« 12月まとめ(21〜31日) | メイン | 1月まとめ(11〜20日) »

1月まとめ(1〜10日)

1月1日(月) 深夜呑みながら見た新年一本めは『鴛鴦歌合戦』(マキノ正博。服部富子、小林三夫、藤村平三郎、嵐壽之助、石丸三平、竹林大八郎、阪東薪太郎、ディック・ミネ、石川秀道、近松竜太郎、富士咲実、楠栄三郎、福井松之助、大崎史郎、市川春代、志村喬、片岡千恵蔵、深水藤子、遠山満、尾上華丈、香川良介、河瀬昇二郎。1939、日活)。何度も見ていて新発見はないが(呑みながら見てたし)、まあ正月らしい選択ではあろう→朝9時起床→雑煮の支度して、昼過ぎ老父宅へ→老父宅駐車場にクルマを置き、姉宅へ年賀。ビール一本だけいただき、午後3時過ぎにおいとま。甥っ子たちはダウンタウンの笑ってはいけないに夢中なようで、私も彼らのうしろからなんとなく眺めていたが、あれは私から見るとレベル低く感じる。発想も手法も、明日学校ですぐ真似できそうな感じ→老父を送ってクルマ拾い帰宅→帰宅後正月演芸番組の録画消化しながら飲酒開始するも途中で眠くなり、夕方6時頃就寝→夜9時過ぎ起床→その後失念。
1月2日(火) 朝9時頃起床→くしゃみ、洟、咳がまだ地味にならないので、赤ちゃんを連れてくるGちゃん夫妻のご心配を鑑み、O形実家訪問は失敬する→昼過ぎから飲酒→夕方午睡→O形帰宅とともに起床し、そのまま朝まで演芸番組と飲酒→朝7時就寝。
1月3日(水) 朝11時起床、白湯→J:COMより格安SIM契約の連絡あり。結局電話、営業マン訪問、SIM送付という手続きを踏み、10日もかかる模様。もっと簡単に行かぬものか→ひさびさというか正月恒例というか、202訪問。堪能。ピザ生地が少し軽いふわふわした感じになっていて、それもまたよし→三省堂に寄って『ジャズ・スタンダード・バイブル』探してみたが置いてなく、スパイス関連の本を二冊買って帰宅→演芸番組→風呂→飲酒→夜10時頃とつぜん眠くなり就寝。
1月4日(木) 朝11時起床、白湯→終日特になにもせず→夕方カレー製作。バターチキンとダール。途中でトマトがないことに気づいたが、O形が買いに出てくれた。感謝。カレーはどちらも今までの中でもかなりよい出来だった。ちなみにバターチキンは昨日買った本に記載の材料と手順を採用してみたが、ナイル本とあまり変わりはなかったように思う。ただし自分の判断で(鶏皮を炒ったら脂が出たのでその脂で)クミンシードをテンパリングして加えたが、それもまたよかったようだ→日本映画専門チャンネルで向田邦子『阿修羅のごとく』をやってたので見ながら晩にしたが、最終話(第三話)があと30分で終わるというところで眠くなり就寝。夜8時頃→夜10時起床。三ヶ日に録画した演芸番組などの整理を開始→朝方就寝。
1月5日(金) 朝10時起床、白湯→北千住金継研究会新年会。今回はY須賀さんの仙台土産とSげちゃんの村上産塩引き鮭が主題。それぞれ珍しくて美味だったが、風邪と冷えの所為か途中で食が進まなくなり、二時間ほどでおいとま。Sげちゃんのことを“日常”と呼ぶようになったのが可笑しかった→乾物屋でいろいろ買い込み、平和に電車で帰宅。経堂駅前の三省堂でEりちゃんが白いばらについて書いた『東京人』を購入→風呂→折りにしてもらった食べ残しなどで一杯やりながら、『悪名波止場』(原作:今東光、監督:森一生。勝新太郎、田宮二郎、藤原礼子、藤田まこと、滝瑛子、紺野ユカ、吉田義夫、青山ミチ、清川虹子、伊達三郎、水原弘、ジニー・マリッチ、杉狂児。1963、大映)。混血少女のマリが不可思議でよい味付けになっている。このシリーズは関東者の私には台詞が聞き取りにくいのだが、今作はそれほど耳を澄まさずとも理解を進められたようだ。港の場面の音響で、大雑把にエコーがかかってるのが可笑しいといえば可笑しい→続いて『新やじきた道中』(原作:長谷川町子、監督:森一生。横山エンタツ、花菱アチャコ、清川虹子、丹下キヨ子、上田寛、江利チエミ、正木隆子、三上哲、南部彰三、大美輝子、寺島雄作、澤村國太郎、三遊亭圓馬、伴淳三郎、横尾泥海男、葛木香一。1952、大映)。話に山はあるのにそれを感じさせない演出か(結果的に)。エンタツアチャコの喋り口調がそう思わせるのかな? 風呂を酒で埋めたら入った人がみな酔っ払って風呂小屋ごと揺れるとか、山賊が弥次喜多を豪傑と勘違いして攻撃を仕掛けてくるのにふたりはまったく気付かないとか、細かいギャグに可笑しいものは多数。終盤のお化けの場面と河童のオチも微笑ましい。そして清川虹子と丹下キヨ子のコンビがよい→夜10時頃就寝。
1月6日(土) 朝10時起床、白湯→午後から飲酒→『極道VSまむし』(中島貞夫。若山富三郎、瞳順子、志賀勝、清川虹子、成瀬正孝、初音礼子、関山耕司、小松方正、遠藤太津朗、川谷拓三、町田政則、戸浦六宏、菅原文太、川地民夫、保母、文太愛人、石山律雄、桜木健一、理事長、中村錦司。1974、東映)。若作りした若山富三郎が瞳順子を口説いているのを見つけた清川虹子が近づいていく間が最高→『若親分千両肌』(池広一夫。市川雷蔵、長門勇、坂本スミ子、財津一郎、藤村志保、東野英治郎、北城寿太郎、織本順吉、伊達三郎、山口崇、久保菜穂子、阿部脩、塩崎純男、藤巻潤、木村玄、五味龍太郎、三島雅夫。1967、大映)。初っ端、市川雷蔵が拳銃で撃たれて倒れたのにぴょこんと起き上がる場面に笑う。奇術一座の長門勇、坂本スミ子、財津一郎がよい味わい。♪南条武よどこへ行く、で終わるシリーズ最終回なのも可笑しい→夜8時頃一旦就寝→深夜起床→『兵隊やくざ殴り込み』(原作:有馬頼義、監督:田中徳三。勝新太郎、伊達三郎、丸井太郎、田村高廣、細川俊之、守田学、南道郎、野川由美子、小松方正、近江輝子、岩崎加根子、水原浩一、三木本賀代、安部徹、水島真哉、小林直美、戸田皓久。1967、大映)。大宮貴三郎初めての浮気、といった趣きかと思いきや、有田上等兵が移動させられしょんぼり、の巻だった。それにしても、このシリーズは出演女優がみな魅力的。勝新と野川由美子の濡れ場も素晴しい。勝新ひとりで奮闘の戦闘場面の迫力もなかなか。「日本が負けたからって、俺たちが負けたわけじゃねえ」という台詞がよい→朝方就寝。
1月7日(日) 昼頃起床→『喜劇 団地親分』(市村泰一。正司歌江、正司照枝、正司花江、芦屋雁之助、芦屋小雁、杉狂児、曽我廼家明蝶、南都雄二、大村崑、伴淳三郎、環三千世、夢路いとし、喜味こいし、榎本健一、由利徹、南利明、佐山俊二、アイ・ジョージ、佐々木功、森繁久彌、三木のり平、渥美清、森繁妻、ミヤコ蝶々、藤田まこと、茶川一郎、堺駿二、トニー谷、初音礼子、立原博、花菱アチャコ、ミス・ワカサ。1962、松竹)。森繁と伴淳の釣り糸をほぐすコントは即興なのか? 文化人への手厳しい批判がちりばめられていたのに、その文化人たちも最後にとうとつにみんないい人になるのが可笑しい→16時にJ:COM来るということだったが、時間を過ぎても連絡もなし。こちらから電話したら前の用事が終わらないということで、なら約束の時間前に電話しなさいと叱って明日にしてもらう→風呂→『喜劇団地親分』再見しながら晩→夜10時頃就寝。
1月8日(月) 朝10時起床、白湯→午後J:COM来る。水木しげる描くところのサラリーマンのようなしょぼくれた青年で、まあ好感が持てる感じではあった。いろいろ尋ねたが、回答も的確。SIMカードは今週中か、遅くても週明けに届く予定→灯油購入→『夫婦善哉 東男京女』。勝新最後の舞台にして夫婦初共演。歌あり踊りありで、理屈抜きにして泣いた。生で見たかった→『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』(原作・監督:山田洋次。渥美清、太宰久雄、松坂慶子、佐藤蛾次郎、倍賞千恵子、前田吟、笠智衆、下絛正巳、三崎千恵子、吉岡秀隆、芦屋雁之助、初音礼子、正司照枝、正司花江、大村崑、冷泉公裕、マキノ佐代子、関敬六、斉藤洋介。1981、松竹)。見終えてみると、印象に残るのはこのときの松坂慶子の美しさであった。昨日見た『喜劇 団地親分』と出演者がかぶるのはただの偶然→『日本誕生』(監督:稲垣浩、特技監督:円谷英二。左卜全、脇田博行、村松恵子、杉村春子、上田吉二郎、三船敏郎、伊豆肇、中村鴈治郎、東野英治郎、伊藤久哉、野村浩三、平田昭彦、田中絹代、司葉子、藤木悠、三島耕、村田嘉久子、水野久美、環三千世、宝田明、久保明、鶴田浩二、志村喬、原節子、小林桂樹、榎本健一、有島一郎、三木のり平、加東大介、柳家金語楼、朝汐太郎、沢村いき雄、乙羽信子、瀬良明、中北千枝子、上原美佐、香川京子、山田巳之助、田崎潤。1959、東宝)。音楽は伊福部昭で、ものすごく聴かせてくれるのだが、全体的には名優勢揃いの壮大な学芸会、隠し芸大会の趣き。大変な思いをして作ったはずなのに、なぜかそんな軽さが漂う。いきなり左卜全(天御中主神)が登場するのも笑うし、熊襲の祭りが妙に東南アジアっぽいというか大陸っぽいというかなのも謎で、三船敏郎の女装(がまったくばれないところ)も可笑しいし、天岩戸の場面は乙羽信子の踊りをはじめ何度見ても楽しい。伊邪那美神の村松恵子という女優は知らなかったが、この人はこの映画にふさわしい感じで魅力的だった。原節子の天照大神もそれこそ神々しい→夜11時頃就寝。
1月9日(火) 午前11時起床→富士自動車工業へクルマ車検依頼→帰途は散策。岡本民家園から岡本八幡神社へ参拝、世田谷倶楽部の脇から大蔵通りに降り、川を渡って砧公園、市場の西側の裏に出て横根稲荷を通り過ぎ、環八を越えて宇山稲荷参拝、まっすぐ北上して千歳船橋に出てATMで預金を下ろし、あとは寄り道せず帰宅。小一時間の散策→少し休憩してから、夕方魚ケン。O形の誕生日祝い。なにもかもうまかったが、鯨スノコのすき焼きがよかった。これとご飯だけでも通いたい。勘定はちょうど一万円なり→オダキューOXと小倉庵で買い物して帰宅(小倉庵はおしるこ)→食後のアイスクリーム食べて夜8時過ぎ就寝。
1月10日(水) 日付変わる前に起床→『日本誕生』を、役者名控えるために再見。やはり天岩戸の場面で笑う→『二等兵物語 女と兵隊・蚤と兵隊』(原作:梁取三義、監督:福田晴一。伴淳三郎、花菱アチャコ、松井晴志、高屋朗、和歌浦糸子、宮城野由美子、山路義人、関千恵子、幾野道子。1955、松竹)。夜の夢の見方などで示す伴淳とアチャコの性格の違いの描き方が面白く、終幕の伴淳の叛乱と体罰否定がかっこいい→精進揚肴に飲酒して粥啜って朝方就寝→昼過ぎ起床→シーケーフーヅへの返信書く。頭が悪い人(ふりをしているのかもしれないが、ふりをしている人とも)とのやり取りは疲れる→風呂→Nかだ家からいただいた塩引き鮭炙って一杯→夜11時頃就寝。

Calendar

2018年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ