺で蕎麦食べたあとサミットで買物(私は郵便局におつかい)。クリーニング屋に寄り、図書館まで送って帰宅→『お菓子と娘』のギター練習。意外に弾けない→風呂→『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』→『笑点特大号』見終えたところで眠くなり就寝。夜10時過ぎ→夜中に目が覚めたのでまた少しギター練習し、午前4時過ぎ就寝。
8月25日(木) 朝7時半起床、白湯→ギター練習→午前10時過ぎに浅草に向けて出発。まずは田原町で降りて入山せんべい買いに行ったが、木曜定休日だった。残念→時間余ったのでアンヂェラスで一服(ハイボール)→雷門にてYギとYきえちゃんと待ち合わせ。Yギはバリを訪れたとき以来だから、5年ぶりか。元気そうでなにより→まずは歩いて吾妻橋薮そば。鳥わさ、天種、かまぼこと蕎麦味噌で一杯やったのちもり。ここは初めてだが、割と新しい店の割には(神田薮で修行した主人が昭和59年創業との由)、並木薮と同じくらい居心地よかった→ぶらぶらと歩いてスカイツリーへ。ここはYギのリクエスト。もう寂れてんだろうと思って甘く見たのが失敗、30分ほど行列させられる。予約しておくべきだった。350m、450mからの眺望は確かに素晴らしかったが、なんかここならではの決め手に欠ける印象はあったかな。なんだろな、よくわからない。土産ものに魅力がない所為か。でもまあ楽しかった→2時間ほど滞在したのち、くたびれたので階下のフードコートでアイスコーヒーで休憩し、東武伊勢崎線で浅草へ→仲見世をぶらぶらしてYギたちが土産を買物、ちょっと時間がなくなったので浅草寺と浅草神社はお参りせずに素通りし、二天門の船着き場へ→水上バスで両国。これは川風も景色も最高に心地よかった→ちゃんこ川崎を初訪問。ここは料理がうまいだけでなく、店の人の気遣いもとても気持ちよかった。予約は四名からということだが、またふらりと訪れたいな。できたら早々に裏を返したい→お腹いっぱいはちきれそうになって、みなで総武線で新宿へ。Yギたちを西武新宿線が見えるところまで送りおいとま。我々は平和に電車で帰宅。経堂からはタクシー→夜9時過ぎ帰宅し、そのままバタンキュー→0時頃起床、風呂→『ワイルド・ワイルド・ウエスト』見ながら一杯。途中で眠くなって就寝。午前3時頃。
8月26日(金) 朝7時半起床、白湯→SJTを都合30分→ギター練習と録音。もう少しだな→夜は『ファール・プレイ』。ヒッチコックへのオマージュに溢れたミステリー・コメディで、ゴールディ・ホーンは可愛く、○○○の70年代風可笑しさも魅力→夜10時には寝てたような気がする。
8月27日(土) 昼前起床、白湯→終日在宅でギター練習など→以下詳細不明。
8月28日(日) 朝7時半起床、白湯→録画整理→SJT40。TVドラマ見ながらだと40分は軽いかも。と言ってないで続けよう→8月27日(日) 朝10時起床、白湯、SJT15→昼過ぎ滝山団地へ。小金井街道で混んだのでバスを降りて歩き始めたら、とたんにクルマが流れ始めた。まあ仕方がないので歩く→O形ご実家でお義父さんお義母さん、義兄義姉にご挨拶。お義父さんと一杯→滝山団地の祭りの会場でYギYきえちゃんと落ち会い、祭りを見物。祭りの踊りは阿波踊りだ。東京で出喰わす他国の様式の祭りについてはこれまであまり好意的に捉えることはなかったのだけれど、夕方から雨の中、これまたひさしぶりに日本を訪れた他国在の友人たちと祭りを眺めていたら、そんなことはどうでもよくなってきた。無心に楽しかったし、別にいいじゃねえかと思った→8時頃に別れ、いったんO形実家に寄ってご挨拶したのち、また歩いて花小金井駅へ。雨が降っていたが、歩くのは気持ちよかったな→平和に電車(経堂からはタクシー)で帰宅。帰宅後即就寝。
8月29日(月) 朝9時過ぎ起床、白湯→昼間はギター弾いたくらいか。今日か昨日かいつだったか忘れたが、『お菓子と娘』のギターは録音完了→シャワー→夕方、まず荻窪に出て吉田カレー。辛口を頼んでみたが、ちょうどよい衝撃が味わえる辛さ。今度は豚や焼きチーズの追加もしてみよう→高円寺に移動し、ちょっと早かったのでサイゼリヤで一杯。茹で青豆ひと皿と葡萄酒一杯ずつで四百円。使い勝手よ過ぎるな。「お水のご利用方法はご存知ですか?」には参ったが(ドリンクバーでご自分で酌んできてください、ならわかりやすいのに)→ちんとんしゃんに移動し、台所おさん独演会を聴く。台所おさん『粗忽長屋』が巻き起こした渦のようなものがもの凄かった。

終演後の酒席でご本人にもお伝えしたのだが、台所おさん『粗忽長屋』の主人公ふたり、八五郎と熊吉の人格が次第にどちらがどちらなのかわからくなっていくような塩梅がとても面白くて驚いた。

といっても、演じ分けができてない云々みたいな話ではもちろんなくて、粗忽が粗忽を増幅してなにがなんだかわけがわからなくなる、そのもの凄さに仰天して笑い転げた次第。深く考えずに言うが、立川談志が提唱した『主観長屋』を聴いたときよりも無心にびっくりさせられたのでは…… とまで思わせられた『粗忽長屋』だった。

考えてみたら、おさんに改名されてからは初めて聴いたかもしれないな(聴いたような気になってましたが)。持って生まれたものであろう人柄や独特かつ大きな身振り手振りの可笑しさも含めて、私にとっては、高座の予定を気にしておきたい最若手真打のひとりとなった。

以下本日の演目。三遊亭時松『千両みかん』にもいい気持ちにさせてもらった。あと松方弘樹に似ていると思った(これはご本人にお伝えし忘れた)。

三遊亭時松・・・・・千両みかん
台所おさん・・・・・弥次郎、粗忽長屋
(仲入り)
台所おさん・・・・・三方一両損

→打ち上げでは、柳家紫文師匠と赤塚不二夫の話ができたのも楽しかったな。11時頃おいとまし、平和に電車(経堂からはタクシー)で帰宅。帰宅後即就寝。
8月30日(火) 朝9時過ぎ起床、白湯→軽い宿酔い。朝食のあとまたしばし寝る→午後復活してSJT30+。+はダンベル持ったので。上半身の運動量も増えてよいかな→シャワー浴びて用賀まで歩いて出る→青葉台・漁竿にて、B電子とS田を引き合わせ。ふたりは初対面だが、B電子は初対面でも遠慮しないでずけずけ言うがそれが嫌な感じのしない人だし、S田も最近の悩みを素直に喋っていたので、音楽や仕事の話が自然と人生相談風になっていったのは、この日に関してはよかったのではないかと思う。私は酒を控え、途中からお茶に切り替えたので、それほど酔いもしなかった→往復とも家と用賀の間は徒歩。都合一時間半ほど歩いた→帰宅し風呂入ってビール呑んで就寝。午前4時頃。
8月31日(水) 朝8:45起床、白湯→午前11時、老父を迎えに。まず富士華で笑っちゃうくらいまずいラーメンを食べ、サミットの上のコジマへ。TVが壊れたので買い替えたいとのことだったが、お目当ての32形は種類が少なく、またネットよりも値段が高い模様。ここでの買物は見合わせる→サミットからクリーニング屋→いったん老父宅に戻り、ネットで値段やサービスを見比べ、とある無名ショップにて購入手続き。搬入、設置、引き取りと処分それぞれに料金が発生し、搬入を希望しなければ引き取りは行われないし、処分の費用はあらかじめ郵便局で払い込む。TV一台買うのにたいへん複雑なことになっているのだなあ→処分の費用の払い込みのためクルマで郵便局と老父宅を往復し、本日の任務完了→帰宅、シャワー、ビール→O形の日記を更新しようとしたが、原稿の固有名詞が間違っているので校正し差し戻し→しかし指摘した誤字が治直ってなかったり、固有名詞の直しも中途半端だったので憮然とし、再度差し戻し。なんだか腹が立ってくる→夕方五時過ぎ、西荻窪へ→出がけに軽く食べたが、うまいものを食べて落ち着こうと思い、久々に坂本屋でカツ丼。全然空腹ではないのに10分ほどでぺろりと平らげ、少し気持ちが落ち着く→坂本屋の遠い並び、要するに北上するバス通りが青梅街道にぶつかる手前くらいにある遊空間がざびぃという会場にて、黒田百合出演の踊るオト鳴るカラダ「Nyt ニュット 〜今そこにある響き〜」という舞踏と音楽の即興セッションを見物(踊り手三人に、ピアノ、トランペット/コラ?、クリスタルボウル)。このセッションの中のなにかこれ、というものがなかなかつかめず、また開演から30分経っても一時間経ってもまだ入ってくる客がいるので(出がけの事件の所為で気持ちが萎えている最中だけに)集中力を殺がれ、十二分には楽しめなかった。残念。まあ自分の所為でもある。身体の裏表がわからないような黒田百合の踊りとか、終盤三人で舞ったときにときおりはっとさせられる動き、クリスタルボウルの山本コウジが奏でる銅鑼の不思議な音、金子雄生の(多分)コラの演奏など、印象に残る場面もいくつかあった→黒田百合にさっとご挨拶しておいとま→ちょいと食べ過ぎたので久我山まで歩くことにする。といっても35分程度。焼け石に水か→なぜか誤って吉祥寺行きの電車に乗ってしまう。三鷹台で気付いたが、面倒なのでそのまま吉祥寺へ→一応いったん降りたが、同じ電車で折り返す→平和に経堂着→帰宅、風呂→夜2時過ぎ就寝。

2016年08月20日

8月まとめ(11〜20日)

8月11日(木) 朝10時起床、白湯→『妖怪百物語』(安田公義。藤巻潤、浜村純、高田美和、吉田義夫、神田隆、五味龍太郎、平泉征、坪内ミキ子、ルーキー新一、花布辰男、林家正蔵。1968、大映)、『夜の女たち』(原作:久板栄二郎、監督:溝口健二。田中絹代、角田富江、宮本民平、高杉早苗、藤井貢。1948、松竹)、『浅草四人姉妹』(佐伯清。相馬千恵子、関千恵子、杉葉子、岩崎加根子、三島雅夫、沢村貞子、高島忠夫、飯田蝶子、田中明、二本柳寛。1952、新東宝)→以下詳細不明。
8月12日(金) 明け方いったん起床し段ボールゴミ出して再び就寝→朝8時半起床、白湯→昼過ぎからGENT&HONEYにて散髪。出かける前はなんとなくだるかったが、男のブルーボトルをいただきながらA利さんと訥々とおしゃべりしているうちになんだかいい気持ちになった。仕上がりも今までで最高→帰りの唐木田行き千代田線にて、代々木公園で座ったらそこに財布が落ちていた(ポールと座席の間にはさまっていた)。向かいに座ったご婦人と目が合ったので、これどうしましょうかねえとしばし相談したが、最寄り駅までそのままも落ち着かないので、私が途中下車して駅員に届けることにした。で、届けた。電車を降りてからふと後ろを見るとご婦人も降りて着いてきたのが面白かったが、あとから考えてみれば“自分からは何もしないが人の行動を見張るでもなく見張る”という今の日本人的な空気が車内にあったのかもしれない→千歳船橋に着いて、お盆のお供えを買おうと思ったが一日間があるのでよして、代一元で一杯やって帰宅→午睡→『黄金バット』→あとドラマの録画を二本見て、ギター弾いたりしてから就寝。夜2時頃。
8月13日(土) 朝8時起床、白湯→シャワー浴び出かけようとしたところでなんとなくふらっとした感じを覚え、熱を測ったら37℃ちょうど。大した熱ではないとはいえ、本日の主旨は生まれたての赤ん坊を見に行くことなので、万が一風邪などに感染させたらいけないと考え、失敬することにした。申し訳ない→少し睡眠。熱を測る度に、36.1℃になったり37℃を超えたり→ときどき横になって休みながら、終日録画整理。ハードディスク内の映画をリストにして、だいたいの傾向や監督、年代などでまとめる作業をしたので捗った→あと居間を少し片付け、明日のために仏壇を二階へ移動→寝たり起きたり→夕方、晩の仕込みをしてから風呂→『サザエさんの結婚』→来週の福島旅行の計画→ギター練習→夜2時頃就寝。
8月14日(日) 朝8時起床、白湯→掃除、洗濯→予想通り、予定より30分近く老父と姉、甥っ子が到着。昼の予約をしていた中華料理屋に電話し、到着予定を一時間早めてもらう。今年から仏壇が我が家に移転したので、亡母と祖父母へお線香上げてもらい、冷茶を一杯差し上げてすぐに出発→姉のクルマで移動し、三鷹の中華ドラゴンで昼。生ビール中二杯だけだったが、お腹いっぱいになり撃沈(空芯菜炒め一口とスープをほぼまるまる残してしまった)→腹ごなしに吉祥寺まで歩く。途中井の頭公園をぶらぶらし、駅前の電器店でモバイルバッテリー買ったりいろいろ冷やかしたので、計3時間くらい歩いた→平和に電車で帰宅。下北沢駅の新しいエスカレーターは、井の頭線のホームと小田急線のホームとで直通かと思ってたが違った。途中で曲がったりする新機構のエスカレーターを妄想して、ワクワクしていたのだが→オダキューOXで買物して帰宅→シャワー→風呂上がりに酎ハイ二杯。それからビール呑みながら、細々したものをつまんだが、またすぐにお腹いっぱいになり食事と映画鑑賞の途中で寝てしまった→夜9時起床。情報整理も含めて旅支度→O形サイト更新(日記)→『大頭脳』の続きを見ようかと思ったが、『フロム・ダスク・ティル・ドーン』のTVシリーズの続き見て呑んで、夜2時過ぎ就寝。
8月15日(月) 朝5時半起床→慌てて旅支度して6時半頃出発→相変わらず外環道の大泉入口を見つけられず和光から乗り、あとはつつがなく東北道。途中三回ほど休憩し、昼12時に飯坂温泉到着→今日の宿と宴会会場である清山に寄り、事情を話してクルマを停めさせてもらう。少し不安はあったが、行ってみればちゃんと話は通っていて安心→飯坂線で福島まで下る→まずはお目当ての会場の場所を確認し、昼。昼はお目当てがお盆休み。時間もないので目についた寿司屋に飛び込む。可もなく不可もなく→ライブの切符代わりの手拭いを買って、時代屋へ。ここではzabadakとパンチの効いたブルースwith大友良英。zabadakは全然舞台が見えず。パンチの効いたブルースはいつも通り楽しんだが、演奏時間は30分時間厳守ということで少し物足りなかったかな。その物足りなさは大友良英の参加でも埋め切れなかった。でもマダムギターと大友良英のギターの味わいの違いを味わえたのはよかった→続いて吾妻光良トリオを聴こうと思ったが、やはり会場は満員で少し疲れも出てきたので、盆踊りの広場で休憩。そのうちに東北6県ろ〜るが始まったので、前のほうで踊りながら聴く。涙が出る→またしばらく休憩し、マダムにご挨拶などしているうちに音頭DJが登場。面白くはあるが、選曲は基本昔からある音頭の昔のレコードのみにしてほしかったかな。それとかかる曲すべてを踊れる盆踊りマスターとセットでの演し物だともっとよかった→盆踊りは、マダムギターや大友良英という客人(まれびと)が始めた祭りがようやく土地に根付いた、という印象。百年続いてこの土地の伝統行事になるといいなと思った。そのために越えなければならない物事はたくさんあるのだと思うが→盆踊りの前半終了と同時に飯坂温泉へ→ひと風呂浴びて横になっているうちに、出演者・関係者が帰ってきて、宴会開始。我々夫婦は無関係者なので、隅っこでおとなしくいい子に呑むことにした。そのうちかわいしのぶさんがやって来てお酒を奨めてくれたり、O形旧知の漫画家の方にご挨拶したり、吾妻光良がギターを弾き始めたりと楽しく展開し、0時回ったところでおいとま→部屋に戻って即就寝。
8月16日(火) 朝9時起床→風呂も朝食も諦め、次の宿に移動することにした。白崎さんとは目が合ったので朝のご挨拶→クルマでなかや旅館に移動。クルマを置かしてもらい、飯坂温泉をぶらぶら→旧堀切邸を見物したのち、鯖湖湯で汗を流し、お目当ての保原屋食堂へ。家族だけでのんびり営む蕎麦・中華。餃子がうまかったのでお代わりする(飯坂温泉は餃子が名物だそうだが、他の餃子を押している食堂と比べても、ここのはうまいそうだ)。少し辛めの飯坂ラーメン(ごますり)もうまかった。ビールは瓶を頼んだほうがよさそうだが、ここは満足。また来たい→宿に少し早めに入れてもらい午睡→夕方ひとりで飯坂温泉の町を散策。なんとなく地理を理解したので楽しくなってきた。また来たい→宿に戻り風呂、夕食。食事はものすごくうまいというわけではないが、おざなりな温泉旅館料理ではなくひとつひとつ丁寧に拵えた印象で、これまた満足→食後即就寝。深夜颱風来る。
8月17日(水) 朝一時間だけ延長してもらい、雨をやり過ごす→下着の予備がなくなったのでファミリーマートで買物し、ガソリンを入れ、あとは一路会津へ。磐梯河東のひとつ手前の猪苗代磐梯高原で磐越道を降り、猪苗代湖を眺めながら、あとは去年と同じく県道64号線から飯盛山のほうに抜け、奴郎ケ前から県道325号線に入り、東山温泉へ。午後1時頃、一年ぶりの芦名に到着。クルマと荷物を置かせてもらい、お茶をいっぱいいただき、徒歩でおひで茶屋へ。期待通り(永年営まれているのだから当り前だが)田楽がうまく、お代わりする。来てよかった→前回寄らなかった会津慶山焼きを訪問。おちょこと片口を購入。花瓶やスープカップなどほかにも欲しいものがあったが、次回の楽しみに取っておくことにした→帰途も徒歩。まあ都合一時間くらい。東山温泉はおとつい昨日と盆踊りだったらしく、櫓の解体中だったので、写真に収める→宿に戻って午睡、風呂、夕食。所有する畑で取れたという野菜や枝豆と、地の豆腐、鶏肉、鶏卵など、やはりここの食事は特別である。酒は会津娘を二本だけ呑んだが、これで十分→食後に風呂入り、即就寝。男湯は改装したとかで、きれいになっていた。
8月18日(木) 朝7時起床。朝湯→朝食も昨夜の夕食と同じくらい満足。鮭はここで採れたものではないと思うが、刺身でも食べられそうな鮮度で火加減もよかった→帰りはまず東山ダムを見物(熊が出ないか少し冷や冷やしつつ)、それから三万石で土産のエキソンパイを買い、会津武家屋敷の土産物屋まで戻って会津の酒など購入。それから東山温泉のほうに少し戻って県道374号線に入り、山道を登って背あぶり山を今回は通過(次回はおけいの碑など見に行きたい)、往路と同じ道程を逆に辿り猪苗代湖を眺めつつ、猪苗代磐梯高原から磐越道へ→途中一度休憩してからいわきへ。ら・ら・ミュウで遅い昼食を摂り、去年と同じお父さんの魚屋で買物。メヒカリ、ノドグロ、鮭を買ったが、かなり値引いてもらった。お礼に記念写真を撮影→さあ東京に帰ろうと思ったらまたシートベルトの受け口が故障。しかし直し方はなんとなくわかったので大きな問題なし→往路はいわき中央で降りたが、帰途はいわき湯本から常磐道へ。ら・ら・ミュウはいわき湯本のほうが近いようだ→帰途は三郷の辺りで少し渋滞したが、あとは何事もなく東京へ。しかし大泉が混んでいるというので和光で降りたら少し迷って焦る。が結果的には早めに環八に、割とすんなり入ることになり、今後も帰途は和光で降りるのがいいのではないかと思う→そのまま環八を南下、あと少しで帰宅というところで、O形が仕事のファックスを今日中に送れなかったということを悔やむようなことを言うので、ならなんで時間をきちっと決めるなりそれを私に伝えないんだ、せっかくあと少しで楽しい気分のまま旅行が終わるのにと腹を立てる。それで少し動揺して、帰りにパワーラークスに寄って買物するのにうっかり変な裏道に入ってしまい、一方通行を逆走してしまった→まあそれでもパワーラークスで買物し、ガソリンも満タンにして帰宅→風呂洗って入れ直して入浴→仲直りしてメヒカリの唐揚げでビール呑んで就寝。
8月19日(金) 朝7時起床。さすがにくたびれたので、金継は休むことにする→午前中老父に福島土産届けに出かける→生協で買物して帰宅。カツ重弁当でビール→午睡→夜は東京ハイボールズ練習。ギター二本のアンサンブルなど指摘。自分はエイトビートは自分なりに快心の出来だったが、コーラス歌うと崩れたり、ハーモニカは下手になっていたり、改善点多数→いつものホルモン屋で呑み喰い。バカ話で笑う→平和に電車で用賀。用賀から40分かけて歩いて帰る→帰宅後シャワー、ビール。夜2時頃就寝。
8月20日(土) なんとなく宿酔い→終日録画整理など→昼に揖保乃糸の黒帯(特級品)を試してみたら、うまくて一把お代わり。N画伯に伺ったとおり、ほとんど別物の味わい→晩の仕度(ノドグロの解凍、ポテトサラダ仕込み、粥の準備など)→『男はつらいよ 柴又慕情』見ながら晩。ポテトサラダはらっきょうを刻んで入れてみたが(あとは玉葱みじん切りとおくら輪切り)、なかなかうまくできた→片付けして就寝。夜3時頃。

2016年08月10日

8月まとめ(1〜10日)

8月1日(月) 朝11時起床、白湯→排便前後で血圧が変わることを確認したが、30分の開きがあるので排便が本当に影響しているのかは、まだ疑問が残る→昨日こしらえた粥で朝食。昨日も朝昼と粥だった。米の量は少なくて済むし、鍋一杯に作っておけば食べる度に小鍋に取って食材や味を変えられるので、この方式はよいかもしらん→O形サイト更新(日記)→『負け田負け代』Web版単行本が今日も一冊売れ、サポートもしてもらえた。いやもっとどーんと売れないとつまらないのだが、それでもサポートがついたというのはうれしい→『浅瀬サイケデリック(仮)』のギターソロ部分、ギターのポジションのタブ化に着手。まだ手探り→玉葱炒めたりジャガイモ茹でたりした適当なものを酒肴にしながら、Snarky Puppy『Family Dinner』vol.1, 2のDVDを鑑賞。これはなかなか→ビール中瓶×1、金宮酎ハイ×2で眠くなり暫時午睡→あまり熟睡できず、結局すぐに覚醒したが、そのまま0時頃まで横臥→0時頃起床→あとは失念。
8月2日(火) 朝11時起床、白湯→シャワー→いい感じの空腹感を覚えたので、昨日はほとんどお粥だけだったし体重減ってるかなと思ったが、70kgを超えていたので憮然。空腹感も消え去ってしまった。まあ夜中に起きてなにやらつまんだのから当り前か→『半七捕物帖 三つの謎』(原作:岡本綺堂、監督:佐々木康。片岡千恵蔵、東千代之介、明石潮、原健策、堀正夫、堺駿二、舟橋圭子、千原しのぶ/鶴田浩二、戸上城太郎、花柳小菊、加賀邦男、清川荘司、尾上鯉之助、中里阿津子/沢村訥升、桜町弘子、高松錦之助。1960、東映)→『右門捕物帖 紅蜥蜴』(原作:佐々木味津三、監督:松田定次。大友柳太朗、堺駿二、菅貫太郎、久保菜穂子、進藤英太郎、三島雅夫、中村錦司、多々良純、吉田義夫、丘さとみ、桜町弘子、里見浩太朗、戸上城太郎、黒川弥太郎。1962、東映)→さらに『妖怪百物語』(安田公義。藤巻潤、高田美和、平泉征、坪内ミキ子、ルーキー新一、林家正蔵。1968、大映)見始めたが眠くなってしまい途中で入眠。
8月3日(水) 朝8時起床、白湯→少し遅れて老父宅。まずはま寿司で昼。Uターンして生協で買物。またUターンしてホームピックで買物。いったん老父宅で降ろして買った荷物を家に運び込んだのち、図書館まで送っておいとま。新しい入居者も増えたが、なかなか馴染まないとの由。もっとも居住者同士も職員と居住者も、大きな衝突などはないそうだ。相模原の事件があっただけに、少し心配はしている→パワーラークスに寄ってペリエ買い帰宅→帰宅直後に腹の調子が急転直下し、危ういところだった→午睡→以下詳細不明。
8月4日(木) 朝5時半起床、白湯→録画整理と台所仕事→『男はつらいよ』(山田洋次。渥美清、倍賞千恵子、森川信、三崎千恵子、笠智衆、光本幸子、津坂匡章、前田吟、志村喬、佐藤蛾次郎、太宰久雄。1969、松竹)→あとは失念
8月5日(金) 朝7時起床、白湯→金継研究会。ここでの刻苧は二ヶ月くらい放置すると大丈夫のようだ→久々に朝日軒で一杯→浅草に出てにゅうおいらんず見物→入山せんべい買って並木薮で一杯→それから浅草神社参拝し、梅園の豆かん買って平和に帰宅→シャワーで汗を流して午睡→あとは失念。
8月6日(土) 朝8時起床、白湯→終日録画整理→夜8時過ぎ、ギター届く。値段の割にはなかなか→あとは失念。
8月7日(日) 朝7時起床、白湯→洗濯→自室の掃除。ギタースタンドも組み立て、すっきりする→お好み焼き作成→シャワー→午睡→先生産前最後のタップダンス教室。三月にいっぺんなのに、上達とまでは行かないが、毎回の覚えが早くなっている気がする。そして楽しい→経堂に戻りさばのゆで一杯。いやけっこう呑んだか。S田さんと寿司屋なり田やT岡さんや笑点新司会者の話など。なかなか楽しく呑んだ→オダキューOXで買物して帰宅、即就寝。
8月8日(月) 朝8時起床、白湯→Tしま君用音源、最初のコンセプトに戻って
ウクレレのループを三曲分作成。これはこれでBGMとしてはいいような気がする。あと少しギターとベースを足して変化を付けるか→『あんみつ姫 妖術競べの巻』(原作:倉金章介、監督:仲木繁夫。雪村いづみ、藤原釜足、松田トシ、丹下キヨ子、有島一郎、久保明、松島トモ子、益田喜頓、二条雅子、瀬川路三郎、有木山太。1954、東宝)→『起きて倒れてまた起きて』→『ギターを持った渡り鳥』→今日の録音を確認して就寝。多分0時前。
8月9日(火) 朝9時起床、白湯→『浅瀬』にいろいろ手を入れてみる。発音タイミングをいろいろいじってみたら、ギターソロも打ち込みで行ってよさそうだ→夕方作業切り上げシャワーそして飲酒準備→『続べらんめえ芸者』→『希望の乙女』→音源仕事少し→夜11時頃就寝。
8月10日(水) 朝4時頃起きて少しウクレレ練習、録音したのち、ゴミ出して6時過ぎ二度寝→朝8時45分起床→11時前老父宅訪問。まずは杏林大学病院内の松本楼で昼→最近は朝食を自分で用意しているからパンを買いたいとのことで、三鷹市役所近くのサミットへ。まずコジマでダイソンの掃除機を購入、それから食料品買い出し→その他は特にどこかに寄らず、送り届けておいとま→帰途パワーラークスで鶏唐揚げ、パン類など購入→帰宅してみると本日の酒席が中止となっていたので、唐揚げでビール呑んでゆっくり午睡→起きてまたビール。『男はつらいよ 奮闘編』→食後仮眠→少しウクレレ練習→朝方4時半就寝。

Calendar

2016年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ