« イントナルモーリ・オーケストラ | メイン | 外科室 »

十二月大歌舞伎

昼夜通しで観てみました(昼は三階Aの当日売り。夜は一階東桟敷)。

まず昼の部。近松作「八重桐廓噺」(「嫗山姥」の二段目)がいきなりよい。大坂の遊女だった荻野屋八重垣(菊之助)が、父の仇を討つために離縁されたはずの夫、煙草屋源七実は坂田蔵人時行(團蔵)が女に現を抜かしているところにばったり出会い、その不実を詰ると坂田時行がやおら切腹。その臓腑を引きずり出して腹中の魂を八重垣に飲ませると(ここのところは象徴的な描写のみだが)、八重垣にいきなり神通力が宿り、恩人源頼光の敵藤原高藤の配下である太田十郎(亀蔵)とその手下どもを超人的に追い散らすという、いきなりな展開がたまらない。菊之助の八重垣は、色っぽいながらも“男”が透けて見えるような気がして、だから却って色っぽいのかなあと思って観ていたが、坂田時行の魂が宿ったのちに時行の魂と八重垣ふたつの人格が交互に出て来るところであ、そうかと勝手に得心した。よかったー。しびれた。しかし朝からすごい芝居やってるなあ。

続く「忍夜恋曲者 将門」は、平将門の娘滝夜叉姫(時蔵)と、将門の残党を平定するよう源頼信の命を受けた大宅太郎光圀(松緑)の対決の場面。傾城如月を名乗った滝夜叉姫が正体を現したのち、屋台崩しがあって大蝦蟇が登場する、というだけで、個人的にはOK。松緑、若手の中では結構好きかも。時蔵とよく渡り合っていたと思う。

「芝浜革財布」も楽しかったが、これは絵をいろいろ想像できる落語のほうがいいや。あと、役者がいろいろ出てくるよりも、登場人物ができるだけシンプルなほうが話のポイントが浮かび上がって来るのでは、と思った(政五郎と女房おたつの会話だけで成り立つ話だし)。「勢獅子」はまあ目出たい踊りが観られるというだけの作品だが、大正生まれ、芸歴80年!の雀右衛門が出て来たので(芸者役)思わず手を合わせる。

続いて夜の部は、福内外鬼(平賀源内)作「神霊矢口渡」。新田義興を暗殺した竹沢監物の謀に加担した矢口の渡守、頓兵衛(富十郎)の家を、奇しくも義興の弟義峯(友右衛門)とその恋人傾城うてな(松也)が訪れる。と、頓兵衛の娘お舟(菊之助)がたちまち義峯に一目惚れ、新田義興の弟と知りながら、自分の身を犠牲にして義峯うてなを逃がすという話。義峯と誤って頓兵衛に斬られながら、なおも義峯を逃すために偽の“落人を生け捕った合図の太鼓”を鳴らす終盤が壮絶。菊之助いいなあ。あと竹本清太夫の浄瑠璃は相変わらずグルーヴィーでカッコよい。

池波正太郎作「出刃打お玉」は、もともと七世梅幸への当て書きとのことだが、どちらかといえば芝居で観るより、今となっては池波正太郎の筆で小説化したものを読みたいと思った(立風書房から出てなかったっけ)。面白かったけど、菊五郎の“おふざけ”が好きじゃないのかもしれない。

「紅葉狩り」は、更科姫(海老蔵)が全然女に見えなかった。更科姫から戸隠山の鬼女に変わる一瞬は面白かったが、鬼女に変わったあとはまるで男。カッコいいといえばカッコいいのだが。なんか釈然としないなあ。あと尾上右近(山の神様役)は声変わり中?(平成4年生まれ) あ、あと團十郎の長女(つまり海老蔵の妹)市川ぼたんが出演していた。海老蔵の女形が大造りに見え過ぎるのは、本人がでかい上に本物の女が同じ舞台にいたからのようにも思う。

昼の「八重桐廓噺」と「忍夜恋曲者」、夜の「神霊矢口渡」は、もう一回くらい観たいな。観るかも。

Calendar

2019年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ