« 浅草演芸ホール五月上席昼夜 | メイン | Linky & Auhein »

5月まとめ(1〜10日)

1日(水) 午前11時起床。熱は下がったようだが、まだふらふらする。首は相変わらず痛い→風呂→午睡→ちょっとした心配事が出来たが、まだまだよい方向に向く段階である→晩のカレーがうまかった。南瓜の甘味が溶け出し、南瓜には海老の出汁が染み込んでいた→まだ本調子ではなく、ビール中瓶二本弱でもうたくさんとなった。『パリのアメリカ人』も久々に楽しく見ていたが、途中で断念→午前0時前後就寝。
2日(木) 昼前くらいに起床。首の痛みも完全に消えた。なんだったのかな→風呂。『落語を聴かなくても人生は生きられる』(松本尚久編)を湯に浸かりながら読み、いろいろ腑に落ちつつ頭が回る→世田谷八幡に願掛けのお参り→鳥武で骨付モモと焼き鳥購入→家でおやつ→風呂→ラック下に放置されていた上着を洗ってみる。乾いたら明日着よう→風呂上がりにまた一杯→夜11時頃就寝。明日は早起き。
3日(金) 深夜覚醒、そのまま起床→朝湯。『落語を聴かなくても人生は生きられる』の桂枝雀の評伝をじっくり読みつつ、読了→二度寝、寝坊→世田谷八幡にお参り→世田谷線、京王線と乗り継いで多磨霊園→スカパラ青木墓参。奥方のご一家に遭遇。娘さんももう二十歳になんなすったそうだ。驚いた。献ハイライトしそびれた→西荻にて、トライフルに時計を修理に出し、坂本屋でカツ丼→高円寺Amp Cafeにて、タムラジュン個展『天動説/地動説』を見物→有楽町に出て、国際フォーラムホールにて『ラ・フォルネ・ジュルネ・オ・ジャポン2013』の『20世紀パリ:音楽の冒険(Bプロ)』(アンサンブル・アンテルコンタンポラン)を見物(ホールD7)→チケットを進呈してくれた友人と三原で一杯。お土産の明太子もらう。営業は五月いっぱいとの由。芳名帳に連絡先書いておいたので、移転の際は連絡をいただける模様→さばのゆより前田一知の高座が今晩あると知らせ。朝枝雀の評伝を読んでたと思ったらこれだ。びっくり。高座には間に合わなかったが、一杯だけやりによる→帰宅後即就寝。
4日(土) 朝9時起床→朝食後二度寝→午後2時起床→世田谷八幡→午睡→風呂。志ん朝の速記で『明烏』読む→飲酒。という感じで、ほぼ一日なにもしなかった→尾形制作の寝間着、ほぼ出来上がる→多分午前4時頃就寝。
5日(日) 朝9時起床→風呂。今日は志ん朝『品川心中』『お直し』読む→世田谷八幡経由でdress→時空兄弟、素晴らしかった。マダムの体調が心配だったが、相当苦しんだ様子は感じられたものの、音楽に関しては完全復活したようだし、以前とは違った力の抜き加減というか滋味のようなものを感じた。素晴らしかった→終演後、バカ話に興じ、大津さん直子さんとタクシー同乗で帰宅。深夜2時頃就寝。
6日(月) 朝9時過ぎ起床。宿酔いにつき朝食後二度寝→昼過ぎ、クルマで出掛け小田急OXで食料調達ののち老父宅へ。食料届けがてら、近所の病院の評判や受付時間など調べつつ、弁当で昼。足はよくなってない模様→帰途世田谷八幡寄ってから帰宅。道はとてもすいていて、往路復路とも順調→午睡→晩飯→風呂→午前2時過ぎ就寝。尾形謹製寝間着をおろす。
7日(火) 朝9時起床→風呂→世田谷八幡から新宿草枕経由で、らんぶるにて打ち合わせ。有意義であった。担当ページ数も増えた→末廣亭にて、芸協『三笑亭世楽・春風亭笑好・雷門小助六 真打昇進披露興行』見物。月夢改め世楽の、丁寧な『御神酒徳利』がとてもよかった→ニューオリンズ魔酒場で飲酒→午前1時頃就寝。
8日(水) 午前10時過ぎ起床。宿酔い→尾形の検診結果今日は出ず→老父は足の痺れ診察受けたそう。椎間板ヘルニアからの症状との由。痛み止め飲んで様子見るとのこと。ひとまず変な病気でなくて安心→宿酔いなので寝てようと思ってたのに、気付いたら趣味の寄席レビューを渾身の力を籠めて書いていた。3,000字……→稲荷とおむすび食べて午睡→夜8時前起床→風呂。志ん朝の速記一巻目読了→晩飯、そして就寝。深夜0時前後。
9日(木) 朝8時半起床→朝食後、世田谷八幡経由で浅草へ→浅草神社にもお参りし、翁そばでカレーそば手繰ってから浅草演芸ホール。夜の小三治のトリ等お目当て→終演後まっすぐ経堂に戻り、魚ケンと思ったが休みだったのでくどう。コチの刺身に舌鼓→午前1時頃就寝。
10日(金) 朝8時起床→昨日の寄席見聞記書く→一瞬午睡→尾形大事なし。よかった。一安心→晩飯後酔っ払ってすぐ寝る。夜10時頃。

Calendar

2019年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ