« Giulietta Machine | メイン | 酒井俊/青木タイセイ・デュオ in 渋谷dress »

新宿末廣亭六月下席昼夜(途中まで)

あーなんだか久々の寄席模様。

同じことを以前も書いたような気もするが、この日も下手側の桟敷に10代?と思しき、喩えは古いが昔のSPEEDみたいな感じもする可愛らしい演芸愛好ギャルご一行様がいて、ちょっと面白い雰囲気。

で、その演芸ギャルは、彦いちの「みんな知っている」からロケット団の漫才、そして小ゑんの「樽の中」で爆笑していて、しかし「樽の中」のくすぐりの「最近の若い女の子は、料理のときに包丁を使わず、みんなハサミで切ってしまう。林家正楽のようだ」という件りにも笑っていたのは林家正楽とか知ってるのかなー、と思った。

#あ、すごい細かいところでは、「樽の中」に出て来る嫁が、姑に命じられてぬかみそをかき混ぜながら、「あたしはこれでも慶応の仏文を出ているのよ」と呟くところが妙に可笑しかったが、そこはあまり受けていなかった。

やはり林家正楽で笑ったのは勢いで、それほど落語や寄席演芸に親しんでいなかったのか、その後文楽が出てからは代わる代わる熟睡のご様子(まあ、バカな噺のはずなのに、なんだか弾け切れてなかったし)。

昼の部主任の川柳は、客席に若い女の子がいると必ずそこに集中して噺を進めるスケベ爺だから川柳の噺は届いたようで受けていたが、あとは彼女たちが贔屓らしい?にゃん子・金魚のとき以外は、退屈そうな感じではあった。

今日も末廣亭は、昼から二階席までほぼ満員という盛況振りとはいえ、落語ブームが10代にまで浸透するのはまだ時間がかかるのかな、というのが、久々の寄席で得た感想のひとつ。

それはまああれとして、先の彦いち、小ゑんの新作が大層よくて、特に彦いちは力をがーっと入れるところも前に聴いたときよりもどんどんいい塩梅になってた気がしてすごい面白くて、その上で「たがや」「鰻屋」や幽霊の小咄など、ちょっと早いがまあ季節のネタがたくさん聴けた(しかもどれもすごいいい塩梅だった)のが嬉しい。

それと、「気の長短」や「碁泥」や「夏泥」、「大安売り」や「親子酒」や「小言念仏」の呑気さ加減が、ちょうど今日みたいな鬱陶しい梅雨空の一日を心地よく過ごさせてくれたのもよかった。

お目当ての川柳は、いつもより長めの「ガーコン」(軍歌ネタからちょっと脱線もあった)で客席を沸かせたのち、帰ろうとした客に「まだ切り札があるから帰るなよ」と言い残して一旦姿を消したのち、ソンブレロとサラッペ姿でギターを持って登場し、かの「マラゲーニャ」をひとくさり。ギターの腕も歌も、まあそんなに聴いてきたわけではないが、衰えてないなーという印象。素晴らしい。恐るべし79歳。日本のジョアン・ジルベルト(ウソ)。

そしてもうひとりのお目当て、小円歌姐さんは、相変わらず小股が切れ上がってて、志ん朝、志ん生、先代三平、円歌の出囃子や都々逸をさらっと演ってから、やはり季節柄の大層粋な「両国風景」。茶尽くしの早口には、もう痺れてしまう。カッコいい。下席はまだ4日ほどあるし、夜の部だったら小円歌姐さん目当てで出掛けるのもお薦め。二千なにがしでなかなかこんな芸者の芸は楽しめないよ、といういつもの口上に偽りなしである。

#早口ついでにいえば、宝井琴調の講談も、途中噛むところは多々あったが、水野十郎左衛門の家来の名前をだーっと言うところは鮮やかだったな。

もちろん、入れ替えなしなので、時間があれば二千なにがしで丸一日(計8〜9時間)楽しめるので、梅雨が鬱陶しくて仕事したくなくなった向きには現実逃避にぜひ。聴いちゃらんないのも、ちょっとあったけど。柳亭市江はこの席が二つ目昇進披露だが、これからに期待。

以下、この日の演目。

-昼席
柳家小太郎・・・・・・粗忽の釘
林家彦いち・・・・・・みんな知っている
ロケット団・・・・・・漫才
柳家小ゑん・・・・・・樽の中
桂文楽・・・・・・・・六尺棒
マギー隆司・・・・・・奇術
古今亭志ん輔・・・・・たがや
柳家小満ん・・・・・・夏泥
柳家小菊・・・・・・・俗曲
柳亭小燕枝・・・・・・気の長短
(仲入り)
三遊亭吉窓・・・・・・大安売り
昭和のいる・こいる・・漫才
柳家さん八・・・・・・親子酒
三遊亭歌司・・・・・・小言念仏
鏡味仙三郎社中・・・・太神楽
川柳川柳・・・・・・・ガーコン
-夜席
林家扇・・・・・・・・寿限無
柳亭こみち・・・・・・鰻屋
花島世津子・・・・・・奇術
柳亭市江・・・・・・・牛ほめ
金原亭世之介・・・・・幽霊小咄
涼風にゃん子・金魚・・漫才
宝井琴調・・・・・・・芝居の喧嘩
柳家小里ん・・・・・・碁泥
三遊亭小円歌・・・・・三味線漫談
(その後用事があったのでここまで見物)

Calendar

2019年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ