« 2016年08月 | メイン | 2016年10月 »

2016年09月30日

9月まとめ(21〜30日)

9月21日(水) 結局日付変わる前に目が覚めたので、まずはギターとベースの基礎トレ365日。先週さぼった分から今週明日の分まで→新曲にメロディカ入れてみる。盛大に間違えたところがまた心細い感じでよかったので一発OKとしミックス。Tしま君に送る→朝方4時頃再び就寝→朝8時半起床→老父買物付き添い。まずは深水庵で天ぷらそば→サミットで買物→クリエイトで買物(老父のみ)→送り届けておいとま。そんぽの家の電気代と水道代、施設の手数料が上乗せされていると知り憮然。契約書には単価だけ書いてあるとのこと。一度ちゃんと見なければ。あとO-157中毒を出してから家族に報告がないのも気になる→帰宅後基礎トレ365日。今日は割とみっちり→SJT40+→シャワー→深水庵で揚げ玉もらってきたので焦がし葱たぬきぶっかけそうめんを作ってみる。うまい。胡麻大さじ2と生たまご入り。それとビール→夕方高円寺。ちんとんしゃんにてK代さん小唄の会ひとまず最終回。マリソルにお出になってたので、編集部のM子さん誘ってO形と三人にて。いい喉を堪能。しばらく聴けないのは寂しい。浪花の石原慎太郎みたいなとんちんかんなお父さんがいらしたが、まあ可愛げはあったしすぐに帰ったのでよかった→ちんとんしゃんからkyoyaに流れてリブアイロールステーキ200gと赤葡萄酒で〆。うまいなー→平和に電車で帰宅。
9月22日(木) 朝9時半起床、白湯→宿酔い、というよりは食べ過ぎの感じで、起きてしばらくして午睡→起きて昼→シャワー→夕方横浜・馬車道駅より、モーションブルー。trio fascinationとdouble torus。素晴らしかった。白葡萄酒デキャンタを追加し、フライドポテトをひとりでふた皿も食べた→平和に電車で帰宅。往復とも小田急・南武線・みなとみらい線。
9月23日(金) 朝9時半起床、白湯→基礎トレ365日。明日は水戸なので、明日の分も→『宇宙人東京に現る』見ながらSJT40+→夕方町田。まずは名店と誉れ高いアサノでカレー。確かに濃厚だが、吉田カレーを初めて食べたときのような衝撃はなし。何度か通ううちに好きになるかな。何度か通いたいとは思った→ビートルズ・バンドのリハ。今日は映像を撮ってもらった。『I saw her standing there』の最後のほうの演奏で、なにかが身体に宿った気がして、自分としてはとてもよい演奏だった気がするが、果たして→カメラマン囲んで一献→ほぼ終電間近だったが平和に電車で帰宅→シャワー→夜1時頃就寝。
9月24日(土) 朝8時半起床、白湯→昼前出立し、東京駅から常磐線特急で水戸へ。車内でサンドイッチふた切れとビール→水戸に着いて早々、逆方向に歩き出してしまい焦る。雨が降ってたので慌てた次第だが、ないはずの川があったので気付いた→取って返して東照宮の参道入口から例の急坂の裏道を通っていつものみまつアネックスへ。荷物だけ預けてまずはすずきでラーメン→旧ビオトープにて催されているムスカイ・ボリタンテス展を見物。I崎は今回かなりの数出品していたが(ちゃんと数えてないが四五十点はあったと思う)、描き過ぎたりなんだりの失敗が多く満足行くものは少ないとの由。怪獣をモチーフに描いた作品は全体的に可愛らしく、その可愛らしさは好ましいと思った。ただその奥にある物語なり文脈なりは、説明を聞かないとよくわからなかった。仲間のQオリアは、前回見たときは勝手に引きこもりで細かい模様を描くのが好きな青年だと思ったのだが(根拠はなく、ただご本人のおとなしそうな佇まいからそう思っただけ)、話を聞いてみるともともとは既製服に絵を描いて売っていたのだそう。絵を描いて売る人間としては、とてもしっかりした地面を踏んでいると思った→精神分析医の司会による出品作家座談会(これはちょっと、面白い部分もあったが、司会の采配が振るわず面白みに欠けていた)を拝聴したのち、いったん宿に帰り、タクシーを呼んでもらい310へ。開店してからは私も初訪問。餃子はふつうにうまく(代表的なメニューの310餃子はニンニクが利いていてなかなかうまかった)、楽しく食事できた→歩いて宿に戻って仮眠→0時過ぎにインモーへ。客が母子連れひと組だけだというのがなんだか謎な感じだった。途中からH島君とO形も登場、この日はなぜかTクラ君の話が半分以上聞き取れ、朝4時過ぎまで楽しく呑む。すずきの脱税の話が可笑しかった→朝方5時就寝。
9月25日(日) いったん朝10時前に起きてフロントに延長の連絡を入れ、11時過ぎ起床→外に出たら昨日の雨とは打って変わって眩しいくらいの晴天。そして商店街の大規模なお祭りが催されていて、こんな数の人がどこにいたんだという人手。その中をぬりやまで歩き昼。ちょっと宿酔い気味で具合悪かったが、鰻丼とビール。今年は二回もぬりやの鰻を食べることができて満足→途中休み休みしながらギャラリーへ。閉会の催しとして、DJ:パム、踊り:宗山史が行われていたので見物。パムのDJは、古いアシッドジャズの影響も感じさせつつ、ビートの解釈が独特で飽きなかった。宗山史の踊りは、今日のところは少し緩急に欠けていた憾みがあったかな。またいろいろな公演を見てみないとなんともいえない。終演時の“にじり去って”行くような動きは印象的で記憶に残った→I崎とQオリアに挨拶しておいとま→来たときと同じく謎の急坂から東照宮参道入口経由で水戸駅。一時間後の列車を予約し、構内の喫茶店で休憩→平和に東京駅着。東京駅で諸々メンテナンス→中央線、小田急線で平和に経堂着。買物に行ったO形を駅前のベンチで待っていたら、おじいさんおばあさんとお父さんに連れられた可愛らしい女の子(一歳半との由)がしきりにおへそやおなかを見せてくれて和んだ→平和にタクシーで帰宅→風呂→本日の『笑点』見ながら即席ラーメンすすって日記書いてギター少し練習して就寝。夜1時頃。お腹の調子が悪いこともあり、今日から一週間断酒とする。
9月26日(月) 朝9時半起床、白湯→昼過ぎまで基礎トレ365日。今までの分を最初からやったら今週分に届かず(今週分は昨日さわりをやってはいるが)→『青い海原』 (原作:瀬戸口寅雄、監督:小林恒夫。美空ひばり、高倉健、春日八郎、宇佐美諄、三条美紀、山口勇。1957、東映)、『続々べらんめえ芸者』 (小石栄一。美空ひばり、高倉健、中原ひとみ、紫ひづる、小宮光江、星美智子、雪代敬子、浪花千栄子、友野博司、殿山泰司、木川哲也、坂本武、小桜京子、花岡菊子、佐伯秀男、清川虹子、永井柳太郎、柳谷寛、進藤英太郎。1960、東映)見ながらSJT40+と晩の仕込み。『続々べらんめえ芸者』は美空ひばりの最高傑作かもしらん、といい加減なことを思った→風呂→晩も『続々べらんめえ芸者』見る→基礎トレ365日続き。今週分に着手→夜3時頃就寝。断酒一日めはつつがなく終了。
9月27日(火) 朝9時半起床、白湯→基礎トレ365日+これまでの復習ひと通り→少しお腹痛かったので朝は抜いて、昼もスパゲティ40gのみ(昨夜作ったポトフの残りでスープスパゲティにした→『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』(山田洋次。渥美清、松坂慶子、太宰久雄、佐藤蛾次郎、倍賞千恵子、前田吟、笠智衆、下絛正巳、三崎千恵子、吉岡秀隆、芦屋雁之助、初音礼子、正司照枝、正司花江、大村崑、マキノ佐代子、斉藤洋介、笑福亭松鶴。1981、松竹)見ながらSJT45+→ブルースギターの稽古をしてみるが、ハーモニー・シャッフルとやらがすぐには身に付かず。でもなにかは覚えた→風呂→こないだ書いた『心細い散歩』という曲の歌詞がとつぜん涌いて出たので書き留める→晩は久々に秋刀魚。『宇宙人東京に現わる』をO形に見せる→食後ブルースギターの練習をしてみたら、ハーモニー・シャッフルとやらがさっきより弾けるようになっていた(キーEとキーG)→夜1時就寝。断酒二日めもつつがなく終了。
9月28日(水) 朝8時起床、白湯→基礎トレ365日ギターのみ→通じは満足にあったが昨日に引き続き腹痛あり、朝は抜いたまま出発→今日はO形も一緒に老父迎えに行き、まずは杏林病院の松本楼で昼。O-157の件も電気/水道料金の件も、進展や回答はないそうだ。現場の人はよくやってくれていると思うが、会社の体質というのはそうすぐには変わらないということか→食後サミットとホームピックで買物。老父の今日の目的は達成したが、雨が少し降ってきたので図書館は割愛→老父を送り届けてから生協とパワーラークスで買物して帰宅→『男はつらいよ 寅次郎物語』(山田洋次。渥美清、吉岡秀隆、伊藤祐一郎、倍賞千恵子、前田吟、下絛正巳、三崎千恵子、太宰久雄、美保純、佐藤蛾次郎、笠智衆、イッセー尾形、秋吉久美子、笹野高史、五月みどり、すまけい。1987、松竹)見ながらSJT50+→基礎トレ365日ベース編。アンプにつないで弾いてみると、出したい音でない音が弦の共鳴などで鳴ってるのがよくわかる。ゆっくり直して行きたい→風呂→『何かが道をやってくる』『何かが道をやってくる』(原題『Something Wicked This Way Comes』原作・脚本:レイ・ブラッドベリ、監督:ジャック・クレイトン。ジェイソン・ロバーズ、ジョナサン・プライス、ダイアン・ラッド、パム・グリア、ローヤル・ダーノ、ヴィダル・ピーターソン、ショーン・カーソン。1983、米Buena Vista Distribution)見ながら晩。話は面白いが、絵的演出的にはなにかもひとつぱっとしなかったな→夜1時頃就寝。断酒三日めもつつがなく終了。呑まないので感覚が麻痺してない所為か、うっすらとした下腹の痛みがずっと続いている。
9月29日(木) 朝10時起床、白湯→本日起床したらうっすらとした下腹の痛みはほとんど感じなくなっており、通じも快調。ただし、そののち胃がすーっと痛くなったが、これもほどなく止んだ。素人判断で言えば、酒を抜いていることにより負担が軽くなり、そのことで快方に向かっている故の症状かなとも思うが、果たして真相やいかに→基礎トレ365日→特に気付かなかったが、昼の血圧がここ三日間ほど正常っぽい値になっている。運動とアミールSその他が効いたか→『男はつらいよ 噂の寅次郎』(山田洋次。渥美清、倍賞千恵子、前田吟、太宰久雄、吉田義夫、下絛正巳、三崎千恵子、笠智衆、佐藤蛾次郎、大滝秀治、泉ピン子、志村喬、中村はやと、大原麗子、室田日出男。1978、松竹)見ながらSJT55+。映画を一本見ると考えると、一時間半くらいまでは徐々に延ばせるのか→晩の仕込み(といっても煮干しを水に浸けたりとかその程度)してから風呂→晩はお粥と野菜中心に軽めのつもりだったが、食べ終えてみるとお腹パンパンだった→お腹いっぱいになった所為でもないと思うが、夜10時過ぎ就寝。断酒四日めもつつがなく終了。寝る前にやたら鼻水が出て鼻炎のよう。
9月30日(金) 朝9時半起床、白湯→なぜかやはり鼻炎→基礎トレ365日→来月の取材準備のやり取り→『にっぽん戦後史 マダムおんぼろの生活』(今村昌平。赤座悦子、赤座たみ、赤座あけみ、赤座昌子、赤座千枝子。1970、東宝)見ながらSJT60+。ついに一時間→風呂→晩。今日は映画は見ずTVのバラエティをぼんやり眺めた→取材準備の調査→夜10時過ぎ就寝。断酒五日めもつつがなく終了。

2016年09月20日

9月まとめ(11〜20日)

9月11日(日) 朝8時起床、白湯→基礎トレ365。ひとまず一週間は続いた(昨日やっつけた分今日はていねいに)。来週の分も予習→SJT50+。10分延長。負担はそれほど感じなかった→シャワー→新宿に出て伊勢丹でバブーシュを購入。二年くらい前に買って履いてたのが崩壊したが、それを買った西荻窪のMorocco Treeが店を閉めてしまったらしいので、伊勢丹を覗いてみた。あと青山の裏のほうにもバブーシュを常時置いてある店があるらしいし、通販という手もあるので、そんなに心配することもなかったか→ついでに地下で錦松梅購入→丸ノ内線で新高円寺に移動。高円寺駅前まで歩き、古本屋で時間つぶしてからKyoyaを初訪問。噂のリブアイロールステーキを喰らう。うまい。メニューが飲酒用途としてぎりぎり十分な感じもよいな。店の人もよかった。贔屓にしたい→Showboatに移動しF's night vol.10。Kyoyaから引きずった酔いも手伝って、勝手に盛り上がって踊ったりした。楽しかった。会場でYupinにばったり→平和に電車で帰宅。0時頃就寝。
9月12日(月) 朝8時起床、白湯→基礎トレ365→sjt40+→午睡→『サザエさんの新婚家庭』→At用に一曲。閉店の曲→録画整理→午前2時頃就寝。
9月13日(火) 朝6時起床、白湯→基礎トレ365(軽く)→けっこうな雨の中、八兆で蕎麦たぐってからなぜか用賀まで歩き、田園都市線で宮前平→B電子の製品検査のアルバイト。業務用キーボードの各キーがきちんと動作するかや各筐体に不備はないかの確認。夕方までに検査を終え、余った時間で梱包作業前倒し。慣れない仕事なのでまあまあ疲れた→帰りは用賀からバス→帰宅して風呂→『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花』(山田洋次。渥美清、浅丘ルリ子、倍賞千恵子、下絛正巳、三崎千恵子、前田吟、太宰久雄、笠智衆、佐藤蛾次郎。1980、松竹)見て、酔いと疲れも相まってなんだか盛り上がる→夜0時頃就寝。
9月14日(水) 朝7時起床、白湯→今日は集合が30分早いので、朝食抜きで出かけ、ちゃんとバスで用賀。しかしバスが10分以上遅れてきたので焦った→本日は梱包作業。発注元の検査員が来るまでに、余裕で作業は完了。やっているうちにだんだんコツをつかんでくるのが面白い→発注元検査員来たら、いきなり製造作業前の検査も必要、みたいな、今さらなにを言ってるんだというクレームを言う。B電子は抵抗。結局話はだんだん本筋から離れ、最後はうやむやに。大手メーカーには実作業とあまり関係のない“論”をぶつ人がよくいたりするが、その手の人のようだ→抜き取り検査を待つ間、配送用の大箱を作ったり、検査を終えた個体を包み直したり。すいすいと効率よく作業を進め、検査終了と同時に梱包もすべて完了。そして最初のクレームはやはりうやむやのまま終わった→いったんB電子に寄って珈琲をご馳走になってから、B電子と山を降り駅前で一杯。当り前にちゃんとした音楽を演りたいねえという話に花が咲く。面白かった。ご馳走になった→本日は用賀からタクシーで帰宅→風呂→また変な替え歌が頭に涌いて出たので、とりあえず書き留める→スネにお灸→基礎トレ365。メトロノームなしで適当なテンポで。しかし予習復習もやった→スーマー新譜『泥水は揺れる』を購入予約。アナログ盤との由→ほぼ誰にも番号を教えていない固定電話がしつこく鳴ってびっくり。10コール×3で止んだ→『笑点特大号』見ながら一杯→夜2時就寝。
9月15日(木) 朝9時起床、白湯→Windowsマシンを使う用事(Excel仕事)ができたがACアダプターが見当たらず困った。しかしすぐに見つかった→なんかボサノバっぽいいい曲が浮かんだので、まず譜面を書き、それからLogicに打ち込み。AB二パート繰り返しのみ展開なしで、BPM90でちょうど三分くらいの曲→Excel仕事のファイル一式届いたので内容確認し納期予定の連絡など→昼過ぎから晩の仕度開始。『若さま侍捕物帖』(原作:城昌幸、監督:佐々木康。大川橋蔵、本郷秀雄、千秋実、桜町弘子、三田佳子、山形勲、三島雅夫、花柳小菊。1960、東映)見ながらカレーを制作。映画の内容はぜんぜん入って来なかった→夕方6時過ぎ諸々完成し休憩そして倒れるように午睡→ 夜1時就寝。
9月16日(金) 朝6時半起床、白湯→Excel仕事少し(15分)→午前中金継教室。掃除×2と仕上げ×1。ちょっと時間が余るくらいがちょうどいいな→美富士で昼の一杯→乾物屋で買物(日高昆布、煮干し、洗い胡麻白、くさや瓶詰め)→平和に電車で帰宅→ビール→午睡→『喜劇・女は度胸』(原案:山田洋次、監督:森崎東。渥美清、河原崎建三、花澤徳衛、清川虹子、沖山秀子、有島一郎、春川ますみ、倍賞美津子。1969、松竹)→Excel仕事完了。残すは1ファイルの校正のみ→夜2時頃就寝。
9月17日(土) 朝9時起床、白湯→Excel仕事最終チェック完了、提出準備→『旗本退屈男 謎の怪人屋敷』(原作:佐々木味津三、監督:渡辺邦男。市川右太衛門、岸井明、坊屋三郎、山内八郎、勝浦千浪、宇治みさ子、清川虹子、加賀邦男、高峰三枝子、原健策、喜多川千鶴、阿部九洲男、進藤英太郎、月形龍之介。1954、東映)見ながらSJT40+→明日のT後のパーティのために、促成のサルサダンス練習。とりあえずベーシックと前後とちょっとゆっくりになるやつ、そしてそれぞれの切り替えを練習して、ふたりで踊る際のステップを確認→『家光と彦左と一心太助』(沢島忠。中村錦之助、進藤英太郎、中村賀津雄、北龍二、薄田研二、徳大寺伸、尾上鯉之助、杉狂児、北沢典子、坂東簑助、田中春男、山形勲、平幹二朗、木暮実千代、桜町弘子。1961、東映)。中村錦之助にはしびれるなあ→『宇宙人東京に現わる』(原案:中島源太郎、監督:島耕二。見明凡太朗、杉田康、山形勲、平井岐代子、永井ミエ子、川崎敬三、南部彰三、苅田とよみ。1956、大映)を途中まで。確か眠くなったので。あとは失念。
9月18日(日) 朝9時起床、白湯→昼から下北沢。T後とMきちゃんの結婚パーティ。一次会は440、それから440の前の串カツでんがなで時間をつぶしてから二次会のボデギータ。ちょうどいい感じのところでおいとまして、S田が今日は呑みたいのというので新雪園、それからバシブズークで〆。12時間以上呑んでくたくたになり、タクシーで帰宅。それにしても幸せに満ち溢れたいいパーティだった。ひさびさにKタロウやM子ちゃんに会えたのもうれしい。
9月19日(月) 終日宿酔いで横臥。
9月20日(火) 朝8時半起床、白湯→ちゃんと朝飯作って喰らったり、出汁取ったり、かつぶしの出汁殻でふりかけ作ったり→新曲は結局スチール弦のギターで弾いて録音。いい感じなので自分で弾いてベースも入れてみるが、ヘタクソだしウッドベースの音のほうがしっくりくるので、ベースはこれまで同様打ち込み。そこまでできたところで何度か繰り返し流しながらメロディカを吹いてみたらこれもいい感じなので、もう少し練習したら録音してみよう。ギターが『In A Sentimental Mood』、メロディカが『Love Me Do』のハイブリッドみたいな、奇妙な感じ→シャワー。生き返る→夕方用事諸々。CVSで電話代払い、郵便局でB電子宛請求書発送しハガキ買って太陽の塔内覧申し込み書いてこれも発送し、銀行に行って今後三ヶ月分の電話代入金し、ガラムマサラで晩。ひさびさ。うまかった。ムール貝の梅焼きという不思議なものもうまかったなあ→オダキューOX裏でO形とわかれ、ひとりさばのゆ。北九州久留米のうまいもの催事だが、さすがに御酒一杯でお手上げ。それでもその一杯、三井の寿という酒はうまかった→平和に歩いて帰宅→夜9時頃就寝。

2016年09月10日

9月まとめ(1〜10日)

9月1日(木) 朝7時起床、白湯→朝8時過ぎ出発→予定の30分前に西葛西到着。朝食摂らずに出かけたので、やしろでかき揚げ蕎麦。ここはうまいな→花き市場ではいつも通りの作業(プログラマーが助っ人の、ポケモンGO好きで大滝秀治に似た人だったので内心笑った)。掃除は午前中でほぼ終了(モニタ拭きのみ午後)。午後は待ち時間が長かったが、キーボードのLEDチェックも買い操作チェックもつつがなく。買い操作チェックの全買いだけ、伝票出しちゃいけないような感じになった。説明を求めてもよくわからなかったが、口数が多い場合は伝票出していいか確認する、ということに落ち着いたと思う→帰りは上野か浅草で銭湯と落語、または浅草ならロック座、はたまたインディアン・シティ西葛西のインド料理屋を道場破り、など考えたが、時間が微妙なのと疲れたのとで結局帰る→風呂→夜10時半就寝。
9月2日(金) 深夜か朝方に起きてなにかしたが、なにをしたか忘れた。ウクレレ練習して『浅瀬サイケ』を録音し直したかな→そのまま起きてたが、やはり何をしたか忘れた→午後新宿に出てDUGで一杯やったのち、東宝シネマズにて『シン・ゴジラ』(庵野秀明。長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、市川実日子、高良健吾、塚本晋也、柄本明、大杉漣、余貴美子、平泉成、嶋田久作。2016、東宝)見物。台詞と物語進行の速度感の塩梅と、東京の実際の町並みや現れては消えるキャプションの内容(多くは登場人物の役職紹介と兵器や作戦の名称紹介)など細部への気の引き方の設計の妙味が、何度も観たり語ったりしたくなる要因かと思った。またそれがわかれば、自分が何度も封切り公開中に劇場に足を運んで見る必要は感じないかなとも。冒頭部分の「シッポだ」「シッポ?」という台詞のやり取りと、終盤で若いふたりのいい場面を遠くから凍結されたゴジラが見守っているところは、笑いのツボにはまった。エンドロール直前にゴジラのシッポから人のようなものが生えてきているところが映し出されたが、あれは次回作への布石だろうな(次回作が撮られなくても今後の展開を示唆するなにか)。まあ面白かった→ひさびさにお多幸で一杯。どこかの国から来たのだろう女店員がとても親切で親しみやすい人柄なのがよかった。早起きだった所為か御酒二杯で酔い、おでん九種をふたりで分けたのちへしこ茶漬けで〆。新秋刀魚が入っていたが、途中で気付いたのであとの祭り→平和に電車で帰宅→帰宅後ごろりと横になり、そのまま寝てしまった。
9月3日(土) 朝8時過ぎ起床。白湯忘れ→『お菓子と娘』の自由テンポ版を思いつき、少し練習ののち録音してみる。その後ウクレレと、打ち込みのベースも足す。テンポがぬらぬらしているのでオーヴァーダビングに難儀したが、面白いものが録れた。インテンポだが小節間の間を自由に取っているように聴こえる版も録ってみたいな→終日節食したのち風呂→食後『浅瀬サイケ』ウクレレ録り直し。なかなか決まらず→深夜諦めて、渥美清の俳句詠みにスポットを当てたドキュメンタリーを見て一杯やって、朝方四時頃就寝。
9月4日(日) 朝8時過ぎ起床。白湯の代わりに昆布出汁と大豆スープ→『ギター基礎トレ365日!』という教則本とそのベース版を買ったので、とりあえず第一週めの課題を全部弾いてみる。なかなか弾けないものだ。続くかなあ。続くといいなあ→ひとまず現状をTしま君に送付→シャワー→夕方高円寺→高円寺に出るついで、“くじら”というカレー店のポークビンダルーを食べてみたくて大一市場に赴いた。ああここかと店に入って席に着いてみたら、そこは“くじら”の隣りの別の店だった。まあいいかせっかく入ったんだしといろいろ頼んで呑み喰いしてたところ、メニューにポークピンダルーがあった。おお、と思って聞いてみたら、そこは“くじら”の系列店であったという落ちがつき、当初の目的も果たせたのだった。まあ店名がWhaleだし。先に気付けよという話だ。ちなみにWhaleはいろんな国の料理を出す店で、勘定も含めて諸々まあ悪くなかったな。機会があれば裏を返そう→ちょっと迷ってU-haへ。久々の時空兄弟。いつ聴いても最高で有難い思いだが、その上本日はドラムに岡地曙裕を迎えたトリオ(さらに本日は、『社長の歌』や『時空ブルース』などよい新曲も聴けた)。岡地曙裕はブルースドラマーと称していて、もちろんその通りだと思うが、いっそのこと偉大な音楽家であると言ったほうが実態に近いのではなかろうかと、本日も実感した。満足。よい心持ちだ。

01 Love me tender
02 Blue Hawaii
03 あなたがあとからついてくる
04 ジャズ
05 細野さんと散歩
06 社長の歌
(休憩)
07 時空ブルース
08 Yeah
09 Ice sobg
10 踊り人形
11 寿司屋のブルース
12 ハレルヤ
(アンコール)
13 カエル

→お三方にご挨拶し、少し歓談してからおいとま。夢と書いてホシノと読むのドラマーもいたのでご挨拶→平和に電車で経堂に着き、オダキューOXで買物して帰宅→〆にビール呑んでそうめん食べて就寝。夜1時頃。
9月5日(月) 朝8時過ぎ起床、白湯→洗濯→ウクレレの録音、マイクで録ると楽器と服がすれる音なども入ってしまうのが気になったので、エレアコのほうを試してみる。ついでに『浅瀬サイケ』のウクレレを改良→昼過ぎSJT25→午後もウクレレ。あと基礎トレ365日を今日から本格的に始める。毎日の課題とその日の課題を重点的にやり、明日の課題を予習、というペースで続けられたらいいな→『浅瀬サイケ』はまあ完成に近づいたかな。もう少しウクレレの演奏をこなれさせたい→SJT25。都合50→風呂→初秋刀魚。刺身にて→食後寝てしまった→夜11時過ぎ起床→O形サイト更新→中学生のとき作った『春の香りつつまれて』という曲を、『古い女友達』に改題し、Aメロなどはギターのアドリブを元に改めて構成。スライドバーも使って録音してみた。まあいい感じではある。ただいわゆる“音圧を上げる”という作業に手間取る。何も知らないというだけの話ではあるが、もうちょっと簡単に行かないものかね。見方を変えれば、今のCDが音圧競争の果てに行き着いたマスタリングだから、それがなければそんなに極端な差は出ないという話なのかな? よくわからないが、まあ調整を模索するのは仕方あるまい→朝方一杯やって就寝。
9月6日(火) 昼過ぎ起床、白湯→基礎トレ365日。ギターは本日分と明日の分がいきなり難しい(私には)。左手にけっこうな疲労感→マスタリングについて少し勉強。なんとなくわかってきたかもしれないといえるような気がしないでもないが果たして→SJT40+→走りながら『モンティ・パイソン・アンド・ナウ』→風呂→『おかしな奴』→夜10時過ぎ就寝。
9月7日(水) 午前3時起床。三時間ほど、ブルース進行の曲を録音。ギターは1コーラス分のコードとソロを別々に録り切り張りし、ベースは打ち込みだがベースソロも作ってみた→朝6時就寝→朝8時半起床→老父引率。サミット、サミット前の蕎麦屋、クリーニング屋、図書館。サミット前の蕎麦屋は外れ。残念→帰りに先週新しく買ったTVを見せてもらいに部屋に少し寄ってからおいとま→生協に寄り買物。また秋刀魚を買ってしまった。今週四日連続秋刀魚と相成る→パワーラークスに寄り祝い酒を発送。金宮一升瓶三本にホッピーというのは初めてだが、なんか可笑しくてよい気がする。相手にもよるか→基礎トレ365日→SJT40+がてら『バッド・ティーチャー』→SJT40+終了後ビールと金宮酎ハイ→風呂→再び『バッド・ティーチャー』→夜11時頃就寝。
9月8日(木) 朝8時起床、白湯→『浅瀬サイケデリック』『古い女友達』『お菓子と娘』『トットトイッテクダサイ』をミックスし直し→更新履歴や楽曲情報と共にTしま君に送る。開店時間に間に合わなかった→基礎トレ365日→『モダン道中 その恋待ったなし』(野村芳太郎。高橋貞二、佐田啓二、岡田茉莉子、宇野賀世子、永井達郎、桂小金治、坂本武、花菱アチャコ、高橋とよ、稲川善一、桑野みゆき。1958、松竹)見ながらSJT40+→O形出かけたので(藤山直美の芝居見物)晩の仕度→風呂→『トプカピ』(原題『Topkapi』、原作:エリック・アンブラー、監督:ジュールス・ダッシン。メリナ・メルクーリ、ジョセフ・ダッシン、マクシミリアン・シェル、ロバート・モーレイ、ピーター・ユスティノフ、ギルス・セガール。1964、米United Artists)と『惜春鳥』(木下恵介。佐田啓二、小坂一也、川津祐介、山本豊三、石浜朗、津川雅彦、有馬稲子、伴淳三郎、藤間紫、笠智衆、十朱幸代、清川虹子、永田靖。1959、松竹)見ながら一杯。『トプカピ』はトルコが舞台だが、『モダン道中』はいきなりこの夏二泊した飯坂温泉の場面から始まり、『惜春鳥』はそのあと立ち寄って一泊した会津東山温泉が舞台であった→夜0時頃就寝。
9月9日(金) 深夜に目が覚め、5時頃いったん起床。『ロングビーチブルース』(または迎賓館ブルース)にテーマのようなものを付けようと思い、ちょっとギターを弾いてみるが、F#m—Eb9のところがパッとしないので、諦めて二度寝→朝9時起床→『ロングビーチブルース』を『アローン・イン・ロングビーチ』に改題。ガットギターの録音も試行錯誤してたらまあまあの音で録れたので提出→SJT40+、と思ったが25分でダウン。朝食以後なにも呑み喰いしてなかった所為と思われる→午睡→風呂→晩飯とビール。途中でおなかくちくなり炭水化物なしでごちそうさま→夜11時半就寝。
9月10日(土) 朝9時起床、白湯→基礎トレ365日、とりあえず本日分のみやっつけ→アダンさんで開店祝いの花を買おうと思ったらお休み。オダキューOXで調達。O形が先に出てアダンで待ち合わせたのに、私のほうが先に着いたので笑った→いったん新宿に出て江ノ島行きロマンスカーに乗車。藤沢まで一時間かからないのだが、崎陽軒のシウマイとビールでせめてもの旅気分を味わう→藤沢で乗り換え大磯。なかなかよい雰囲気の駅前。A間さんと待ち合わせ、Tしま君とAやさんのAT GALLERY N' CAFEを開店祝いで訪問。店内はそんなに広くないが、明るくてよい雰囲気。ゆっくりビールを呑んでいると、近在のアート好きそうな妙齢の美人が幾人か訪れていた。お客が定着するといいなと思う→海まで歩いて五六分とのことなので散歩。ひさびさに素足で浜辺を歩き、足だけでも海に浸かってみる。心地よい→いったん店に戻って晩によい店を教えてもらい、10分ほど歩いて国道一号沿いのたまや食堂へ。刺身盛り合わせは正直“バカになるほど”ではなかったが、追加で頼んだスズキの刺身はなかなか。お値打ちではある。冷や奴の絹ごし豆腐はかなりよく、秋刀魚塩焼きもうまかった。あと意外だったのがいりこだしのラーメン。食堂メニューで呑んで〆にこれ、でもよいな→てくてく20分ほど歩いて大磯駅。往路と同じく藤沢で小田急線に乗り換え。疲れと満腹感と酔いでぐったりして帰る→千歳船橋より平和に歩いて帰宅。風呂。就寝。O形に足つぼを揉んでもらい、さらにお灸を据えてもらったら、かなり疲れが取れた。夜0時頃就寝。

Calendar

2017年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ