« 4月まとめ(21〜30日) | メイン | 5月まとめ(11〜20日) »

5月まとめ(1〜10日)

5月1日(水) 朝9時半起床。慌てて支度してO形実家へ→連休だから道が空いているのか、一時間足らずで到着。本日は商店街の駐車場に駐車。鰹の叩きなど手土産に購入→まずは鰹の叩きと筍の土佐煮で一杯やっていると、O形お姉さん一家が到着。村山うどんと皿いっぱいのかき揚げや天ぷらをご馳走になる。武蔵野うどんを謳った店は経堂や高円寺にもあるが、いずれも単に歯ごたえがあるだけでうまくはないけれど、本物の村山うどんはうまい→Gちゃんご子息のSちゃんYちゃんも来てて、ほとんど遊んではもらえなかったが成長の様子が見て取れてうれしい→、O形お姉さん一家がお帰りになったのち、酒を抜くために一時間ほど午睡し、午後四時、暗くなる前にお暇。お義父さんもお義母さんもお元気そうでなにより。特にお義父さんは、陽気がよくなるにつれお元気になっていくようだ→帰途はちょいと時間かかったが(東八から環八に抜けずに、以前のように吉祥寺通りから踏切超えて芦花公園の脇から帰るべきだったか)、それでも小一時間で帰宅。途中でセブンイレブン扱いにしていたタワーレコードからの荷物受け取り→帰りに買った揚げ物で一杯→二度めの午睡→風呂→風呂上がりにもう一杯→午前0時過ぎ就寝。
5月2日(木) 朝8時起床、マヌカハニー、メイプルシロップ、ざくろ蜂蜜→昨夜受け取った大工哲弘『ジンターランド』、『蓬莱行』(関島哲郎、中尾勘二、渡辺勝らが参加。前者はちんどん通信社が全面参加)を聴く。素晴らしい→ピアノ練習→少し前に思い浮かんだ曲のコード進行を確認し、GarageBandにまとめ→午睡→お義父さんが入院されたとの知らせ。昨日はとても元気だったし、呼吸器系の困難とはいえそれほどの大事ではないとのことだが、心配ではある。無事を祈る→ピアノ練習。眠気覚まし程度に→風呂→『シベリア超特急2』(原作:水野晴郎、監督:マイクミズノ。安井昌二、多賀公人、矢田三奈子、尾上松也、三田村賢二、小林すすむ、北村有起哉、寺島しのぶ、草笛光子、中村福助、長門裕之、須藤温子、二宮さよ子、光本幸子、加茂さくら、水野晴郎、淡島千景、竹田高利、田中真三、中村福太郎。2000、アルゴ・ピクチャーズ=水野晴郎事務所)。名立たる俳優陣(冒頭の草笛光子と中村福助のタンゴも見事)を、脚本と水野晴郎が木っ端微塵に台無しにする一作(話が進むにつれて水野以外の芝居が水野につられて崩れていくような趣もある)。俳優陣の豪華さが第一作め以上なので、その粉砕っぷりがより一層際立っていた。ちなみに物語はやはり第一作めに続きヒッチコック『バルカン超特急』が好きなんですねえという代物であった。そして主演が水野晴郎以外のプロの役者ならというのも第一作めと同じ感想だが、しかしそれでもなんだか面白いから不思議だ→夜10時頃就寝。
5月3日(金) 深夜痙攣を起こし、そのまま駒澤公園近くの東京医療センターに救急搬送。もっとも記憶なし。目が覚めたらこの日の午後で病院にて。聞けば前頭葉から出血との由。要は脳卒中の一種である。そのまま入院決定し、翌週の土曜日(5月11日)まで。最初の二日間は救急病棟、残りは一般病棟で、一般病棟に移ってからはは言語聴覚と理学のリハビリ。大きな故障は見当たらず、一週間くらいで退院となった。

Calendar

2019年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ