« 大琳派展/ハンマースホイ展 | メイン | Shades Of Mitty Collier: The Chess Singles 1961-1968 »

マダムギター長見順於渋谷クラブ・クアトロ

新譜「ギターマダム」発売記念ライブ。

ライブ楽しみながら、ビールをチェイサーに日本酒、ウィスキーのロックをチェイサーにウィスキーのロックでちょっとベロベロになりつつ、ご祝儀と思いTシャツ2枚と長見順の別バンド(筆おろし)のCDを買って、帰りに長見順ゆかりの方々と呑んで帰宅(タクシー代すみません)。

長見順が登場直後いきなり、石川浩司とビニールのサッカーボールでバレーボールの真似事をしてギターのネックを折る(ギターをひとつも弾いてないのに)というなんだかよくわからない(でしょう)ハプニングから始まり、どうなることかとはらはらしながら進んで行くステージが、大変ブルースっぽくて楽しかった。

バックメンバーは、ロケットマツ(P)、辰巳光英(Tp)、かわいしのぶ(B)、岡地曙裕(Dr)、片山広明(TS)、石川浩司(Per。ex.たま) 、KOTEZ(Vo、ブルースハープ)、 グレイス(Dr、コーラス)、 梅津和時 (AS他)、 ハナレグミ(G、Vo)と、荻野淳(トロンボーン)と豪華。いや、豪華と一言で片付けるにはバランスの悪い、過剰な感じが、またブルースか。そうか。

前に観たような、吉祥寺や高円寺や下北沢のライブハウスの小編成のステージのほうが彼女の音楽のスケールには合っているようにも思ったが(今日もピアノトリオと長見順や、長見順のピアノ弾き語りの曲が印象的だった)、まあでも終わってみれば、レコ発というお祭りだし、ハレのライブだからか、長見順も一部、二部、アンコールと三回もお色直ししてたし、かわいしのぶもいつもよりおめかし?してたし、ステージも客席も、みんな幸せそうな感じであった。私も無事帰宅した今現在、幸せだ。

ライブ観ながら、またライブ後呑みながら、ほかにもなんか思い付いたが、それ書いているより、できれば朝までこのライブやっててほしかったという気持ちがまだ強い、よいライブだった。最初はどうなることかと、ほんとはらはらしたが、今となっては、まだもし演っているなら(演ってないと思うけど)、これからまた渋谷に出かけてもいいくらいだ。

その他、思い出したら、明朝以降に追補。

あ、曲は新譜中心で、その他は「ニッポン人のベッシーちゃん」「加藤さんのテーマ」「真昼の平日の衝撃的巨大クアハウス」「奇妙な隣人」など。ほかにハナレグミの曲(かえるなんとか)と、あと英語のブルース(曲名不明)。レコ発だからまああれだが、このホーン・セクションが入ったところで「クーチークー」が聴けたらいうことなかったな。

Calendar

2019年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ