« 7月まとめ(11〜20日) | メイン | 8月まとめ(1〜10日) »

7月まとめ(21〜31日)

7月21日(日) 朝10時半起床。白湯、マヌカハニー、メイプルシロップ、ゆず蜂蜜→参議院選挙投票→シャワー→午後恵比寿へ。Second Line夫妻の結婚記念パーティへ出席。千歳船橋から渋谷行きバスで大坂上下車、代官山を抜けて会場へ→会はとても和やかなよい雰囲気で、こちらまで幸せな気持ちになった。去年のライブ・イベントで演奏をご一緒した方々に会えたのも嬉しい→会がはねたのち、代官山まで歩いて、東横線と副都心線で新宿三丁目。また延々飲む。楽しかったが、楽しかったという記憶しかほぼ残っていないな→早めの時間に帰宅し就寝。
7月22日(月) 昼12時起床。宿酔いで腹痛→Y山と連絡取れ、来週以降見舞いに行くことにする。病院は松戸だが、電車では一本→結局終日ほぼ何もせず。吉本興業社長の記者会見を少し見たが、ほんとうのバカか、何かを隠すためにバカを装っているのか、そのどちらかだろうと思った。その中で雨上がり決死隊・蛍原徹が昨日の競馬で万馬券的中、というニュースに笑った→シャワー→ビール一本だけ→『沈丁花』(原作:松山善三、監督:千葉泰樹。杉村春子、京マチ子、司葉子、団令子、星由里子、田辺靖雄、藤木悠、夏木陽介、加東大介、宝田明、三木のり平、佐藤允、小林桂樹、仲代達矢、有島一郎、賀原夏子、小泉博、高島忠夫。1966、東宝)。名立たる名優を揃えて、藝達者の役者をほんのちょいとだけ使ったりしつつ、実にいい塩梅の喜劇をさらっと撮っている(終幕は充分過ぎるくらい感動的だが)。こういうのを贅沢というのだろう。京マチ子と司葉子のコメディエンヌの力量を十二分に引き出している点も素晴しい(特に司葉子の可愛らしい可笑しさ。ああ、あと仲代達矢もか)。黛敏郎の音楽(特に冒頭のタイトルロールの音楽の和声)も素晴しい→午前1時過ぎ就寝。
7月23日(火) 朝7時半起床。白湯、マヌカハニー、メイプルシロップ、ゆず蜂蜜→アート・ネヴィル逝去の報に触れ、なんだかさすがに追悼したくなり、ニュー・オリンズ音楽で飲酒→DU仕事の資料読みと参考にする箇所の書き出し。まずは戸田久美『アンガーマネジメント 1分で解決! 怒らない伝え方』。いい方向に導いてくれる本だとは思ったが、ディテイルについてはあと半年くらい時間かけてから出版したほうがよいと思った→午睡→高柳テープ・コレクションからダニエル・ビネリ(Daniel Binelli)とウーゴ・ロメロ(Hugo Romero)のデュオを中心にしたアルバム『タンゴ・モデルノ〜躍動するバンドネオン』(おそらく1987年のリリース)で午後の仕事開始(この演奏録音は素晴らしい)。ダニエル・ビネリはバンドネオン奏者、ウーゴ・ロメロはギタリスト→続いてタモリ、山城新伍(三日月刑事)、せんだみつお(痴漢マン五郎)、和田アキ子などが出演の『うわさのチャンネル』(1976/11/19〜12/17)の録音テープを聞く。四ヶ国語麻雀などやはり面白いが、その他のネタは今聞くとレベルはかなり低いような気がする。だからといってつまらないわけでもない→佐藤綾子『なぜ、あの人の言い分だけ通るのか?』を2/3ほど読む。これまたディテイルの信憑性に感覚的に疑いを持ったが(各例はほんとうにいるのだろうが、極端な例を選んでいるのではないだろうか、等)、著者はパフォーマンス学・心理学博士として実験を重ねた結果に基づき書いているので、まあひとまず信じておこう→シャワー→『復活』(野淵昶。小林桂樹、京マチ子、草島競子、小松みどり、原聖四郎、北河内妙子、金剛麗子、香川良介、三津田健、大伴千春、滝沢修。1950、大映)。感触としては昔(戦前戦後くらい)のフランス映画の趣き。京マチ子、小林桂樹、滝沢修を中心にした人間の愛とはなにかについて描く作品と思ったが、大伴千春の苦悩する京マチ子を導く役どころに感動した→ビール中瓶一本と御酒二杯でダウン。二時間ほど仮眠→午前0時就寝。
7月24日(水) 結局眠れず、午前2時過ぎ起床。眠くなるまで仕事にする→佐藤綾子『なぜ、あの人の言い分だけ通るのか?』読了→『美女放浪記』(渡辺祐介。研ナオコ、桃山みつる、秋谷陽子、相本久美子、ミヤコ蝶々、佐野浅夫、秋野太作、鶴間エリ、武智豊子、坂上二郎、小島三児、あき竹城、藤村有弘、柳家小さん、車だん吉、ひろみどり、千代恵、ピンクレディ、東八郎、前川清、花澤徳衛、河村憲一郎。1977、松竹)。これは面白いところがほぼなかった。研ナオコもすでにTVのほうが面白かったと思う。老花澤徳衛の活躍(出番は短いが)くらいが見所か。なおピンクレディは『カルメン'77』、研ナオコは『あばよ』が挿入歌として流れる→朝6時半就寝→午前11時起床。白湯、マヌカハニー、メイプルシロップ、ゆず蜂蜜→本日の高柳テープ・コレクションは『欽ドン! よい子悪い子普通の子』(1981/7/6、1981/6/14、ほか)。中原理恵に少し思いを馳せたが、これも廃棄かな→続いてコント赤信号、チャーリーカンパニー、コントレオナルドの音声(1982/2/21)。コントレオナルドは警官と交通違反者、出所した息子と父親、不純異性交遊(娘の先生と父親)、銀行に就職した息子と父親などだが、レオナルド熊と石倉三郎の台詞回しはもちろん、台本がものすごく面白いなあ→平木典子編『アサーション・トレーニング —自分も相手も大切にする自己表現—』がとてもわかりにくいというか、トレーナー向けの内容で記事に援用するのにピンとくるようなポイントが少ないので読み進めづらく、晩のカレー作ることにする→風呂→『雑兵物語』と『火の鳥』を少しだけ観たが眠くなったのでひとまず就寝。夜10時頃。仮眠として夜中起きて仕事するつもりだが、果たして。
7月25日(木) 午前0時起床→平木典子編『アサーション・トレーニング —自分も相手も大切にする自己表現—』をなんとか解読しながら、先日の毒蝮の音声を書き出しCD作成→午前3時より飲酒→『雑兵物語』(原作:清水崑、監督:池広一夫。勝新太郎、船越英二、柳家金語楼、堺駿二、太平洋子、遠藤辰雄、藤村志保、横山アウト、三角八郎、ミヤコ蝶々、中村豊、ノック、フック、パンチ、小林勝彦、水原浩一、伊達三郎、柳谷寛。1963、大映)。『恐怖の報酬』を思わせる展開もあり、藤村志保の可愛らしさにきゅんとさせられ、「俺たち足軽に北も南もあるものか」という台詞にうなずかされる。清水崑の原作とのことだが、漫画なのかな?→朝5時就寝→朝10時起床。桃、白湯、マヌカハニー、メイプルシロップ、ゆず蜂蜜→朝食後、DU原稿ひとまず了。第一稿を提出→千歳船橋駅前に出て、本日の香典と香典袋を調達。ついでに八兆で昼。出がけに、隣家に新しく越してくる方と顔を合わせたのでご挨拶→帰宅後シャワー→夕方高円寺へ(新高円寺)。堀ノ内斎場にて、高校のときのクラスメート(K組)の通夜に列席。私と同じ脳出血が死因だそうだ(出血した場所が少し違う)。私は自分もいつかは死ぬ、としか考えてないが、人の死として考えると、五十三四は早過ぎる。無念だったろう→斎場には見知った顔がなかったので、焼香だけでお暇し、ちんとんしゃんへ。女将に塩で清めてもらったあとはいつものバカ話。ずんじ君のラガーマンと相撲を取る話と、北海道から沖縄に届く長い綱で綱引きをする話で大笑し、かなり酔っ払った→平和に電車で帰宅。割と早い時間と思うが、就寝時間不明。
7月26日(金) 朝10時過ぎ起床。宿酔い。いろいろせずにすぐ朝食→終日なにもせず→夕方風呂、湯上りに一杯やってからバスで三軒茶屋→着くなり『Now's The Time』演ってたので途中から参加。あと『男はつらいよ』を提案したら意外にすぐ形になった(よく会う先輩に歌ってもらった)。まあそんなこんなで楽しい夜であった→雨止んだので徒歩で帰宅→シャワー、ビール、ドラマ、就寝(午前2時頃)。
7月27日(土) 朝10時起床。白湯、マヌカハニー、メイプルシロップ、ゆず蜂蜜→昼過ぎ、MACHACO先生が近所のハワイ風カフェでライブをやるというので出かけてみたが、出演時間が微妙だったので(一時間以上待たねばならない上にものすごい炎天下で散歩なども辛い)、店で軽く昼食を取りいったん帰宅。私は汗を搾り取られたみたいな感じで、申し訳ないが失敬することにする。店はせっかくのイベントなのだから、大まかなタイムテーブルくらいWebで発表しておけばよいのに(Facebookページもあったが情報の掲載はないに等しかった)→午睡→『魔の黄金』(原作:関川周『山師』、監督:谷口千吉。森雅之、見明凡太郎、東野英治郎、伊沢一郎、星美千子、志村喬、相馬千恵子、田崎潤、宇野重吉。1950、大映)。金を掘り当てた山師に群がる亡者たち、という話の流れは特異ではなかろうが(といっても森雅之の昔の恋人の相馬千恵子の登場以降の展開とその悪女っぷりにははっとさせられた)、戦後すぐの北海道の風俗を活写したと思われる点でなかなかない映画と言えるのではなかろうか。しかし古い新しいに関係なく、役者がみんな普通にうまい。それだけで昔の映画は観る価値があるなあと、最近つくづく思う。あと音楽が伊福部昭→シャワー→『女の意地』(斎藤光正。浜木綿子、殿山泰司、根上淳、三浦真弓、松原智恵子、市村博、中尾彬、沢知美、梶芽衣子、藤竜也。1971、ダイニチ映配)。冒頭でスナックのホステス全員が放心したように主題歌を歌っているところは面白かったし、松原智恵子と沢知美のレズシーン、平浩二の歌唱シーンなどは面白かったが、全体的には特に感想を持ちにくい作品だった。中尾彬の恐ろしい大根ぶりがせっかくの殿山泰司の味わいや浜木綿子のお色気など作品を彩る魅力を台無しにしてしまっているように思った。あと美術のセンスが微妙に悪い→松本人志の『すべらない話』だったかな、そういう芸人ひとりひとりが面白い話をするという番組(長寿なのか)を見たが、恐ろしくつまらなかった。近所に面白い人が集まる酒場がない人とか、そういう層のための番組なのかな。まあでも都市部に育った人間にはわからない面白さもあるのかもしれない→夜0時就寝。
7月28日(日) 朝10時起床。白湯、マヌカハニー、メイプルシロップ、ゆず蜂蜜→DU原稿直し。三十分くらいでさらりと完了→午睡→『男はつらいよ フーテンの寅』(原作:山田洋次、監督:森崎東。悠木千帆、渥美清、佐藤蛾次郎、三崎千恵子、太宰久雄、森川信、前田吟、春川ますみ、晴乃パーチク、晴乃ピーチク、倍賞千恵子、左卜全、佐々木梨里、新珠三千代、野村昭子、香山美子、河原崎建三、花澤徳衛、高野真二、笠智衆。1970、松竹)。終盤の花澤徳衛が出てくるくだりがとにかく泣ける。それでこそ寅次郎のよさが活きようというものだと思う。せめて五本に一本森崎東に撮らせていればなあと思った。渥美清を中心とした森川信/三崎千恵子と左卜全/野村昭子という対比とそれぞれの名演もたまらない。そして左卜全の残酷な「そうよ、馬鹿はオマエよ」も。寅の口上を船客に復唱させる終わらせ方がまたいい。しかしBD-Rへの録画が失敗または劣化していて、一部(前半の渥美清と前田吟が取っ組み合いになるところ)が観られなくなっていたので憮然→風呂→夜9時過ぎ就寝。
7月29日(月) 朝6時半起床。白湯、マヌカハニー、メイプルシロップ、ゆず蜂蜜→DUに修正原稿送り、図書館に本返却。朝の涼しいうちにと思ったが、まったく涼しくなかった。帰りワカスギで朝飯を買って帰ろうと思ったが開店しておらず。ほぼただの暑い散歩になった→中江クリニックの予約時間まで横臥→11:30中江クリニック。今回も血圧の推移を見せたが特に問題なし。あとは心拍音の確認など。次回はまた35日後。脳の痙攣を押さえる薬(イーケプラ)は、発病後一年くらい様子を見てから続けるかどうか検討との由→薬局で薬受け取り、モスバーガーで昼を買って帰宅→昼にビール一本。モスカレーバーガーは、モスバーガーのトマトソースに少しカレー粉を混ぜたようなものだった。悪くはないが、はまるようなものでもなかった→O形の部屋のエアコン故障。キヌタさんが点検に来てくれることに→午睡→DU請求書発行、投函→風呂→『AKIRA』(原作・監督:大友克洋。岩田光央、佐々木望、玄田哲章、神藤一弘、小山茉美、石田太郎、中村龍彦、伊藤福恵、渕崎ゆり子。1988、東宝)。観始めは今となっては、という感想だが、しかしやはり発想はすごいし終盤のAKIRAの覚醒?増殖?の場面はすごい。とは言っても絵造りは古びて見えるところも少なくないので、大友克洋が生きているうちに現代のセンスと技術(絵柄ではない)でリメイクするべきと思う(デカプリオはどうかと思うが)。ガムランみたいな音楽も今となってはダサいので、それも含めて現代のリメイクが観たい→夜9時頃いったん就寝。
7月30日(火) 朝5時起床。途中だいぶ覚醒してたし眠りも浅かった→負け代編集。一時間かからず完了→白湯、マヌカハニー、メイプルシロップ、ゆず蜂蜜→血圧高め。降圧剤二日抜いた所為か、あるいは寝不足の所為か→朝7時半いったん就寝→朝10時半起床。若干発熱→午後、画伯宛荷物発送。だいぶお待たせしてしまった→洗車。といっても水かけて埃払って鳥のフンを拭っただけ。ざっと拭いてあとは自然乾燥→『にっぽん実話時代』(福田純。織田政雄、有島一郎、村上冬樹、藤木悠、ミッキー・カーチス、当銀長太郎、南弘子、田中邦衛、安川実、平田昭彦、浜美枝、中島そのみ、高島忠夫、清水元、中真千子、東郷晴子、若林映子、田武謙三、池内淳子、田崎潤、浦島千歌子、沢村いき雄、松村達雄、佐田豊、千石規子。1963、東宝)。池内淳子の女っぷりが際立つ。その辺の色気のあり様が、たとえば増村保造が撮ったらなかったろうなあとは思うが、増村保造が撮ったら別の面白さがあったろうなとも思った(あるいはクレージー映画にしても面白かろう)。細かいところでは、編集部にヤクザが脅しに来たとき、ひるんだ編集部員の中でミッキー安川が真っ先に飛び込んでいくのはのちの怒りん坊のキャラクターが思い起こされて面白かったな→風呂→順番を間違えたが突如居間のエアコンのフィルター掃除と、あと階段の掃除機かけ→晩の支度→『女たちの庭』(野村芳太郎。生田悦子、園井啓介、小畠絹子、千秋実、山口崇、高峰三枝子、香山美子、小沢栄太郎、倍賞千恵子、高橋とよ、尾崎奈々、岡田茉莉子。1967、松竹)。この映画の本質と関係するかしないかわからないが、この映画に出てくるような日本人が、私は日本人としては一番好きだな。話の起伏は一見あまりないように見えて、実は人間の生活の中にある喜怒哀楽(を生ぜしめる出来事)をものすごく描いている。だから、観てすぐに感銘を受けるかといえばそうでもないが、何度も観たくなる作品である→夜10時頃いったん就寝。
7月31日(水) 朝8時起床。白湯、マヌカハニー、メイプルシロップ、ゆず蜂蜜→朝食後シャワー→老父付き添い(深水庵、サミット)→最後に老父宅に寄り、老父より所望の椅子用クッションを納品。椅子に取り付けて具合を見たところ、問題なし。あとPCに関する質問を解決→帰宅しビールと午睡→夕方O形と、バスで三軒茶屋へ。まずは安曇野で一杯→本日は尾形が『Tea For Two』を歌ったほか、『Now's The Time』『男はつらいよ』『In I Ain't Got You』『Chiken』『Mercy, Mercy, Mercy』など。女性ボーカルAさんが風邪で不参加だったのが残念だったが、まあ楽しく演奏し楽しく酔っ払った→タクシーで帰宅→ペヤングソースやきそば超大盛りを肴にビール飲んで就寝。午前2時頃。

Calendar

2019年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ